京本政樹のラジとばっ!#116 ゲスト:河本準一(あともう一人)(2013.10.13)

後で見返した時に自分でもわかるようにタイトルとゲストをちゃんとタイトルに入れるようにしました。

というわけで、

京「明日は体育の日ということでですね。まーこの方はスポーツといえば、何ででしょうね!TBSのオールスター感謝祭でね。ぬるぬる相撲キングに来ていただきました。先週に引き続き、どうもー!どうでもいい次長課長の」
河「どうでもよくないです」
京「河本準一さんです!」
河「よろしくお願いします」

京本政樹の口からぬるぬる相撲ってワード出てウケてます私。確かにあの河本くんは神がかってますよね。どんなムキムキのアスリートたちをも無表情でやっつけるあの姿は、私も心底すごいと思います(笑)

京「河本、でもさ、オレ前のロケの時にも話したけど、たまたま見てるんだけどあれすごいな!」
河「ぬるぬる相撲ですか(笑)そりゃ伊達に川崎五反田。。。」
京「何あれ!?あの運動神経は!」

川崎五反田ってなんのことだろうと思ってぐぐってみました。あ、そういうことですか。。

河「ありがとうございます!というのは、僕じゃなくてローションに、ま、神のヨダレと呼んでますけど」
京「すごいよなあ!まあその辺の話は、、あれをね、真似してさ、兄弟はよく相撲を挑んでくるんだよ」
河「あ、そうなんですか!あ、でも最初にローションと仲間にならないと、喧嘩しちゃうんですよ、あれ」

なんだよ仲間だの喧嘩だのって(笑)最早、神のヨダレと友達なんですね、つまりは。
てか慎吾ちゃん、都バスでもマサキに相撲を挑んでこてんばんにやられてたよね(爆)まあそんな弱っちい慎吾ちゃんがいいんですが。

京「オレあれよ。リアルタイムで普通に見てたんだよ。それで、(河本くんが)優勝するまで見ちゃった」
河「あははははは!(笑)」
京「すごいなあと思って、、絶対河本に喧嘩売らないようにしようと」
河「ローションなかったら弱いですから(笑)」

というわけでヌルヌルキングの河本くんがゲストです。

京「まー随分長期になりましたねえ。2年以上になるか。だってあれだよね。。だってあれだよねって、紹介する前に話しかけちゃったけども(笑)」
河「(笑)」
京「この方がゲストです!」

夢ーじゃーないーあれやこれもー♪

河「だからこのきっかけあるから先紹介してくれないと(笑)」
京「最近さ河本、ヒロシって知ってるだろ?ヒロシです、っていう」
河「あ、生島さんじゃなくて」

生島ヒロシとか懐かしい名前だな。

京「五木ひろしでもなくて」
河「あーあー、芸人のほう」
京「そうか。。眼中にないんだ、ヒロシのこと」
河「(笑)眼中にないことはないけど、可愛いもんですけど(笑)」
京「最近あいつ、勝手にラジオに来ちゃうんだよ」
河「ブースに来ちゃうんですか??まずいですねそれ」
京「まずいんだよ。どうしようかってニッポン放送で会議になってるんだよ」
河「どうして、下が通るんですか??」
京「なんかね、、特別なパスを警備員のおじさんからもらってるらしいよ。ということで、先日のオールスター感謝祭、ヌルヌル相撲で完全復活したらしいですねえ」
河「はい、一年半ぶりに」

あれ??ヒロシ出てくるわけじゃないの?(笑)

京「え、ヌルヌル相撲で肋骨の骨折、全治4週間とかやったの!?」
河「あ、前にですね。結構前に」
京「え、その時草野さんとやったの!?」
河「や、や、違います(爆)草野さんとやったのは今回で」
京「あ、今回は草野さんとやったのか!で、草野さんとはどうなったの?」
河「や、勝ちましたよ(笑)」
京「あんたすごいね!!」

マサキが最初、河本くんが草野さんに肋骨折られたみたいな認識でウケた。どんだけ草野さん強いキャラなんだ。でもすごい体育会系なんだよなあの人。まさに文武両道だよね、草野さん。

河「まあ、スーパーひとしくんももういい歳ですし」
京「ねえそれって、、やらせ。。?」
河「本気のガチですよ!後にも先にも草野仁さんの顔面ひっぱたいたの俺だけらしいですよ」

そりゃそうだろうな。

京「あ!オレその記事見た!」
河「その時みんな止まったらしいですよ。で、半沢直樹のブームがあったんで、草野さんが倍返しだ!って2発叩いてきたんですよ。でもそれがちょっと痛かったんで、イラッとして何発も叩きました」

それ見てないけど草野さんキャラぶっ飛んでるな(笑)あの人真面目そうなのにかなりバラエティ慣れしてるし今。

京「マジ!?それビデオ見たいな、ビデオちょうだい」
河「三人でまたみましょう。慎吾さんと、三人で、慎吾さんの家で」

慎吾ちゃんの家なんだ(笑)てかなんか小学生みたいだなあ、ノリが。

京「それで、今の話に戻るけどさ。。ここでリクエスト読ませていただきたいと思います」
河「・・・何個飛ぶんですか、物事が。そら誰もついていけへんわ」

ホントだよ、今何がどこに戻ったのかわかんなかったわ!

京「シオヒヨコさん。あ、シオヒヨコさんってよくくれる人ですね」
河「知らんがな!」

や、毎週聴いてるから覚えてますよ(笑)

来年のコンプリートアルバム、トーキョー・ブルー、

河「あ、これめっちゃええ歌ですやん!ドラマのエンディングみたいな!なりますよ、映画の主題歌とか!」
京「おもーーーーーぃ、、、、出すのわー、、、、えへへへへへへ(笑)歌詞忘れた」
河「歌詞忘れるっていうのがようわからんけど。。。」

って、その後も歌詞忘れちゃってるし(笑)

京「おかしいな!レコーディングしたばっかりなのに(爆)」
河「ほんまに歌いました!?」
京「や!一生懸命歌詞書き直すから忘れちゃうんだよ!!」

きっと、別のタイプが歌ったんだろう。それ、京本政樹3号辺りがレコーディングしてきたんじゃないの?

河「自分で書いたんでしょ!?」
京「書いたよ!」
河「じゃ絶対忘れないじゃないですか(笑)」
京「や、書き直す前の詞が出てきたりするんだよ、オレ」
河「あ、何回も書き直すから?」
京「そうそうそう、ここよくないからーって言って、コンサートとかでも歌ってるとさ、途中でわかんなくなっちゃうの」
河「コンサート中に!?どうすんですか、そういう時」
京「例えばさ、、

風のセーラ、濡れた瞳ーとか、

風のセーラ、恋はいつもーとか、

風のセーラ、愛はなんとかーとか、、

風のセーラ、、、、」
河「なな、なんですかそれ」

わかる、ポカーンだよね(笑)

京「もういいや。あとさ、夢人形っていう歌があるんだけどさ」
河「全然よくないやん!もういいや言うて」

ホントマサキが喋ると、こういう無意味なやり取りがいっぱい入るんだから(爆)

京「(じゃんじゃっ!)・・・忘れた」

ボケボケだな!

河「コミックバンドじゃないんだから!我々」
京「(笑)」
河「それ、小野ヤスシさんとか加藤茶さんの時代ですから」
京「河本いいなー。何言っても返してくれるんだから(笑)この間なんてヒルナンデス」
河「ヒルナンデスいい加減にしてください!」
京「噂きいた?」
河「きいたどころか見ましたわ!見た!暴れすぎ!もうー駄目!オファー一人で受けちゃ駄目!渡部さんも藤森もホントぶっ壊れますから(笑)身体ガタ来ますから」
京「でも渡部と藤森がね、『やー、、、京さま、なんでこんな色々アドリブが出てくるんですか??』って言って」
河「台本ないから」
京「うん、台本ないんだけどさ。それで二人が唸って、一番の根本が『やー、、、河本さんってすごいなあ。。。ここに慎吾さんがいて、その二人を押さえるっていうか、何でも受け答えする河本さんってすごいよなあ。。。』って言って、お前ら何感心してるんだって(笑)」
河「それを真面目に考える二人がすごいですわ(笑)」

気持ちはわかるが二人芸人なんだから頑張れと思った私は鬼ですか(笑)

京「一つオレは思ってるの。河本のいいところは、暴走する二人をたしなめながら、一緒にやってくれるじゃない」
河「あ、ノるのが好きですからね、僕は」

あ、それマサキも思ってたんだ。そうそう、河本くんは一緒に騒ぎながら二人を抑制してくれるところが楽しいのよ!そこがうちも好きだったんだよなあ。

京「オレが、無茶ぶりすると、、一曲歌う??とかいうと、、、、一曲歌う?ラブイズオーヴァーとか歌う?」
河「え、今の話??・・・ラブイズオーヴァ~~~・・・・・・・・・・・終わりにしようーキリがないからぁ」
京「うん、キリがないから終わりにしよう」
河「キリがないからね。。」

ホントむっちゃくちゃだよなあ(笑)

京「そうやってパッと歌ってくれたり、パカッとその返し!兄弟も言ってるよ。DAIGOとかね、もちろんDAIGOにはDAIGOのね」
河「真面目なんですよみんな!」
京「や、研究してきてるんだよ色々。河本と三人でやってるやつを見て、そこに自分も行くんだー!って形で来るんだけど、あまりに二人がむちゃくちゃだからー」
河「やーそりゃそうですよ」

みんな真面目なんだなあ。それで逆に気合入りすぎちゃうのかな(笑)
でも河本くんのレベルが高いんだろうなあ。尊敬しちゃうもん、あれ見てて。

京「さあ!というわけでございまして!」
河「何が、さあ!なの?福原愛か!」
京「京さまの新曲が出るということでー(無視かい!)ピックも作られるんですかー?なんて書いてますねえ」
河「俺の話きいてくれへんの(笑)」

うん、それも思ったが、メールの方の、ピックって話はいいね!ピック出してほしい!一つでも多くマサキグッズがほしいのだけど、グッズといえばやっぱり音楽活動期に出やすいと思うのよね。トーキョー・ブルーの青いピック出たらいいな!って思ったら、

京「『トーキョー・ブルーに因んで、青ベースのピックなんてどうでしょうと妄想しております』というわけで、長く考えさせてもらいましょう」

おお、やっぱりみんな考えてるよね!青ピック出してマサキ!!
で、リクエストは"三日月のエチュード"。夜眠れないときに聴くと眠りやすくなりますっていうメールだったけど、そうそう子守唄みたいなムードでねー。私も大好きです。三日月のエチュード、ロンリーハート、それ系のアコースティックな曲もいいんですよねー。アコースティックライブにぴったりだなと勝手に妄想しているうちであります。

京「三日月のエチュード、勝手にレコードで聴いてください(笑)」

かけないんかい!!

河「かけないんすか。。」
京「や、かけるよ(笑)」

かけるのか!!

京「かける代わりにやるよ。(じゃーん)吐息ーだけー、、、ららーらー(笑)」
河「はやっ!!」

覚えてないんか!しかも、かける代わりにって意味わからん。かけない代わりに歌うならまだしも、なんでいつも曲かけるのに歌うの(笑)歌いたいだけでしょ!

河「歌詞忘れるの早いわ!怖いっすわ!全部忘れてて」
京「オレ不思議とコードはすぐ出てくるよな」
河「ギターはすぐにね」
京「とーいきーだけー夜ーに(消えかけ)浮ーかぶー」
河「あ、よかった。・・・よかった、やあるか!自分で書いたのに(笑)」
京「みーかづきのーエチュードー」
河「あ、いいじゃないですか」
京「ラーララーララーララーララーラー」
河「そこ、ラーなんですか?」
京「や、歌詞ある」
河「歌詞あるんですか!わからへんのにもう(笑)」

とガヤガヤやったところで三日月のエチュードやっとかかりました(笑)
一曲かかったところで、次長課長トークライブ、ルミネtheよしもとの宣伝。

京「何これ?」
河「トークライブ毎月やってるんですよ」
京「これ、すっごいいっぱいになんの?」
河「ありがとうございます」
京「何人くらい入るの?」
河「キャパが400くらいとか。立ち見入れて500とか、大体埋まりますよね」
京「ほぉー、、、オレの知り合いにヒロシってやつがいてね」
河「生島?」
京「ヒロシ、、ヒロシって、、、なんとなくいたよね昔」

「あのぉーー、、僕も、、単独ライブを、、、ヒロシです、、、やるんですけども」

出た(爆)

河「うわ、すっごいタイミング。。。。。。。」
京「ほら、この人すごいだろ?」
河「すっごい声低い。。」

そこか(爆)

京「お前、どっから入ってきたの??」
ヒ「ずっといましたよ(テンション低)」
京「おまえ、すっごいこの、、うへひゃっ!(爆笑)」
ヒ「や、あははじゃなくて。。トークライブが500人ですか?」
京「ヒロシ、おまえいつだっけ、トークライブ」
ヒ「えっと。。」
河「や、トークライブじゃないでしょ?」
ヒ「単独ライブ、11月2,3です」
河「2,3と二日間やるんです!」
京「何人入るんだっけ?」
河「おまえ、モリエールでやるやん!すごいやん!」
京「モリエールってどこ?」
河「新宿にある、ルミネから近いね」
京「何人入るの?」
ヒ「180人くらい入る所です」

なんでヒロシ消え入りそうな声なんだ(笑)

河「おまえこれ2回やるんやろ?」
ヒ「3回公演です」
河「ええ!?」
ヒ「+トークライブやるんです」
河「おまえ4回やるの!?180×4?720ですよ」
ヒ「はい。。」
京「でも、(次長課長は)400入るんだろ?」
河「大体一回ですから、4回やったら2000人ですけど。ヒロシの場合は720人でパンパンですよ」
京「同じ人を回したとしても、一回で500人?」
ヒ「何人か回していただけないでしょうか。。。」

ヒロシが幽霊みたいになっちゃってるけど(爆)

京「今、何人?」
ヒ「30人です。。。」
京「よかったね!(早口)さ!」
河「泥水って書いてあるやん」
京「ヒロシの、でいすい」
ヒ「泥水って、何回も言ってるんですけど僕。。。」
京「でも、2,3でしょ?もうすぐじゃん」
河「や、もうすぐやん」
京「でも、ここでもう半分以上は売れてないと」
ヒ「まずいんですよ」
河「え、2日間で30人??」
ヒ「や!一公演30です」
京「よかったね(冷)。ヒロシの単独ライブ、新宿シアターモリエールで11/2、3の二日間」
河「ちょっと京さまこれ、買ってやってくださいよ」
ヒ「京さま、そうですよ!100枚まとめてー」

それでいいのかヒロシ!100枚売上になっても、客席ガラガラじゃんそれじゃ!

河「京さま、どことは言わんけど、めっちゃええ店、あそこ知り合いいっぱいいますやん。ばらまいたら100枚とかいけますよ」
京「いけるな。。。」

なんでちょっと遠い目みたいな声した今(爆)ちょっと本気でやろうと考えたでしょマサキ。

河買うてもらお、ホント。一枚いくらすんの」
ヒ「一枚4000円です」
河「嘘やん!たっ。。。!」

そんなこと言わないであげてー!

京「10月19日、ルミネtheよしもと!次長課長トークライブ」
河「4000円しませんから」
京「4000円しません(言うな/爆)。そして、ヒロシの単独ライブ、新宿シアターモリエールで4回公演。4000円」
ヒ「トークライブは2000円です」
京「トークライブは2000円。そらそうだな。それくらいのもんだ。・・・・(笑)」

なんで今どさくさにまぎれてひどいこと言った?(笑)

河「時間、14時間くらいやるの?」
ヒ「いやいやいや!1時間くらいです」
京「さ!ということでございまして!」

ってマサキがコンプリートBOXの宣伝してる後ろで、遠くのほうでヒロシと河本くんがわーわー言っててウケた。自由すぎるこのラジオ(笑)
ということで、今週もトーキョー・ブルーでお別れです。ううう、いい曲だあ(;;)
月ーあかりにもーから先聴きたいー!!

2013.10.14