ちりとてちん#120&クランクアップ

ちりとてちん、本当に終わっちゃうんだ。。。
今日でメンバー全員クランクアップしたそうで、さっき9時のNHKニュースでも号泣する貫地谷さんの映像が流れてました。横にいたのってマサキ??
なんか頭なでなでする小次郎みたいな影が見えたんだけど、まさか幻覚。。。?
ドラマはあと1ヶ月あるっていうのに、もう何見ても泣ける。
小次郎のこと考えただけでじんわりくるし、「小次郎」とか「塗箸」とか「小浜」とか「オバマ」とか(!?)聞いただけで、泣けてくる。頭の中で「ちりとて終わる」って言葉を想像しただけでボロ泣きだよ。小次郎に会えなくなるよー(T_T)
しかもDVD-BOX完全版が発売決定!!他の朝ドラの例からいって、どれくらい後に決定するかなーなんて思いながらも絶対ほしいから一生懸命NHKにメールしたんだけど、他にもメールした人がいーーーっぱいいたんだろうな。あの弟子感謝祭の応募数見てもわかるけど、熱狂的なファンがたくさんいるんですね、ちりとてちん。
マッチゲさんブログチェックしてたんだけど、ブログの不具合で、小次郎正平とカレー食べに行けなかったと書いてあって非常に残念。
「ちりとてちん和田家感謝祭!」とかやってくんないかなぁ。。いや、やったらすんごい確率になるんでしょうけど、やることに意味があるのよ。やるなら当たりたいけど、この際、当たらなくても応援するから!弟子感謝祭だって嬉しかったもの。
京本さんがレギュラーのドラマが、終わってからもどんどん話題になっていくんだったら、どんなことも応援する。だってあのアホの小次郎見てほしいじゃん(爆)
あれ見たら絶対京本政樹好きになるって。
はぁ、、、ブギウギの最終回もあの5家族と別れるのが寂しくて泣けたんだけど、クランクアップって聞いただけでこんなに悲しいドラマ初めてかも。。。あと1ヶ月ドラマあるのにもつんだろうかうち。。。


というわけで今日のちりとてちん。


喜代美が高座に出かけた隙を見計らって、A子が草々兄さんのところに行きました。喜代美に会いたいんだったら声かけてたはずですもんね。やっぱり今も草々に未練があるのかな。お見合い勧められたから会いたくなったんでしょうね。

その頃、小浜の和田家では、正平ちゃんが塗箸に金箔を貼っていました。
「そうやぁ…そうやぁ…」って一瞬催眠術かけてるみたいに聴こえた(笑)
その出来上がりを見て、お父ちゃん大盛り上がり。お茶を持ってきたお母ちゃんにも喜んで見せますが、、金箔貼った状態だけ見せられてもいまいち何か出来がいいのかどうかわかりません。でも、子供の頃から器用な正平ちゃんのことだから、きっと素質あるんでしょうね。
お茶を飲まず休憩にいくと外に出た正平くんは多分、まだ恐竜関係の仕事、諦めて切れてないんでしょうね。喜んでいる両親の顔を見て非常に複雑そうでした。でも早いうちにやりたいことさせてあげないと、一生豚アロハになってしまう。。。あ、そういえば小次郎って豚ばっか着てたけど、正平ちゃんって、余所行きアロハばっかり着てない?やっぱり、正平的に豚は無しだったのか?

高座に上がるため喜代美が楽屋に来ると、草原兄さんが最中を食ってました(爆)
「どないや?木曽山のこと」
「まだようわかりません」
だよなぁ。入ってきたときだけやたら出来がよくて、千里までおばさん届けたり(仮)、子猫の親探しに行ったり(仮)して掃除さぼっちゃう人のことはよくわかりません。
どうでもいいんだけど、さりげなく最中をもしゃもしゃ食べてる草原兄さんが可愛くてウケた(爆)

さて、A子は喜代美がいない間に、家に上がりこんでました。
「A子ちゃん!?久しぶり!」
って吃驚してたから、A子、勝手に家に上がりこんだのかと思いました。
多分、木曽山くん辺りが出て、師匠、お客さんがきてますけど。おう取り合えず上がってもらえ、みたいなやり取りがあったんです、、よね?
まぁ、人ん家に勝手に上がり込んじゃうのなんて小次郎くらいしかいないと思いますが。
懐かしい話に花が咲き、草々兄さん嬉しそうです。
「B子、居るかと思ってきたんですけど、留守…みたいですね」

嘘つき!(by予告のA子)

さっき後姿見ていないの見計らってきたんじゃないかー。
そこに木曽山くんがお茶を持ってきたので、弟子だと紹介します。
「あ、A子ちゃん言うてな。若狭の幼馴染や」
かつての恋人なのに、妻の幼馴染だなんて言われて、ちょっとA子可哀想。でもまぁそう言うしかないですわな。
しかし、いい加減人をあだ名で他人に紹介するのはやめんかい。
木曽山くんは、若狭が帰る前に買い物に行けと言われて部屋を出ていきました。

まだまだ弟子をとる器じゃないと思ってたけど、師匠の落語を伝えるためにはそんなこと言ってられないという草々兄さんの言葉に、A子はちょっと嬉しそうに、
「変わりませんね。あの頃と一つも…」
と言いました。
二人して恋人時代を思い出してます。
「あの時はA子ちゃんに振られて落ち込んだけど、若狭が言うてた。時間が解決してくれるもんなんやなぁ」
草々兄さんはいい想い出みたいに話してますけど、、ぶっちゃけあれって喜代美がぶち壊したようなもんなんだよなぁ。。ちょっとA子可哀想になってきた。。。
「いつから、私のこと好きになってくれたんですか…?」
「う゛ぇっ!?」
「言うてくださいよー。もう済んだことなんやでぇ♪」
今のA子、笑うたび怖いんですけど。。。
草々は、恐竜の化石を見つけたのが自分じゃないと告白した時からだと言いました。あの時の草々、半年もほけーっとしてたもんなぁ。
「ずっと一人で抱えて悩んできたんやなぁ思うたら、何や、いじらしいなってしもうてな」

んじゃ、あれか?小次郎が師匠に言った悲しい劣等感を告白したら、恐竜は小次郎がいじらしくなるんですか?(そんなことは言ってない)

「……ほな、俺稽古に戻るけど、じき若狭も戻ると思うから、ゆっくりしてって」

いやどうやって!?

テレビもプレステもないのに、一人お茶だけで一体どうやってゆっくりできるっていうんだ。

「あの!!」

とA子が草々兄さんを引き止めます。ほらー、この家ってテレビとかないんですか?って思っちゃったじゃないか(違)

「私、稽古見してもろたらあきませんか!?」

そう言われてちょっと困ったような顔になってましたが、やっぱり気まずさを感じてたのかな。どうも草々=恐竜頭のイメージが強すぎて、、ど

タイトルとURLをコピーしました