ちりとてちん#19


「落語家の家に置いてきたって、ようそんなこと許して帰ってきたなぁ!」

正典さん、糸子さんから事情をきいて余計ハラハラしてます。鴨居に頭ぶつけそうでドキドキ。。。(何を見てる)
まぁ確かに、不出来な娘を見知らぬ落語家の家(しかも男所帯)に置き去りにしてきたなんて、普通の親なら心配するよね。なのに、正典さん以外誰も心配してないところが可笑しい。。ところで、糸子さんの不倫疑惑は晴れたんですかね(笑)
咄嗟に立ち上がる正典さん。

「どこ行くん!?」

最近の小次郎って、兄ちゃんより冷静だな。
あれ?そういえば今日のシャツ、よそ行きだね。小次郎、どっか行ってたの?

正典「何でや?」
糸子「何となく!」

これだけで通じ合ってる夫婦が何だかいいなぁと思いました。フランス映画のラブシーンみたい(そうか?)

「母ちゃんは鼻がきくやな」
「そうそう、外見ただけではわからんスイカの中身、腐ってるいうて当てるしなぁ」
「スイカと人間一緒にすな!」
「へっ♪」

だから何でちょっと悪そうな笑い方するんですか。小次郎と正平ちゃんがやっぱり何気に仲良さそうなんだよねー。
しかし腐ったスイカってどんな臭いがするんですかね。。

「(草若さんが)お義父さんに似てる気がするんです」
「正太郎ちゃんに…?」

小梅祖母ちゃん、正太郎ちゃんネタには食いつきますね。


大阪の草若家では朝ご飯を作ってる喜代美。
焼いたメザシの網を素手でつかむ草々兄さん。
え、あの、じゅーって言いましたけど。。熱くないんですか。。;と思ったら



「熱っ!!!」



って鈍っ!!!



あれは大火傷でしょ。。
喜代美の作った味噌汁がしょっからかったらしいですが、、草々兄さん、美味しそうに飲んでます。味音痴でもあるんですか。。一体どこまで鈍いの。。。
ところで食材はどっから?食費は割り勘って、、喜代美の持ち金も心配ですが、寝床にツケためまくってる草若家に毎日の食材買うだけの金がちゃんとあるのか。。。草々兄さん一人分でも相当な食費だろうに。。。

師匠の昔のことあれこれきくな、という草々兄さん。大食いで鈍くてズボン短いのに(それは関係ない)師匠のことだけは敏感なんだね。
「喜ィ公」
と呼び出しました。喜代美の喜は、喜六の喜なので、喜ィ公。落語に出てくる、


「代表的なアホや」


まだ大阪ではアホというほどアホはやらかしてないと思うのに、いきなりアホの烙印を押されました。。。寧ろ嵐のようにきて壁に穴あけて帰ったお母ちゃんのほうがよほどアホじゃないかと。。


奈津子さんのところにアシスタントにいく喜代美。家に行きましたが応答がありません。勝手に入っていくと、、えらい散らかった部屋(うちよりましですけど)の中に奈津子さんと思しきヨレヨレの女の人がいます。
締め切りに追われ、喜代美にあんまり気づいてなかった模様。。。しかも無意識にこき使ってます。。。
仕事が忙しいときだけなのか、家では別人のように柄が悪い。。。

締め切りに間に合って元の奈津子さんに戻る奈津子さん。

「喜代美ちゃんが住んでる家、徒然亭草若っていう落語家なんやて?」

草若のところに上方落語の取材してもいい?と言われます。
この前、家の前まで行ったのにその時何にもきかなかったんですかね?
小草若さんのところに取材に行ったことはあるらしく、
「知らん?


底抜けに!!(上指差し)痺れましたがな!!(正面指差し)」



; ̄ロ ̄)!!



「…ってやる人」

先言うてくださいよ!!

テレビにもいっぱい出てるらしいですが、、タイガー&ドラゴンで言うところの、タイガータイガーじれっタイガーみたいな人ですね。。しかもそういう落語家、実際いそうでちょっとリアル。。。
落語家なのに一発ネタ系のキャラっていうと、どうしても林家三平のどうもすいませんを思い出します(古)、って言ってもよかったんでしょうか。。。
喜代美ちゃんにインタビューしてもらってもいいからと言われて、ちょっと喜んで妄想する喜代美。

「レコーダーを回してもよろしいでしょうか」(あ、何かできる秘書に見えるぞ)

「イエース♪」




なんで小草若が外人!



しかも字幕の意味がありません。



寝床では、喜代美の噂。
床屋の磯七さん、草若も人恋しくなったんちゃうか?と。この人は口は悪いけど草若の心配ばっかりしてますね。よっぽど大ファンなんですね。

一方、箪笥から着物を出してる師匠。
草々兄さん、借金の形に売りに出すんだと思って慌てて取り上げます。

「ちゃうがな、わしが旦那でお前が若旦那、たらふく食ってそこら辺のおっさん指差して、番頭が払う言うて出てきたらええねん」

…あんた詐欺師ですか。

「師匠、、、あのときは後で払うたからシャレになったんです」

そうだそうだ!草々兄さん、何気に常識人です。っていうか師匠は半分ボケてるんですか?


喜代美が帰ると、草若さんのとこになにやらチンピラ風情の男がいます。
どっかで見たことがある。。。(場面転換)

「えぇ!!B子が大阪に!?」



友春!!!



アホの坊ちゃん2連チャンできたんで吃驚です(爆)
ヤバイアホウケルわ。。小草若は大阪版A子兄なのか。
ってかホントアホ率高い番組だな!

A子兄、相変わらず加勢大周みたいなファッション(いつも同じ服?)何故か焼き鯖の順ちゃんの家にいます。ってかなんでA子兄が順ちゃん家に?まさか喜代美の居所を探しまくってた?
でも喜代美はA子の家にいたのに、A子は兄ちゃんとまるっきり連絡取ってないのかなぁ。
それはさておき、小草若は師匠の息子でした。
帰ってきた喜代美を見て、草若の愛人か何かと勘違いしたらしく、こんな田舎臭い娘といきなり暴言、お前ホント失礼なやつだな!っていうか、そういうとこまでA子兄にそっくり。。。
と思ったら、頭にきた喜代美、かばん、、かばんを、、、



ボカー!!



やっぱり(爆)
アホにはカバンで返礼(何故か修羅之介風)
殴られた小草若、、、



「底抜けに、、、






痺れましたがなー☆☆☆」





ヤバイぞ、、またアホに惚れられたぞ喜代美。。。





父親の草若に悪態ばっかついてる小草若に帰ってきた草々兄さんが、
この親不孝もんがぁぁぁ!!!とぶちキレます。
「夜爪を切るなぁ!!(怒)」
親の死に目に会えないってやつですね。
「いつになったら死んでくれんねんこの恥晒しはぁ!」
悪態ついて草々兄さんに掴まれてます。
師匠、寂しそうに「スケジュールわかったら連絡するわぁ」と言って部屋に入ってしまいます。このときの小草若がちょっと寂しそうでした。悪態ついてるけど悪い人じゃなさそう。しかも草々兄さんは親のことをすごく大事にする発言が多いね。親の死に目に会えなかったのかな。師匠が親代わりだと思ってるんだねきっと。

徒然亭は訳あり一門みたいですね。

ってかこれは今後、喜代美をめぐってA子兄と底抜け小草若の対決ありな予感(笑)

喜代美ちゃん、アホにもてすぎです。



それはそうと、大阪のアホぼんぼん狂言の茂山さんじゃん!
10年くらい前にNHKの、太秦?かなんかに出る幽霊系のドラマで、橋龍吾とかと一緒に出てたときすごい好きだったんだぁ♪
またあのドラマ再放送しないかな。森口瑤子(順之助様ぁ~♪の女の子)がめっちゃ美人だった。



☆拍手さん
・シン様
はじめまして!いつも日記を見てくださっているそうでありがとうございます(^^)
ちりとてちん、面白いので是非DVD化されたらいいですねー。そしたら後でゆっくり見られるのに。。イラストもまた描きたいと思います。よろしくお願いします♪

タイトルとURLをコピーしました