ウチくる!?モリケン伝説

森田健作さんがゲストのウチくる!?終始笑いっぱなしだった(爆)
浅香光代とか相変わらずだなーっていうか、京本さん含めだけど、類は友を呼ぶっていうんだろうか、出てくる人出てくる人みんな、ああ森田健作の友達っていうのわかるなぁっていう感じ(笑)

しかし今日の京本さんの登場の仕方ウケたなぁ。完全に酔っ払いのおっさんみたいなテンションでした。ウチくる!?に登場するときは照れ隠しなのか何なのか、絶対あのわざとらしい系の(爆)小芝居で登場するとこがウケます。森田さん、本気で吃驚しちゃってるし(笑)
いつも思うんですが、慎吾ちゃんと同じで、京本さんもテレビが回ってるときとその寸前でテンションが違うじゃないですか。高校教師03の時は真逆だったけど。あの扉を開けて入ってくる直前まではえらい真面目モードだったんじゃないかという気がしてなりませんが、、京本さんの場合、ガラスの仮面の北島マヤ級に何かが乗り移るんですよね(爆)
きっとあの酔っ払いテンションの登場も何かが降りてきてたに違いないと思う(笑)
入ってきたとき森田さんが

「君がくると番組が壊れるんだよ!!」

と言ってたけど、、テレビの前の人たちみんなが一斉に



あんたが言うか!!



と突っ込んだに違いない(笑)
あ、でも今日の森田さんは大人しめだったような?あ、まぁ県知事だし(笑)
というか、もしかしたら慎吾ちゃんとマサキの時のように、どっちかが暴走してる時は片方大人しくするっていうあれがあるんだろうか?
でも、森田さんが大変な時は京本さんが全力で頑張るっていう、、Speakにも書いてあったけど、、ホントすごい関係だよね。。全力で守ってるなぁ、、って気がした。

しかし
「森田健作さんある所に京本政樹あり」
ってホントだよねー。森田さんを見てると、言ってることが京本さんまんまなんだよなぁ。つまり、京本さんも言ってたけど「(中学の時自分がやったのは)森田さんのマネ!」マネっていうとあれだけど、これだけ生き方が反映されてるっていうのは、本当にリスペクトしてないと無理だと思う。なんかね、京本さんのコーナー自体は、大半がいつもの困った話(爆)だったんだけど、なんかそれだけでも、すごいいい関係っていうのが伝わってくるんですよね。特に今回それを感じたかな。
ただ木を切らされてるだけじゃないと(笑)
お互いに本当に大切な兄弟だと思ってるんだなっていうのが伝わってきますよ。

やっぱり最初に話してた、京本さんの
「負けてもいいじゃないですか。その時はお互いまた頑張りましょうよ」
っていう一言がかっこよかったなぁ。京本さん自身が言った言葉は他の人からじゃないときけないからすごく嬉しかったっていうのもあるし、森田さんがそれを覚えていてくれて言ってくれたことも嬉しかった。こういういいエピソードを話してくれる人ってホント嬉しいですね!
自分自身熱い性格ではないし、寧ろ過去には真逆のものを好んでいた時もあったけど、やっぱり「まっすぐ」ってすごいことだなぁと思う。
森田さん自身がね、「こういう(熱い)性格だから俺叩かれるんだよ~~!」なんて笑いながら言ってたけど、京本さんもそうで、すごく自分を客観的に見られる人なんだよね。でも、自分でやってることは間違ってない、そういいきれるから、ずっと変わらないんだろうな。

いやしかし、、カーテンなくてまぶしいから「カーテンつけたほうがいいんじゃないですか?」って言ったのに、後日、木を植えるって呼ばれた話はウケる。。木植えるんなら、、、


カーテンつけたらいいじゃないですか(爆)


ホント面白いわ、森田健作。。。

ミルフィーユは千葉のお菓子になったんですか??(オランダ家美味しいよねー)


相変わらずごちゃごちゃしててすみません;
ちゃんとまとめた真面目な?レポは熱京的空間の掲示板に書いたのでサイトのほうをご覧ください^^;(携帯サイトはこちら





Speakにココイチの写真が出ててめっちゃ可愛かった♪
あ、カレーが可愛いんじゃないですよ。
意外とイチ辛が好きとか、あとケンタッキーが好きっていうのも初耳な気がするなぁ。
渋公物語もちゃんと(?)書いてくれてるし(まだまだ続くよ!)

しかし、レッツゴーヤング→少クラの流れは全く気づかなかったなぁ、、ってレッツゴーヤング実際に見たことないからだと思いますが、昔のものっていうのは本当に偉大な力があるんだよなぁ、とちょっとずれたところに感心してしまいました^^;

やぁ、、でも渋公といったら、10年、20年前のヴィジュアル系バンドの人たちにとっても聖地だよ!ってかC.C.Lemonホールとかいう名前になっちゃったんだなぁ、渋公。。。渋公っていう響が好きだったのに。。。
もう既に中野サンプラザとかで出来るようにはなっていたけど、京本さんにとっても聖地だったんだなぁ渋公が。その夢を実現してしまう時がくることがすごいです。でも、それも努力があってのことだもんね。俳優にはなったものの、音楽の道を諦めなかったからライブもできるようになったわけだし。本当にすごい、この人。。

タイトルとURLをコピーしました