滝沢電波城5/18

今週も「WITH LOVE」からのスタート。この曲聴くと、毎度演舞城のカーテンコール思い出してじわっとくる。

「殿!」「はいっ!弁慶ー!」って、殿、はいっ!って言っちゃった。タッキー可愛い(笑)二人して照れながらやってるところがいいよね♪

京「これもう、一生こういった感じですよね(笑)」
滝「いいですね(笑)」

今週も引き続き、京本さんの伝説に迫っていくコーナーですが、「闘う仕事人」を作ったのは京本政樹!っていう話から。あ、今マサキくしゃみした?
音楽の話になったら、

京「今日、ギターちょっと持ってきてるんですけど」
滝「お、すごいっすね。いつの間に!」

またいつの間にか持ってきてたのか(笑)
女は海のさわりをギターで弾き語ってくれたー☆

京「劇中音楽ってあるじゃないですか。だから、東山くんがやってる必殺の中にも、ボクが作った曲が結構使われてますね」

そうそう!特に提供の時いつも、『潜入』が流れるよね!私あの曲がすごい好きなんで、あれ聴くために提供チェックしたりしてたもん。

京「57、8曲作ったのがあるんですよね」
滝「うわー、そうなんですか!」
京「前に殿と一緒にやった里見八犬伝、あれの元ネタになったほうの映画の頃ね、あれが大ヒットした時、殿ね(この言い方が可愛いv)、昔って一つドラマとかが大ヒットすると、歌出しませんか?っていうのがあったんですよ」
滝「へえー」
京「先週も言いましたけど、ジャニーさんに会った頃もね、曲とか詞を作ることに燃えてて。その時相手にされなかったですけど(笑)曲を書き溜めてたんですよ。それを何百曲とかをぽんと(レコード会社に)出したんですよ。そうしたら、中から何曲か選ばれて。そのプロデューサーと仕事人のプロデューサーが同じ方で、京本くん、ちょっと書いてみないかって。鮎川いずみさんの主題歌とか劇中音楽を書いてみないか、って言われて、喜んで書いたのが何十曲も使われてるんです」
滝「へえー!じゃあホントなんですね!?」

次の話は、曲を一曲作るごとにギターを一本作ってる、の話。

滝「これは流石にないでしょー」
京「うん、まあ近いですね」
滝「え、近いんですか??」
京「まあ、一曲に付き一本作ってたら大変な数になっちゃいますけど、こうやって薄桜記って歌の為にギター作ったり、こういう組紐屋の竜ピックとかあったりね。ESPっていう、高見沢さんと同じ会社で作ってもらってるんですけど」
滝「あ、ホントだー。じゃ結構ありますか?」
京「多分、まあ30本くらいはあるかもしれないですね」

立ち回りやると思ってコンサート見にくる人が多いんじゃないかなと思って。
確かに、時代劇をやる俳優の京本政樹を思って見に来る人もいるかもしれないですねー。
京「往年のファンじゃない人は、あの人、歌えるの?って思われるんじゃないかって。でも自分の中ではアーティストっていう気持ちがあるから、や、刀は抜かない!って思ってたんですけど、、、ちょっと待てよ?ギター刀から出たら面白いんじゃないかな?って。殿と同じでね、サービス精神が出ちゃって(笑)」
滝「うははははは!!」

タッキーも楽しそうに大ウケしてる(笑)

京「じゃーん!って弾いてギターをひっくり返して刀が出てくるという」
滝「やったんですか!?」
京「やったんですよ。それ、刀ギター作ったとき、これいけるんじゃないかって思ったんですけど、えらい金額になっちゃって。。家に持って帰れないくらいの大きさになっちゃって。ケースなんてちょっとした棺みたいになっちゃって(笑)」
滝「でも、お客さんそれは喜んだでしょうー♪」

CM開けて、『滝沢の趣味』というコーナー。趣味があんまりないというタッキーにはまる趣味を探そうっていうコーナー。
京本さんはこだわり屋だから、スキューバダイビングにはまってて、インストラクターの資格とったり、世界中の海を回って真っ黒になったり、車もクラシックカーからはまって、今は未来カーになったりって。

京「それがあるから、辛い仕事もがんばれるという(笑)」
滝「へー(笑)じゃ、とことんはまるんですねー」
京「そうなんですよ。で、最初は殿ね、ボク時代劇は好きじゃなかったんですよ。なんでこんなしんどいこと、難しいし。。。なんて言ってたボクが、こういう着物がかっこいいとか、こういう柄がいいとか思っててそこから着物のデザイナーになっちゃたりとか、刀はこういう鞘があって、何尺の刀がかっこいいとか。夢中になるとどんどん頑張れるっていう」
滝「いいですねえー」
京「あとスニーカーとか。80年モデルのナイキのダンクだとか」
滝「大変ですねそれ!」
京「それを考える時間が好きなんです。ない!と思ったら本屋さんとか探しまくって、靴箱にも入らないくらいの数になったり、、、だいぶSMAPにもあげましたよ(笑)」

草なぎくんとドラマやったときも草なぎくんも話題にしてくれたりしてたねー。
次はソフビ人形プロデュースの話。京本コレクションね。

京「目を透明にするとか、リアルにしたらいいですよとか言って。そうしたらリアルにしたらお金かかりますよーって言われたんだけど、5000円くらいで発売されて、それが100万個とか売れたりしてね。だから、、殿なんてすごいプロデュースとか、こだわる方だから、絶対はまりますよ!」
滝「じゃあ、好きな車とかいっぱい買えちゃいますね!」
京「くくくー。。。」

何今の笑い方は(笑)意味深な笑い方をしました(爆)

京「やめたほうがいいと思う(笑)車はねえ、手に入るまでが楽しいんですよ」
滝「あっはっは!!やめたほうがいいですか(爆)」
京「人間はね、一人ですからね。8台や9台持ってても絶対乗れない(笑)」
滝「(爆笑)」

そうか、マサキ的にも意外としんどい趣味なんだな(笑)車はおすすめしないと(メモメモ)

滝「でもホントいろんなきっかけになってますよねー」
京「うん、なんだろうな。そういったことが仕事をやるうえで喜びを作るから。や、殿なんて一番趣味あると思ってましたよ。そういう考えること好きだから。どうですか、フライング人形とか(爆)」
滝「フライング人形って(爆)」

どういう仕掛けで作る気なんだそれを。リアルタッキーフィギュアの原型をマサキが作ってあげてあとの仕組みを作るとかね(笑)てか、マサキの中でジャニーズのステージの一番印象に残ったのがフライングなんだな。確かに色々やった中で、唯一やってないのはダンスとフライングくらいか。

滝「買う人いますかねそれ?」
京「どうでしょうか(笑)あなたもフライングができる、みたいな」

いや、あなたはフライングできないでしょそれ(爆)

滝「(笑)ま、参考にして趣味を探してみたいと思います」
京「でもTシャツデザインされたりね。滝込み御飯とかプロデュースされたりね。ああいうのが殿らしいなーってね。。。。ただ、車はいっぱい買わないほうがいい(笑)」
滝「買わないほうがいい、それ気をつけたほうがいいと(笑)」

しかし8台とか車あったらすごい維持費かかるだろうなあ。。。。。。
最後はまた「TOKYO BLUE」の宣伝をさせてもらえました。
『Love Is Afternoon』!藤田まことさんがタイトルを持ってきて、京もっちゃん、これで曲作ってやーって言ってきたのでプレゼントしたその曲。
藤田まこと原案。意味がわからない英語ということで、って(笑)

京「何かお手伝いできることがあればまたね。一生ついていきますので!」

2週もタッキー呼んでくださってありがとうございました!なんかこの二人の会話って可愛くてほのぼのするなー。年下でも先輩のようにタッキーを敬うマサキとか、すごい素敵な関係だと思います。
また何かで共演してほしいです☆