ちりとてちん#25&LUXG

ようこそのお運びで♪
パンクな格好をしてネギを持つってかっこいいと思う私です。
「LUXG」12月号が届いたのよー!
10月号のアルファードビーサンマサキもかっこよかったんだけどね、今回のファッションたまんないんですけど!!
っていうかこれただのアディダスのジャージなのか。サングラスが色薄だから、ジャージがすごいサイバーに見えたよ。DASEINのリッキーみたいだ。アディダスがフェトウスに見えたよ。似合わない人が着ると大変なことになるあのフェトウスをマサキならきっとかっこよく着こなしてくれると思ったよ。
兎に角サングラスサングラス!(うるさい)
最近京本さん、薄いサングラスよくしてるじゃないですか。やっぱ真っ黒いサングラスより目が透けるくらいのがいいよねー。せっかく綺麗な目なんだし♪
しかしあのバイク、バイクとは思えないくらいデカイです。。バイクの中で生活できそうです。。(それはどうか)
あぁ、、小次郎ファッションと全然違う。。。(笑)
ここで写真見られるよ♪(PDFだけどね)





さて今日のちりとてちん、まだ大阪にいるので小次郎出ませんでしたが、何かいい話だったなぁ。

オムライスをおごってもらって上機嫌になったばかりの喜代美の前で、A子と草々さんが出会ってしまいました。。。

「友達?」

不思議そうなA子です。どう見てもヤクザだもんなぁ。
草々さん、一目惚れしちゃったのかな、、と思ったら即行家に連れて行かれます。
小さい引き出しをゴソゴソひっくり返して新聞の切り抜きを引っ張り出す草々さん。

「やっぱり!恐竜の化石見つけた高校生や!…和田、、和田、、、きよのうみさんか?
「きよみです。。。」

相撲取りか!

どこにそんな名前の女の子がおるんじゃい。
寧ろうちは最初「せいかい」かと思ったよ。真田十勇士か(そんな女の子もいないだろ)。

「わだきよみ、、どっかできいたことある名前やな。。」
「私です」
「おまえか」
そっけな!B子の名前覚えてないし。。。寧ろ、名前言ってないかと思ってた。
「草々さん、恐竜好きなんですか?(作り笑顔)」
「おー!恐竜はデカイし、強いし、、、。。。。。」
「速いし!」
「ちゃうわ!」
「姿勢悪いし!」
「なんでやねん!」
速いは合ってると思いますけど。
「ロマンが、、ありますよね。。」
こりゃA子!何を話膨らませとるんじゃい!
恐竜に詳しいA子の話をきいて、草々さん、益々時めいちゃいます。

A子を送ってきた喜代美。ここで大阪に出てきたA子の悩みを聞かされます。A子はA子なりに大学に馴染めなくて悩んでいる様子。一人で住むとこ見つけてB子は偉いと。いや、見つけたっていうかすんごい強制的に住むはめになった気がしますが。。。
いっつも光の部分にいて、しかも恋敵的存在になりつつあったA子のちょっとした弱い部分が見えました。

師匠と草々さんとご飯食べてると、草々さんが師匠に同姓同名のA子の話をします。まるで二人は喜六と清八やなと。
「しっかりもんの清やんとアホの喜ィ公や」
「アホ。。。」

お膳拭きながらボーっとする喜代美。
「ライバル出現か」
背後から師匠の図星な声が入ります。
「気づかんほうがおかしいやろ。…あいつも鈍やさかいな」
そうだなぁ、鈍と鈍で、お似合いなんだよなぁ、A子と草々さん。
「あいつの初恋の人、教ぇたろか?」
「!?(食いつき)」
次の御用日のとうやん(?)」
そういう落語があるらしいです。最初「次の土曜日」とか「杉の土曜日」とか全然わかんなくて、やっと探し出しました。。。御用日とは裁判のこと。
「とうやんっちゅう純情可憐な娘さんがおってな、帰りに道で会うた男に

あっ!!!

…って言われて(喜代美吃驚してジャンプしちゃってます^^;)可哀想に寝付いてしまうんや。その頃、草々まだ内弟子になったばかりで15くらいやったな。とうやんが可哀想や、助けてやりたいぃ言うて涙ぐんでなぁ。あいつの中で女の子っちゅうのはか弱くて守ってやりたいもんなんや」
草々さん可愛すぎ。そりゃ恐竜も好きになるわ。
「か弱い…」
喜代美って、か弱い女の子として見られてなくない??
んじゃこの前のオムライスは、、、餌?

ところでこの「次の御用日」って、テーマが、


あっ!!!


なんだよ(爆)


で、この次の場面で、清海の前にキモイストーカー男が現れるんですが、、そこに草々さん現れて助けてくれました。
学園のアイドル清海ちゃんなら確かにストーカーの一人や二人や三人いてもおかしくないよね。あー、、これでA子と草々さんが益々近づいてしまう。。。
でね、このストーカーがサークルの先輩で「藤吉さん」って言うんですよ。
さっき師匠が言ってた「次の御用日」で、とうやんを気絶させちゃう怖いやつの名前が「天王寺屋藤吉」っていうの。だからさっきの場面と連続だったのねー。
そういや、とうやんの本名が「おいと」なんだけど、糸子さんとは関係ない??ま、いいや。
…そういえば草々さんのズボンが最初の頃ほどツンツルテンじゃなくなった気がするのは、見慣れたせい??

しかし折角恋が芽生えたのに、とんだ邪魔が入った喜代美、泣きながら順ちゃんに電話します。

「人の気持ちはあんたにはどうすることもでけへん。えぇ女になり。それで草々さんが好きになってくれるかはわからんけど、あんたにできることはそれだけや」
「わかった。。(;_;)」
電話の向こうで渋く頷く順ちゃん(笑)

どうしたらえぇ女になれるんだろう、と悩みますが、身近にいるえぇ女といえばやっぱりあの人です。

「料理やな」
コンビニおかず(肉団子か何か?)突付きながら、説得力あるようなないような。。。
「肉じゃがなんか!!男を釣るための見え透いた道具やっちゅうのん何して気づかへんかなぁ!!(泣怒)」

と、今日はメガネかけてないのに豹変します。。

「そもそも恐竜の化石の話が怪しいー!(怒)そもそも先生が勝手にやった言うけど、わかってて止めへんかったかもしれへんやーん」
「いやそれは。。;」
「新聞載るだけならいざしらず、、しゃーしゃーと男まで持ってこやなんて、、これやから肉じゃが女は!!TT

肉じゃが女!!!!う゛ぇぁぁぁ(TAT)」

「何の話しとるんですか;」

どうやら奈津子さん、肉じゃがが上手

タイトルとURLをコピーしました