ちりとてちん#20

今日は和田家だーれも出ないのね。

奈津子さん、4年前のサブリナを持ってきました。過去にも上方落語の特集をやってたみたいです。オシャレ雑誌なので、落語だの箸だの企画して大丈夫なのかな、、と思ってましたが、、過去にもやってたのか。。これでもう一回落語特集やったら、どんだけ落語好き雑誌だよ、ってなことになりそうですが。
その雑誌には、「上方落語三国志」のことが出ていました。

柳眉・孫建・草々

名前が三国志になってるよ。
ていうか草々さん!!頭が爆発してない。。。普通に男前です。
絶対喜代美が吃驚したのは頭が爆発してない!ってとこだと思う。
草々さん、うちの隣りの住人です。。というと、奈津子さん、取材させてよ!とめっちゃノリノリです。

奈津子さんによると、柳眉と孫権は今度天狗座の落語会に出るんだと。天狗座とは関西で一番デカイ芸能プロダクションで、底抜けな小草若さんも所属してるらしい。
や、そんなことよりあのチラシに書いてある芸人の名前が気になってしょうがないんですが。。。

エスパー後藤
横山たっくん
サンディ高野
ビーフコロッケ
時々ここから
マイドオーキニ
浜田仁志
(合体してますね)

とりあえずマイドオーキニはストレートすぎです。


帰って草々さんに奈津子さんの取材のことを言おうと思いましたが、急いでる草々さんに手引っ張られてそのまんま落語会の準備に連れていかれました。
草々兄さんが椅子並べようとするだけでみんなが大慌てです。ホントにビッグなんだね、身長だけじゃなくて。。。
働いた分、バイト料?をもらいました。気持ちだけです、ってあの感じだとホントに気持ちですね。お年玉程度だし。。。

その姿を見ていた喜代美、取材なんて気分じゃありません。とぼとぼ帰ってくと、寝床の奥さんに即行店の中に連れ込まれます。
「あんたー!捕まえたわよー!」
「おおー!」
キム兄が大喜びしてます。
「あんたを待ってる人がおるのや」
「???」

見ると、、底抜けにーーーの人がいました。もうこの人見ただけでウケル。。。
「ビール100本や!わし一人じゃ飲めんさかい、みんなも協力してやー」
拍手喝采です。しかしあの人数に100本は多すぎだろ。
「カバンで殴られたことくらい根に持つほど小さないー」
どっかできいたセリフなんですが。
「ほんまに友春さんにそっくりや。。。」
どこまで一緒ですか。
「私18歳なんですけど。。」
「18!?そら、底抜けにーーーー若うございますがな!!」
テンション高すぎです。

「天狗芸能の会長を怒らせてもうたんや」

うん、名前からして天狗だもんねぇ。
しょうもない理由で高座に穴開けたのが原因らしいですが、それってもしかして師匠の奥さん関係だったりするのかな。




ああいう持ち方されると、あの札束で汗拭くんじゃないかという気がします。


草々さんが苦しんでます。ちょと怖いです。。。
草々さんが抱えている問題はそれだけではないらしいです。。

アナウンサーのおじさんも神妙

タイトルとURLをコピーしました