ちりとてちん#91

順ちゃんと友春くんの問題が終わり、魚屋食堂では、、お客さんが順ちゃん結婚の話をしてました。
「そうなんよ~塗箸製作所の御曹司がどうしても順子やないとあかん言うてね~」
…話を美化してる。。しかも懲りずに自分で言いふらしてる。。。
松江さん、、あんたって人は。。。
さりげに「アホボン」から「御曹司」に昇格してるのはウケましたが^^;
あんなに凹んでたくせに自分で美化して言いふらすとは、雀のお松、流石。。。
糸子さんも「松江さんはああでないと面白ないわ」と笑っています。
あれ?お母ちゃんまだ家に帰らないのか。

その頃、草々さんは箸工房でお父ちゃんを手伝っていました。お父ちゃん、
「秀臣さんは何であっさりと友春くん許したんやろか思うて…。何ぼアホや言うても、跡継ぎに考えとった長男よそへやるのはよっぽどのことやで…」
「やっぱり心配なんですね。兄弟みたいに育ちはったんですもんね」
と、草々はお父ちゃんには何故かすごく優しいです。やっぱりお父さん代わりだから特別なのかなぁ。
正典さんは、心配なんかしとらん!と休憩という名の照れ隠し(?)で外に出ていきました。

喜代美は仕事を休んでいることを気にして、久々に師匠に電話をかけましたが、大阪では、草原兄さんたちが分担してテレビの仕事をしていました。ちょうど寝床でロケをやっていますが、、、

「居酒屋↑(声裏返)居酒屋寝床にきております!ちょっといただいてみようと思いますー(ガチガチ)わーおいそしー!
そんな噛み方しないだろ。。。
僕が替わってあげますと四草が相変わらず態度でかく替わりにやりますが、あからさまに不味そうな顔してます(使えん)。
続いて小草若が出てきて底抜けに~ハイテンションにレポートしますが、勝手に自分コーナーにしちゃったのでみんなでマイクの取り合いになってボロボロです。結局みんなダメダメでロケ中止になってしまったようです^^;(使えない兄弟子だな。。)
大人しく喋れる小草若に任せればうまくいくと思うんだけど。。(笑)

師匠に、草々とは仲直りできたんか?ときかれて、自分たちの夫婦喧嘩を思い出した喜代美。。
不安そうに工房に行くと、草々さんが一人でいました。これできっときっぱり別れられてしまうと妄想しながら怯えていると、草々から、
「人間も箸とおんなじや。砥いで出てくるのは塗り重ねたもんだけや。悩んだことも落ち込んだもんも綺麗な色になって出てくる。お前もなりたいもんになれ」
喜代美は吃驚してましたが、あれはお父ちゃんが内弟子修行するという喜代美を心配してこっそり徒然亭に来た時に言った言葉ですね。その言葉が、小浜にきて草々には改めて身に沁みたようでした。
「もうどうでもよくなった」
という言葉が出ます。正典さんが正太郎ちゃんから受け継いだ言葉を、更に草々に受け継がれていました。その言葉によほど感動したのか、
「これから、お前と一緒に人生を塗り重ねて行きたい」
という草々。
「俺がお前の模様になりたいし、お前に俺の模様になってほしい」
腹立つことやなにやらいろいろあると思うけど、それも夫婦の面白い模様になって出たらいいと。
順ちゃんのことを切欠に、仲直りできた二人はいい雰囲気になっていました。が、




喜代美ぃーーーーーーーーーーーー!!!!




だから声がでかいって!!!(T▽T)
草々が心臓止まりそうになってます(爆)
にゃーーvv小次郎お帰りーーーーーーー!!!!!!
「小次郎叔父ちゃん;;いつ来たの?」
「あ?あはっvvいや今や♪なっちゃんがどうしても行く言うさけぇな♪」

可愛い。。ホント可愛いな今日の小次郎。

「喜代美ちゃん!夫婦喧嘩したんやて??なんでそれ早よ言うてくれへんの!本のネタになるようなことは逐一知らせてくれんと!」
夫婦喧嘩取材しにきたのかよ。っていうか小次郎、奈津子さんに逐一話したんだ(笑)
「あの…仲直りしたとこです♪」
というとがっかりする奈津子さん^^;
一方で小次郎は心から嬉しそうでした。
「ええやないか、仲直りしたんやし」
「そやかて私はこの本に懸けてんのに…」
「へへへ♪(可愛い)いつ出版できるのかもわからんような本に、そんな必死にならんでもええやん」
とバカにしてる小次郎に奈津子さんがぶちきれます。
「あたしに説教!?そんなことは一人前に稼いできてから言うて!」
「なっちゃんが仕事できるように炊事やら洗濯やらしたってるやないけぇ!」
仕事するっていう選択肢はないのか小次郎。
「何を偉そうに、居候の分際で」
あんたら恋人じゃないのかよ。。。
「ほうですかー!そないに思っとったんですかー(不貞腐)」
きゃーvvなんかボロクソ言われて可哀想だけど、不貞腐れる小次郎って久しぶり☆☆☆☆☆
やっぱ小次郎はこうじゃなきゃ!とまるで松江さんを見てるときの糸子さんのように思いました。
「んもう!夫婦喧嘩取材にきて自分らが喧嘩せんといてよ!!」
ちょっと草々が引きながらもちょっと微笑ましそうに見えたのは気のせいですかね。
何気に、女のほうが稼ぎが多いとか、喜代美夫婦と小次郎カップルとまったく同じ内容で喧嘩してるのに、小次郎たちは大してシリアスな喧嘩になってないところがウケました。まぁ小次郎そんなに根に持つタイプじゃないからね。草々は要らんプライドも何もない小次郎を見習うといいと思います(それも困る)。

食卓でみんなで食べてますが、、喜代美、草々、正平ちゃん、お父ちゃん、小次郎、奈津子さんって、、6人分のおかずは喜代美が作ってるようです。お母ちゃん早く帰ってきたらいいのに。正平ちゃんも、姉ちゃんの料理に文句言ってて早く糸子さんに帰ってきてもらいたい様子。
「ええ歳して夫婦喧嘩なんかすなや!」
と小次郎。ええ歳してそっぽ向いてるあんたが言うな。
「ええ歳してっておまえにだけは言われたないわ!」
「何やとぉー!?」
ホントええ歳の二人が。。。だからホント可愛いな小次郎。
「兄弟喧嘩やめぇ…」
と奈津子さんが何故か急にいい人モードです。
「ま、仲直りするには演出が要るわな(何故か嫌味な喋り方)」
「演出?」
「ほやー。夜景の綺麗なホテルのバーに行くとか、朝目が覚めたら薔薇の花が敷き詰めてあるとかやな」
「なんで金もないのに金かかりそうなことばっかり思いつくのやおまえの頭は!」
お父ちゃん、すんごいまくし立ててる。。。
しかし、夜景の綺麗なホテルのバーも薔薇の花も
、すんごく京本政樹イメージなアイテムなのに、、小次郎が言うと似合わねぇ。。。

「イベントねぇ。五木ひろし貸切コンサートとか!
と、小次郎レベルに金銭感覚無視した計画を思いつく喜代美。
「もうええ。わしはお母ちゃんと仲直りする気はないからな。向こうが頭下げるまで家には入れる気はない!」
と胸張って言うお父ちゃんに、
「つい昨日思いっきり入っとったやないけぇ!!」
と突っ込む正平ちゃん。そういえば普通に家にいて仕切ってた(爆)
「大体、お母ちゃんがいつも五木ひろし五木ひろし言うとるのが気に入らん!わしが風呂上りにパンツとってくれ言うとんのに、今ひろし出とるからちょっと待ってーとか、そういうこと平気で言うんどぉ!?風邪ひいたらどないするんどぉ!」
と五木に八つ当たりです。パンツくらい自分で取りにいけよ。
「それは、、許せませんね!!(怒)」
草々あんたまで。。。
「何が五木ひろしや…あの柔和な微笑みにわしゃ騙されんどぉ!!どんだけピカピカなスーツ着て決めとったってな、あら絶対腹黒い!!賭けてもええ!」
いやいや賭けなくていい。四草かあんた。

すると人が訪ねてきて、草々さんが玄関に出ていきました。すると、そこにいたのは







いかにも五木ひろし





家まで来ちゃったよひろし。。。
しかも草々、まったくリアクションがありません。もしかして知らない??
ひろしは草々さんを喜代美のお兄さんと間違ってますが、
「若狭やったら私の妻ですが(だから本名で呼べって)」
と言われてちょっと吃驚してます。草々に呼ばれて、出てきた喜代美はひろしを見て当然吃驚します。
「おおお、お父ちゃん!!みんなも来て!!五木ひろしや!!!!」





え゛えええええええええええええ!!!!!!!!





小次郎うるさい(爆)

真っ先に飛んでくる小次郎。五木ひろしや!と指差します(こら)。
続いて奈津子さんも飛んできて、ほんまや!五木ひろしや!と指差します(だから…)
みんなが吃驚してるので、
「ほぉ~これが五木ひろしかぁ」
と暢気な草々に、
「何で知らんのど!(スパーン!)」
と、かなりナイステンポな小次郎の頭突っ込みが入ります。小浜人なのに大阪のノリです。でも、ほぉ~これが京本政樹か、って本人の目の前で言う奴がいたら、多分うちもあれと同じ速さでぶん殴ると思う。
後からお父ちゃんも正平ちゃんもきますが、お父ちゃんが、

「喜代美また変な冗談を…わ五木ひろし!!!」

って変な声出ちゃってます(爆)
小次郎が吃驚して振り返ってるじゃないか。
五木は4年前、喜代美を待たずに帰ってしまったことが気懸かりで来たのだとか。順ちゃんに聞いて家まで来たらしいです。
「なんてええ人やぁ…TT」
とえらい感激している正平ちゃん(笑)
しかしどんなタイミングの良さだよ!気懸かりでいまさらくるなんて、4年間休み一日もなかったのかよ!
喜代美はこんなチャンスはないとお母ちゃんに電話をかけに行きますが、五木ひろしが来とる!と言っても、どうせお母ちゃんに帰ってきてもらうための嘘だと思って信じてくれません。電話越しにひろしの声を聞かせたらお母ちゃんならわかったんじゃないのか??
しかし、誰よりも五木ファンなのに2回も見逃すなんて、、お母ちゃんってホント五木運ないなぁ。。。

しょんぼり帰ってくると、ひろしがお父ちゃんの箸を褒めちぎっていました。
「これ一膳求めさせていただきます」
とひろしに言われ、
「えぇ??わしの思ったとおりええ人やぁ♪♪♪」
と、さっきまで罵詈雑言言ってたくせに手の平の返し方があからさまなお父ちゃん(笑)
お母ちゃんに信じてもらえなかったというと、
「魚屋食堂で五木ひろしゲリラコンサートやろう!」
と、本人目の前にイベントを企画しようとする小次郎(爆)
しかしみんなして、五木ひろし本人目の前に、五木ひろし五木ひろしって呼び捨てにして。。
しかし、ゲリラコンサートというと郷ひろみを思い出します。
来ないお母ちゃんが悪いんだと怒りながらも、今包んで参りますんで~♪と
「何か事情がおありのようですが…」
と人の家の事情に首を突っ込む五木ひろし。
夫婦喧嘩中だと話すと、拳で手の平をポンと打ちながら
「私にいい考えがあります!」
だから五木は一体どんな力を持ってるんだ。しかも、

「えらい古典的な思いつき方やな…」

と、いつの間にか突っ込みキャラになっている草々。お父ちゃん見ててうつったのか??
来週は、五木ひろしが夫婦の危機を救う!のか…?
お母ちゃんとお父ちゃんの若々しい姿が(笑)
あそこに高校生の小次郎が出るのか。。。ウケルんだろうなぁ。。。
こんなに来週が待ち遠しいときはありません。



さて、、Yahooフォトギャラリーに次週の写真が出てますが、その中に


小次郎17歳がいる!!


可愛い!何これ!(爆)
可愛すぎてウケルんですが!
何だろうこの身体の弱そうなオーラは。。
雪見大福だよこれ!お雛様だよ!!
ていうか17歳の時の京本さんより可愛いじゃんとか思ったのは間違いですか。。
うわぁ、、早く動いてる小次郎17歳が見たい。。
何気に兄ちゃんに寄り添ってるのが可愛くてたまらない。。
しかし、

子供の頃からなんかアホっぽいな(爆)

マサキの場合、もう高校生に見えるとか見えないとか、若いとか若くないとか、そういうの超越してるよね。見たときの感想が、、

何!!??

ていう感じ。これなんて生き物!?ていう感じ。
ちりとて公式のスタッフ日記に書いてあったけど、、20代に見間違えられるって、、、当たり前だ。


20代のうちと同じくらいに見えるんだからな(悲)


ただ、京本さんの場合、若い人とは明らかに違う、、何だかただならぬド迫力があるんだけど。。。
やっぱ、ド迫力高校生なんだろうか、17歳小次郎(爆)

タイトルとURLをコピーしました