上杉勝也コンサートin越谷

昨日、堀口ノアさんこと、上杉勝也さんのコンサートのため、越谷まで行ってきました。
地下鉄にあまり乗らないので、、、途中でどうしていいかわからなくなったものの、、なんとか辿り着けた。。。

行く前、母が「今日コンサート行く人、何て人?」というので、
堀口ノアさんだよ、と言うと、
「その名前昔聞いたことある!かわい子ちゃん系で声が高い人じゃない??」
という。
確かにマサキのミュージックビデオに映ってる当時のノアさん、かわい子ちゃん系かも。ってかお母さんよく知ってるなあ、、と思ったのも束の間。

「輪郭がさだまさしに似てる人じゃない??」

さだまさしの輪郭がわからんわ!!っていうか多分うちが想像してるのは今のさだまさし。お母さんが想像してるのは昔のさだまさし。。。っていうか、普通に細い輪郭ってことでいいと思うんだけど、何であえてさだまさし。。。
お母さん、高田純次ばりにいい加減なことをよく言うからなぁ。。。でも、ノアさんの特徴を、さだまさし以外結構ぴったり言い当てていたので、きっと本当に知ってたんだろう。お母さんもフォーク大好き人間だし。帰ってきてからサイトの試聴をきかせたら、いいね〜〜と感動してた。



さて、、コンサート会場は300人くらいのところかな?2階席まであって、色んな世代のお客さんが来てました。少年も少女もいました。
あ、ここからは記憶頼りのレポになるので、MCとか曲順とかちょっと違ってるところもあるかもしれませんがお許しください<(_ _)>

ノアさんは黒いシャツで ピアスをしていて、おしゃれだなぁと思ったり。ペットボトルの中身はりんごジュースだろうか?と思ったり。
曲は買ったアルバムの曲と、MCでタイトルをきいたもの以外はちょっとわからないので、セットリスト全部書けません。申し訳ない。。

ノアさん、MCがすんごい面白いんです。ノアさんといえば、京本さんの苦悩ライブで「マイクが高いんですよ〜〜」という一言がずっと記憶に残っているんだけど(笑)とにかく話が面白い。話し声も、歌声に近い優しい声なんですが、ご本人の中ではとにかく「気弱キャラ」らしくて、ご自分のことを「気弱なもので」とか「豆の心臓」とかよく言ってました(笑)
でも京本さんのSpeakにも書かれてましたが、ノアさん単独としては30年ぶりとなるコンサートです。そういう意味での緊張感というのが伝わってきました。

でも歌い始めると、すごく声がでかい!!すごい声量だし、伸びる声だし、しかも高い!!いや、京本ファンですから高音であることは知っているんだけど、やはりコーラス用の声の出し方とボーカル用の出し方では違いますね。マイクを通してはいるけど、すごく通る声なので吃驚してそのままのめりこんでしまいました。

最初は、京本さんで言うところのOh! My loverっぽい、爽やか系の曲で始まりました。ノアさん自らアコギで弾き語り、それから隣にギターとコーラス?の男性がもう一人。
次が鳥は飛ぶ、魚は泳ぐ〜みたいな感じの歌詞の歌。メジャー調ではあるんだけど、どこか切ない曲でした。

数曲続き、ノアさん本人についての話。
ノアさん、昔相当病弱だったらしいです。ちょっとしんみりした話でしたが、何だか他人事とは思えない部分もあったりして、じーんときました。
あ、河島英五さんと一緒にコンサート回ったりしてた時期があるとも仰ってました。というか、前日京本さんの歌のことで河島英五さんのことを考えていたばかりなので、個人的タイムリーと思いました(笑
それで、「生き物」「意識」という2曲を続けて演奏していましたが(一人で弾き語り)、人間は日々変わるんだ、今日はこうなら、明日はまた違うんだっていう感じの言葉を語ってらっしゃって、「この頃変わりたかったんですねー(笑)」なんてことを笑いながら話してましたが、変わりたい時期って確かにあるよなぁ、って思いました。しかも、病弱で学校にもあまり行けなかったノアさんが、現にこうして変わってるんだ!っていうのがすごく説得力があって勇気付けられましたね。

そうそう、ステージはすごくシンプルな作りではあるんですが、大きなスクリーンをバックに、虹や青空のようなライトを映し出したりして、曲の度にすごく感動的でした。
「空」っていう歌も結構好きですね。あ、「空」は確か試聴できるはずです。是非聴いてみてください。

それから、MCで、「最近はまってること」なんていう話だったんですが、どんなことかっていうと、「ファミレスに行くと名前を書かされる。お腹が減ってるのにいらいらするんだけど、ある時めんどくさいので、上杉ではなくと書いた」という話。

はい、時代劇ファンならわかるよね?このオチ(爆)

「上様〜」と呼ばれて、一瞬誰!?と思ったり、気が弱いから はい〜♪なんて低姿勢でつい答えちゃったりして。今度は「何用じゃ!」とか言ってみたいよね〜なんていう話で、すごいツボでした(笑)

「さて、ここで特別ゲストですが、この方は様と呼ばれてちゃんと答えられる方です」




…え???




「京様〜♪」



ええええええ!!Σ( ̄Д ̄;)




上手からおっきい花束を持って京本さん登場!!
革ジャンにジーパンにロエンの帽子(あの金具がキラキラついてるやつ)、赤い縁で細目のサングラスというラフな?スタイルでした。色がすんごい白かったです(相変わらず)

「俺より目立つ恰好してくんなよ!!」

というノアさんに

「これでも地味なんだけどなあ」(どこがですか)

という京本さん。早速あのお二人の面白おかしいやり取りを見ることができてしまい、ニヤニヤ状態だったりします(笑)

椅子を出され、ノアさんの隣に京本さんが座ります。

京「何だか、立ち位置が逆のような気がするんだけど。。俺そっちじゃない?」
ノ「いやいやいや、今日はボクが主役ですから!!

その後、真面目に、30年前にノアさんのコンサートを見に行った話をすると(多分出会いのコンサート)ノアさんがそれを忘れてたみたいで、見にきたの!?と吃驚されてました。あと他にもコンサートを見に行ったことがあるらしく、そんな話をして盛り上がってました。京本さんが、応援演説ばりにノアさんを褒めちぎると、ノアさんがすごく喜んで「本当に嬉しい!!」と。

「これで帰らせるわけにいかなくなったなあ」

という一言で拍手が起こります。ノアさんが京本さんに紙を渡し、どうやらノアさん作詞作曲の歌を二人でやろうということになった模様!!

「だって、これお前が作った歌じゃないか。覚えてないよ。…愛した分だけとかやらないか?(わかる人たちはウケてる/笑)」
「いやいやいや、それはお前の歌でしょ」
みたいなやり取りがあって、

「ホントにやるの??」

と京本さん、すごく不安そうでした。この理由は後でわかるんですが、とにかくここに

シャンプー&リンスがちょっとだけ復活です!!


歌ってる時、歌詞を書いた紙を持つ手が震えてる気がしました。ホントに緊張してたんだなぁ。。。数年前、ラジオで弾き語りしてた時も京本さん、えらい緊張してたっけ(><)こういうのを見ると、こちらまで緊張が伝わってきます。

ノアさんの曲「時は流れ」という曲は、学校の友達がテーマになっているようで、ちょうど今日のコンサートには、ノアさんの出身地山口時代の同級生の方々も見にいらしてたようです。だからノアさんが
「同級生も見に来てるんだから!」
というと京本さん「そうか!」と意を決したようで、二人で歌っていました。京本さんもボーカルをやりながら、二人で交互に歌ったりはもったりしてる感じ。
京本さんもすんごいいい声でした(T_T)
このお二人って、声質は全然違うんだけど、、本当に相性のいい声なんですよねぇ。。。京本さんの声が何だか昔の声に戻ってるように聴こえました。
しかし、、音楽活動してる時じゃないのに、、何でこんなしっかりした声が出せるんだ??しかもめっちゃ上手いし(?_?)
ノアさんがフォークギターを弾き、京本さんも座ったままでラフな感じに歌ってましたが、静かなんだけど、本当に昔を思い出すような、同級生の方々ももちろんだろうけど、今こうして並んで歌っているお二人というのも、もう30年くらいのお付き合いということでしょ?そんなことを考えながら、いい歌だな〜と思って聴いてました。
僕の隣にはいつも君がいた〜♪
みたいな歌詞のところで、サングラス越しだけど、京本さんがじーーーっと微笑みながらノアさんのこと見てるんですよ。ノアさんはギター弾いてて気づいてなかったかもしれないけど。あれがすごくじーんときましたね!

一番が終わった段階でノアさんが京本さんの歌を「パーフェクトだ。。」と驚いたように言ってたんですが、後のMCで話されてましたけど、この歌、一週間くらい前に(え!)電話で聴かせられて、こう?こう?みたいな感じで合わせたくらいで、あとは京本さん、必死にipodに入れて聞きまくって覚えたらしいです。ノアさんひたすら
「流石芸能生活長いだけのことはある!こんなこと普通できないよ〜」
と仰ってました。京本さん曰く、芸能生活30年と言ってるけど、厳密には35,6年とか(笑)
また京本政樹コンサートをホールでやる時には、悪いけどまだ手伝ってもらうから!みたいなことを仰っていて、、あぁまだコンサートやってくれる気があるんだ(T_T)と。。。そして、京本さん、後は袖で涙しながら見させてもらうから(笑)がんばってね♪と帰って行きます。
帰っていった後ノアさん、
「珍しいですね、、あの人があんなに低姿勢なの(笑)」
って。。。一体普段どんだけ。。。(爆)
でも本当に喜んでらっしゃいました。京本さんの付き人っぽいことをしていた時のこともすごくいい経験になったとも話されてました。

それで次のコーナーで、京本さんつながりか関係ないかはわかりませんが、この流れでちょっと、時代劇的な歌をやってくれました。
姫と殿のラブストーリー的なのを想像してみて、と言われて、真っ先に本能寺を想像した私です。
「雪の匂い」という歌で、もうそのまんま、12時間時代劇の主題歌になるじゃん!!って歌でした。

あ、ちょっと話題逸れますが、ノアさんの歌の中に何曲か、さだまさしさんっぽいのがあるんです(ここで出てくるかさだまさし)。フォークギター一本で語りかけるような歌い方とか、高音だしちょっと似てるなーと思いながら聴いてました。また、「雪の匂い」っていう曲も、さださんが12時間時代劇で歌った歌を彷彿とさせる感じで(あれ??確かマサキが出てた真田幸村のテーマ曲ってさだまさしじゃ。。。?)兎に角、そういう壮大な曲です。
京本さん主演の時代劇恋愛物で、ノアさんのこの歌が主題歌だったらどんだけ絶叫するかってことを、ちょっと妄想してしまいました(あぁ実現してほしい。。)
この歌、CD化されてないのかなぁ。。帰りに売ってたCDの中にはなかったけど。。ほしいなぁ、、すごく。。。

その後数曲また歌い、「希望の鐘」という歌も個人的にすごく好みでした。
ノアさんの歌は、「愛」というテーマが少なくて、「勇気」「励ます」みたいな歌が多いんだとご本人が仰ってましたが、共通して、色んな形の愛であり、励まし、勇気、あと平和かな。そういう「優しさ」がテーマになってると思います。

最後の曲を終えてノアさんが袖に引っ込むと、即行でアンコールが起こりました。そして数秒後、ステージに戻ってくるノアさん(爆)

「気が弱いもんで、、すぐ出てきちゃうんですよ。。。(照)」

次のアンコールでもそんな感じで出てきちゃって、すごい可愛いなぁvvと(笑)
2回アンコールをやって、本当に最後になっても、まだアンコールしてる方もいらっしゃいました。ホント、お客さんも温かい雰囲気だし、素敵なコンサートでしたよー!

そして、シャンプー&リンス復活ありがとうございました!!
京本さんも仰ってましたが、是非お二人のハーモニーをコンサートで聴きたいですよね!!(><)

ノアさんこと上杉勝也さんの曲は公式サイトで試聴することができます。是非聴いてみてください♪

Comment >>>

  1. 本当に素敵なコンサートだったのですね!!
    竜歌さんのレポを読んで、その時の様子が目に浮かぶようです。思わずじわっとなりました。京様に再燃したときも、竜歌さんのライブのレポを読んですごく興奮したことを思い出しました。いつもいつもありがとうございます(TT)。
    本当に、また京様のコンサートもあればいいですね。そして、お二人のコーラスを生で聴きたい!!

  2. 詳細なレポート、ありがとうございます!
    京本さん退場後のノアさんの一言がツボでした。
    思わず低姿勢になるぐらい、京本さんもこの日を楽しみに大事に思っていらしたんだろうなぁと、なんだか嬉しくなると同時に、竜歌さんと同じく、普段の関係が偲ばれますな。
    私も、お二人の声は本当に相性がいい声だと思います。どちらがコーラスにまわっても、お互いを引き立てられる、滅多にないコンビだと思います。
    また、ライブで聴きたいですね!

  3. >さくらさん
    とっても素敵なコンサートでしたよー。
    ノアさんの歌声は本当にたくさんの方に聴いていただきたいと思ったので、
    私のライブレポで興奮なさったなんて、、こちらこそありがとうございます。書いた甲斐があります(><)
    京本さんのコンサートもあったらいいですよね!
    これからもまた参加できたイベントなどがあればレポしていくつもりです(^^)
    >桂さん
    あの一言には私もツボってしまいました(笑)
    普段の関係、何だか微笑ましいなぁと。
    京本さん、ノアさんのことをめっちゃ褒めちぎってらっしゃって、それが本当に心から!っていう感じで話し方も力強かったです(笑)
    お二人の声の相性はすばらしいですね。だからこそ何十年も一緒にやってこられたということもあるでしょうけど。どちらが主張しすぎるでもない、素敵なハーモニーですよねー♪
    ぜひまたライブで実現してほしいです(^^)

Comments are closed.

コメントは現在受け付けておりません。