スタジオパークからこんにちは

「スタジオパークからこんにちは」を観覧してきましたよ!
京本政樹さんを生で見てきましたよ!
今日は衆議院解散が発表されたピンポイントの日ということで、前日から非常にヒヤヒヤしていました。NHKだし、もしかして中止になっちゃうんじゃないか。。。せっかく大河ドラマの話題で出るのに。。。と直前まで気を抜けずにいましたが、結果的に無事放送されましたヾ(〃^∇^)ノ

中ではアナウンサーさんとスタッフの方々の真剣な打ち合わせがされていて、早々にサムライギターも登場。おおおお!何度見ても迫力あるわー。
アナウンサーさんもスタッフさんも話が面白くてサービス精神旺盛な方々でした。
京本さんが正式にスタジオに入ってこられる時間をみんなに教えてくださり、楽しみー♪と、それまでみんなでわいわいと、あーだこーだ京本さんの話からなぜかどんどん脱線してむっちゃくちゃ爆笑する。そんな脱線話をしながらえらいリラックスして立っていたときのことです。
目の前にいるファンの方々の顔色が変わっています。後ろ!後ろ!とまるで志村のように囁かれた私は、まさか、、、と後ろを振り返ります。。後ろには何もいませんでしたが、、
既にスタジオを通って中に入っていく京本さんの後ろ姿が!!!!!

ぎゃああああマサキだあああああ!!!!!

時間より1時間くらい早くお姿を拝見することとなり、完全に白目状態の私です(ちびまるこちゃんがショック受けた時の顔をご想像ください)
帽子はかぶってなかったかな。。?そこはよく覚えておりませんが、多分サングラスかけてたのと、ベストを着ていたような。。そして美しいうなじでした(そこは見たんかい)
なんていうか、、何もかも独特なんだよね。。後ろから見てもやっぱり、ああ京本さんだ、、、っていう身体のバランス。ほんと、男っぽくもなく、女性すぎるわけでもなく、まさに中性的なのはあの身体のバランスのせいもあるのではないでしょうか。

と、そんな冷静な分析ができたのはつい今というくらいで。。まあそのときは頭真っ白です。きゃああ!なんてなれません。私のだらしない後ろ姿とアホな話をしているところを見られたのではないかとの懸念もありつつ、忙しいからそれどころじゃないよね♪、、、、、、、、、、、、と一生懸命思い込んでみたり。うん、見てない見てない。

で、そこから1時間くらい後で、いよいよ本番。前のスタジオパークは通路を通ってくる形式だったけど、今は最初からスタジオにいる形式になりました(土スタだけは中の観覧ありみたいですね)。
京本さんいよいよ登場!!おおお!!!洋服がさっきと違う!!さっきの私服だったんだ!私服すら衣装に思えるかっこよさでした。
そして、始まる前から、男性アナウンサーの永井さんは、サムライギターの造形にとっても興味津々でした。

そして、ここからはテレビに映っている通りですが。
家に帰ってからテレビでみると、あああ、、、画面に向かって両手振ってる!!表情がめっちゃ幼くて可愛い!なんだこれええ!この場面はちょうど私の位置からはカメラがかぶり見えていなかったところです。ホント可愛いなをい!!!

いやあ、すごく充実した内容でしたね。
京本政樹が過去から現在まで培ってきた時代劇の内容が、30分くらいに凝縮されていて、生で聞いても飽きることなく食い入るように聞き入っていました。
普通に時代劇ファンとしてなるほど!すごい!そんなのがあったのか!!と感動してしまう内容。
それこそ京本さんも仰ってましたが、1時間半になっちゃいそうな内容(笑)

昔、Speakでちらっと時代劇の専門的な話をされたときとか、すごい嬉しかったんだよね!こういう話が聞きたい!ってすごく思った。なんだか、プロというか、時代劇役者としての京本さんの本当の姿を見られているようで、こういうことを勉強してきた人なんだあ、というのが垣間見れてとても嬉しい気持ちだったんだ。

まさにその時と同じ感想、いや、その時の数倍の感動と充実感を得られました。
主に平清盛での藤原秀衡の役作りの話がされていたけど、うまいこと、娯楽時代劇的な話と融合していて、というより、実際に京本さんの秀衡自体が系譜にないものだったことから、新しい実験として、娯楽的な様式美も入れつつ、大河チームの美術の柘植さんたちの手法が絡み合ってできた新鮮なキャラクターなのだと思いました。
いやしかし、実は登場時の40代の秀衡様を見たときは、まだ全体像との絡みが見えていなくて。でもそれは当然、話の展開上でも秀衡は単に遠くの地から清盛に鎮守府将軍に任ぜられただけだから、ご紹介程度の登場だったのですよね。
それから10年経って、いよいよ神木くん演じる源義経が奥州平泉を訪ねてくるわけです。
そこで、平家打倒のために、義経を認める大事なシーン。まさに父性というか、大きな包容力の見られるシーンです。スタジオパークでは一瞬のシーンですが、明日の本編がとても楽しみになるワンシーンでした。なんだか、前回とは本当にキャラも見た目も意味合いも打って変わり、とてもずしっときそうな、そんな予感でした。
40代の秀衡と、50代の秀衡の写真を比較してましたが、あの写真がリハーサル時に登場したのを見たとき、うわあ!!ヒゲ!!白髪!!眉毛が薄い!!なんか恰幅良くなってるみたい!!でも綺麗!!とすごいテンションの上がりようだったのです。寧ろあの写真で一気に高揚感がアップしたのです。
まだ動いているところを見る前だったけど、ホント理想的というか。。。
前に「草燃える」の松平健さんの老け役についてブログに書いたことがあったのですが、あの時、まだ若い松平健さん(多分当時20代とかだよね??)が見事な老け役をやって、白髪に白い眉毛で、でも切れ長な目張りで、本当に美しくてそして貫禄があって野望のありそうな目つきの壮年をやっていたのが印象的すぎて、京本さんが今後もし老け役をやるとしたら、こういう美しい老人役をやってほしいな、なんてことを書いていました。
ああまさにその理想!!美しさがあって、でもそれが全面じゃなく、何か腹の中に企んでいて、でもあくまで爺さん!そんなことまでどんどん思いめぐらしていきたくなる一枚の写真。。。
これだ、、これが京本政樹の新たな姿だ。。。
まだまだ見たことのない役を演ってみたい、と常におっしゃっている京本さんですが、ご本人も意外なものを演じることになったというのはお話のなかでも仰ってましたよね。ファンにとっても未知なる世界。線の細い美剣士キャラの京本政樹が、貫禄のある父性に満ちた老年の秀衡を演じるのをこんなに違和感なく見られるのは本当に嬉しいことです!
すごい感動だったなあ。ちりとてちんで「小次郎」を見たときも結構感動したけど、やはり時代劇の姿でしかも、見たことのない姿を見られるなんて、本当に長生きはするものだと(笑)
いやほんと、一枚の写真と、ちょっとのシーンだけで、こんなに感動できるものかと。

すごいよヒゲ衡さまの威力!!!

しかしホント無精ヒゲレベルは結構あったけど、本格的にヒゲの役ってあったっけ?とファン友さんたちと考えてましたが、結局思いついたのは、大江戸捜査網の胡散臭い易者コスのなまずヒゲだけでした(爆)

それくらい、京本政樹の老けメイクは新しい、貴重なものだ。。。

やっぱり、私が見てきた時代劇は、娯楽時代劇と大河ドラマ系とくっきり分かれてはいましたが、それでも様式美、所作は大河ドラマにもきっちりとありました。娯楽時代劇のような軽さはないけど、決して現代劇に見える部分はなく、あくまで「時代劇」であった大河ドラマ。シリアス、娯楽系にかかわらずやはり「時代劇」という専門的な世界での決まりごとは守られていたものだったよね、と。
それ考えると、NHKでは常に実験しているという京本さんが、娯楽要素の強かった「吉宗」だけは娯楽的メイクで登場したのは当たってたなと今になって思うのですよね。
やっぱり、メイク一つにしても、所作だけにしても、その作品のテーマ、そのシーンの意味合いによって変わってくるものだと。
娯楽時代劇を守りたい京本さんだけど、決して頑なに美剣士!的なものをやりたいわけではなく、その作品のキャラクターとして、要素は残しつつ、新たな姿にチャレンジしている姿勢、そしてその出来上がりには、本当に感動しました。なんというか、これは裏話抜きにしても、感動するわーというのが、話もなにも聞く前から「一枚の写真」を見て感じたあの感動がすべてだと思います。

あ、なんだか私の感想が大半になっちゃいましたけど。。。。

銭形平次の話から、大川橋蔵先生にメイクを教えてもらったときの話で、
「目張りを入れる!」
って言われて、
「目に針刺すのかと思った!」
っていうマサキがおもしろすぎて爆笑でした。怖い怖い(爆)
そんな面白トークも交えつつ、全体的にすごいまとまった、しかもノンストップな京本ワールド(笑)
でも、神木くんとの話では、ひたすら神木くんを褒めていて、認めていて、ああ、前にエンケンさんのインタビューでも感動した部分だけど、大物の方が若手さんを手放しで認めて褒めている姿ってなんて美しいんだろう!と感じてしまったのです。
神木くんも「京さま~~(手振り)」なんて、可愛い人なんですね♪
そして、京本さんの、袖を翻すちょっとした仕草すらも見逃さないで食いつくんだって!
なんかそういう姿勢の青年がいると本当に時代劇ファンとしても嬉しいなあ。
神木くんのような、容姿も表現力もある若い役者さんが、そういう部分に興味を持って受け継いでくださるって、ホント嬉しすぎる><

「神木くんは作り物をしなくても本当にキリっとした人」

という京本さんの発言に、この若者は本来の時代劇をすごくわかってくれそうだな、という思いをなんとなく感じたのですよね。神木くんがどこまで、昔の時代劇に興味をもってくれるか未知なる部分だけど、若い方の協力も得て、私たちが望んでいる時代劇が復活してほしいな、、と思いました。神木くん、是非お願いします><

で、まいてまいて(笑)サムライギターの話。ホントに1時間半になっちゃいそうな勢いだったな(笑)
そういえば今日は刀抜くはずじゃなかったのかな。ストラップつけてなかったよね?ストラップ持ってこなかったのかな。座ったままで抜いてみて、すごくやりにくそうだった、って思ったら、あの後番組が終わった後でも、スタッフの方に
「やっぱりやり方忘れちゃってたね(笑)」
って笑ってました。そのいい方が優しくてめっちゃ可愛かったんだよおお。
その後サイト用かな?何枚かアナウンサーさんと一緒に撮影して、永井さんが「ギター持って撮っていただいていいですか!?」って感じで、サムライギターを持った京本さんとピースで3ショットを撮ってから、ガラス越しのファンに向けて手を振って笑顔で帰って行かれました。

ああサムライギター久しぶり。。。
トーク中に京本さんも「良くも悪くも評判になって(笑)」なんて仰ってましたが、いやこれは、ファンにとっては本当にいつまでも思い出の品です!あ、刀です!いや、ギターです!「ちょっとした有名人、、、人ではないか、有名刀です」って言ってたのにウケました。やっぱ本体は刀のほうなのか?(爆)
あ、それから、サムライギターストラップがなかったから扱いにくそうで、ぶつけないようにとか気を遣って扱っていたんだけど、京本さんが
「これ扱いにくいんですよ。。この、、瀬戸物みたいな
っていったのがホントツボっちゃって。。。(爆)
瀬戸物のギターはないだろと、瀬戸物とか茶碗しか思い浮かばないだろと(笑)
ああ、瀬戸物とかなんかそういう発言の端々におじさんぽさが出てくるところがやっぱり好きなんだな。こんな綺麗な首をしてるのに(笑)

あ、そうそう!
音楽の話をしてるとき、次は35周年とか、、っていう話もされてましたよね!
あと2年、、いや、来年が終わったら35周年だよマサキ!!
33周年は残念ながら直前に日本が大変なことになってしまったからね、、それどころではなくなってしまったけど、これからも日本中(世界のファンの方々にも)のファンの人たちに元気をください。そして35週年、楽しみに待ってますよ!
昨日で、また新たな京本政樹像に出会えたことを本当に嬉しく思います!これからもどんどん見たことのない京本政樹が見られると信じている!
そんなわけで、久々のスタジオパークでしたが、本当に楽しかったよー☆
京本さん、お疲れ様!やっぱり応援してきてよかった!

そして、一緒に盛り上がってくださったファン友の皆様もありがとうございました!!
おかげで、NHKショップの平清盛キティグッズも買うことができました(爆)

明日の清盛、楽しみだ(≧∇≦)

タイトルとURLをコピーしました