森田健作 青春もぎたて朝一番!(2021.04.11)

朝早い番組だな!と思いましたが、普通に5時頃目が覚めてリアルタイムで聴けました。歳です。

先日千葉県知事を退任された森田健作さんがパーソナリティを務めるラジオがBayfmではなく、Nack5で始まりました。敵国です。いや、埼玉デュークの国なのである意味味方です。
そして、その華々しい番組スタートにお呼ばれしたのが、弟分・京本政樹さんですよ。森田健作さんと二人で喋るとたまにどっちがどっちかわからなくなりますよ。

さらに!

なんと森田さんのアシスタントが、あの「必見四日市」シリーズで町娘役を演じられた風谷南友さんじゃないか!!そんな、埼玉で千葉で四日市な、ワールドワイド(?)ラジオがスタートしました。マンスリーゲストなんだね。
京本政樹といえば「パラパ―(パラパパ―)」なのと同様に、森田健作といえば「さよなーらは誰に言うー♪」で始まるんですね。これを聴くと、朝だなあという気持ちになります。あ、あと「友達よ泣くんじゃない」も流れましたね。この曲の場合は、「きーみーの~~~」からマサキのモノマネで脳内再生されて困ります。
森田さんと京本さんが勝手知ったる仲なので、リラックスしすぎです。リラックスしたおじさん二人を背景に(笑)、淡々と番組進行する風谷南友さんの構図が面白すぎます。モリケンとマサキの喋りがBGMみたいになってるし!風谷南友さん、ラジオで改めて聴くと、色っぽい綺麗な声ですね。

アクアラインを3000円から800円にした結果、経済効果が上がったという話の流れで、33年ぶりに木更津に小学校ができたって、知らなかった!33年ぶり!?県民だけど知りませんでした。
そう、森田健作さんと京本政樹さんがこうして度々ラジオ共演してくださったおかげで、県民ながら初めて知った情報が数々ありましたね。伊勢海老がとれるとか、梨の名産だとか。森田さんはアクアラインの値下げはもちろんですが、県民さえもが「東京都の植民地」だとずっと印象付けられていた、千葉県のいいところをたくさん教えてくれましたね。

「僕はね森田さん、そんな森田さんのラジオに来るにあたって、自分の舞台の宣伝もそっちのけで!」
「君の舞台はもうお客さんいっぱいだから大丈夫だろ(笑)」
「正直もう入れられないんです(笑)あ、南友ちゃんも抜刀をやるんですよ」

あれ?唐突に抜刀の話??今の話の流れからいくと、もしや今度の舞台、組長の抜刀シーンがあるんですか??殺陣!あるの!?どうなの!?その答えは2日後にわかるわけですが(笑)わー舞台待ち遠しいわあ!

「お二人忘れてませんか?ボク、ゲストですよ?」

 

さっきからずっと喋ってましたが!?

 

そして、南友さんがきっちりゲストの経歴を説明してくださっているというのに、里見八犬伝くらいまで来たところで、

「あ、大丈夫。必殺仕事人やってた人っていえばわかるから

何そのアバウトな説明wwwいや、アバウトであって核心なんだけどさ。
その流れからの、森田さんも必殺メンバーという話、天平さんをちゃんと勉強してきている風谷南友さん。ガヤガヤ騒ぐおじさんたち。

この日、森田さんのラジオの収録のために、舞台稽古を抜けてきたんだって。今頃代役の方が頑張ってらっしゃるそうです。代役の方、ありがとうございます!

「本番はボクがでないといけないですから」

当たり前です。

森田健作と京本政樹がお互いにゲストになると、ほぼ100%の確率でお馴染みのエピソードが来るわけですが、森田さんの起床時間が5時から4時にアップグレードされていたのが笑いました。そんなに早く起きたら、私ならもう一度寝ます。
ていうかマサキ、9:30に寝るって。昼夜逆転やないか!ちゃんと寝てください。あ、寝てるのか。

ゲストコーナーが終わると、日本酒のエピソードコーナーがあるようです。日本酒、いいですよね。私は何か食べながらというより、日本酒そのものの味を楽しむ派です。最近は金沢に行く機会が増えたので、金沢のお酒をよくいただきます。美味しいよ☆

タイトルとURLをコピーしました