新さんの恋ばなー

意味わかんないタイトルだな。。


この前の大江戸で、蛍の命の回(勝手に命名)がやってたけど、あの話すんごい好きなんです。
まあ、新さんメインの話は基本的に全部好きだけど。。。
京本さんのラブストーリー自体が多くないし。。ラブストーリー?なのか微妙なところではありますが、多分いい感じ。
同心やめてから遂に傘張り浪人になってしまった新さん。。だからどうしてマサキってこう貧乏なオーラ出すの上手いんだろう。。
溺れた子供を女の子が助けてるとこに遭遇、心臓マッサージする新さんかっこよすぎ。で、助けた女の子は人知れずその場を去ってしまう。
その後で、たまたま?新さんと直さんが行った先で蛍に出会うわけね。
で、蛍の店で暴れてるお客を追っ払う新さん。座ってる浪人が「俺が相手になろう」と立ち上がるわけですが、どうにもこの人、見掛け倒し感溢れてます。
やる気なさげな新さん&直さん。
この時の

直さん「一人で大丈夫?」
新さん「うん、大丈夫。ちょっと行ってくるわ・・・」

ってとこがすんごい好き。二人ともやたらやる気なさげな喋り方してんの(笑)
しかもセリフがメタメタ友達感溢れてて笑える(爆)
外で見掛け倒し感溢れてる浪人と新さんが対決するとこで、新さんがニヤって笑うとこがたまらんのよーー!
で、花札投げたら突き刺さってるし。何でできてんのかと思ったら、見掛け倒し感溢れてる浪人さんがぽいっって花札捨ててっちゃうんだけど、落ちた時に「カン」って音がした。。ちょっと待ってそれ、、、




鉄!!??



夏は咥えたら熱いだろうなぁ。。。
で、その時も「捨てて行きやがった・・・」ってさりげなく言うの(笑)
ああいう細かいセリフまで台本にあるの??それかやっぱりアドリブ??
何にしてもあのテンポがすごいいいんだよね。

で、直さんと一緒に行ったにも関わらず、新さんとだけ急速に仲良しになる蛍(ノリがいいからですか?)
ていうかこの回やたら新さんメインだよね。誕生日祝われてるし(笑)
しかし何か京本政樹が誕生日ある役ってなんかちょっと複雑。しかもよりによって、白壁様は新さんのことありとあらゆることまで知ってそうな雰囲気なのが、昔リアルタイムで見てたときにも、なんかえらい複雑だったんだよなぁ。。。だってよりによって白壁様。。。

そそ、同心のときから既に急接近してたけど、2になってから急激に白壁様のアプローチ激しくなったよね(爆)
っていうかなんか新さん、ただの三枚目どころかちょっと下ネタ入ってる気が。。。あんな美形なのに^^;
蛍が新さんといい感じになればなるほど嫉妬する白壁様。

魚屋「新さんいくつになったの??」
新さん「俺はー、、、二十歳だ二十歳!」

とかあの辺のやり取りは一体誰への何のためのサービスなのか。
隠密同心とかいうより只管新さんのおちゃらけた部分をアピールする時間に見える(笑)

あと滅多に見られない京本政樹のドジョウすくい。

とかいいながら、蛍が胃がん(?)で余命あとちょっとみたいな急展開。蛍は謂わば幸福の王子的な人なのよね。。この話、ホント泣ける。しかもラブストーリーに一番縁遠そうな新さん絡みなとこが余計泣ける(;;)
あと、煮え湯飲まされて口利けなくなったとっつぁんの辺りは、なんか昔の大江戸捜査網っぽいとか思った。

っていうか、蛍から奪い取った包丁で敵殺すやつ、やばかったー。殺陣シーンめっちゃかっこいいんだけど、蛍の重荷を背負ってあげるって言った新さんがめっちゃ男らしかったのよ。。で、蛍の代わりに悪い奴を包丁でぶすーーーっと殺すだ。しかし、京本さんが刃物持っただけですごく怖いのは私だけですか。


あ、そうそう。いつものラストのほのぼのシーンで、蛍にめっちゃ腕組まれてる新さんが相当照れながら逃げ惑うシーン見て、京本さんって意外と寅さん系いける、と思いました。
ほら、寅さんって基本的にモテないキャラなんだけど、映画の度にマドンナが出てきて(笑)その人にだけものすごい好かれてすごいいい感じになるんだけど、何故か最後は自分のほうから退いていっちゃうみたいなとこあるでしょ。ああいうキャラが意外とマサキに合いそう。ちりとてちんは、基本独身山師?らしいけど、フーテンなとこだけじゃなくて、そういう部分も寅さんみたいだったら最高なのにーーとか勝手に想像しました。
というわけで、’90の居残り新十郎よりおすすめ。




・・・いつもマサキの番組は(っていうかマサキの番組しか録ってないけど。。)気に入ったシーンをサムネイルにして保存してるんだけど、、大江戸に限っては、、ギャグ顔のとこばっかりになってしまう。。。かっこいいシーン他にいくらでもあるのに。。。

タイトルとURLをコピーしました