EC CUBE3で商品CSVファイル一括編集が面倒すぎる

ただいま仕事でショッピングシステムEC CUBE3をいじってるんですが、何これちょっとクセが強すぎやしませんか。。。

色々言いたいことはあるのですが、とりあえず他は慣れればどうにかなることなので、たった一つ

商品CSVアップロード

について書きたいと思います。

やることは、商品一覧をExcelとかLibreOfficeとかの表計算ソフトでCSVファイル保存して一括ダウンロード&アップロードというよくある方法なんですが、これがクセ強すぎというか、バグなんですか?というレベルに難あり。。。

一番確実なのは「雛形ダウンロード」で、項目名以外まっさらなCSVファイルをダウンロードすることではあるんですが、「商品削除フラグ」だの「商品規格削除フラグ」だのなんだのかんだのって、初めて触るとなんのことかさっぱりわかりません。なので、私は、いくつか商品を手入力した後で、商品CSVファイルをダウンロードして編集すれば確かかな?と考えたんですよ。考えるでしょ?うまくいくと思うでしょ?

それがさ、何度アップロードしても「2行目のなんちゃらがありません」とかいろんなエラーが出てアップできないんですよ。。。

で、ある時気づいたのです。

 

ダウンロードした項目、、雛形のと違わない???

横長なCSVファイルを2つ並べてじっくり見たところ、違うんです、アップロード用と、ダウンロードしたものの項目が。んなアホな。

(新規アップロード用雛形CSV)

1 商品ID
2 公開ステータス(ID)
3 商品名
4 ショップ用メモ欄
5 商品説明(一覧)
6 商品説明(詳細)
7 検索ワード
8 フリーエリア
9 商品削除フラグ
10 商品画像
11 商品カテゴリ(ID)
12 タグ(ID)
13 商品種別(ID)
14 規格分類1(ID)
15 規格分類2(ID)
16 発送日目安(ID)
17 商品コード
18 在庫数
19 在庫数無制限フラグ
20 販売制限数
21 通常価格
22 販売価格
23 送料
24 商品規格削除フラグ

 

で、じーーっと眺めて新規雛形ファイルと同じ項目の行を足したり並べ替えたりしてアップロードに成功はしたんですが、、、こんなことダウンロードの度にやってたら面倒くさすぎる。。。

ということで、まあ大した方法ではないんですが、ちょっとはやりやすくなりそうな方法を考えてみました。

EC CUBE3の商品マスターのページで、ダウンロードする出力項目を設定するところがあります。

こんな感じで設定ができるので、最初から出力項目を固定しておけばよかった。

赤線を引いたところは仮項目です。何せ、雛形と全く同じ項目が既に揃っていないので、とりあえずCSVファイルの列数だけでも揃えるために、適当に余ってる項目をその位置に設定しておきます。

上の雛形項目を見ていただいて、9「商品削除フラグ」、24「商品規格削除フラグ」の代わりに赤線の項目を設定しました。

どうせ書き換えるのでどの項目でもいいです。位置さえ合ってればいいです。

そう設定しておけば、あとは開く度に該当の2列を編集するだけでいいので、だいぶ楽になると思います。私はなったけど、ならないかもしれませんが。。。(え

EC CUBE4っていうのが出てるらしいけど、そっちでは直ってるのかなあ。。。しかし、EC CUBE、プラグインとかphpバージョンの兼ね合いとかでやたらとバージョン変えられなさそうなので、、、できることならEC CUBE3の段階で改善されるといいですよね。。。

以上、完璧ではないけど若干楽になる方法でした。

タイトルとURLをコピーしました