もしもで考える・・・なるほど!なっとく塾

あら、この番組森田健作さんがMCの番組だったんだね!

Speakにも京本政樹&森田健作コンビの共演番組が予告されててめちゃめちゃ楽しみにしてました☆

しかし、今日は風がやたら強かった。。。おかげで内容はかろうじてわかったものの、ひどい映像ノイズと途切れでもうイライラしちゃって。。。めったに観ないのに、最近、BSで観たい番組を録画しようとすると必ずブロックノイズが入ったりしてたので、もういい加減なんなの!?となってたんですけどね。イライラしながら番組を見終わった後、ついにもう受信レベル0ですよ!ああ、イライラはしたけど、かろうじてマサキの番組の間だけ頑張ってくれてたのね、、、とまだショックが収まりましたわ(お優しいフォロワーさんたちがお声をかけてくださってありがとうございました;;)

さてそんなことはどうでもいいんですが、初っ端から飛ばすなー青春コンビ(笑)森田さん、

「すごいじゃないか!京本がいるよ!」

いるだけですごいマサキ(笑)森田健作さんと共演してるマサキはほんと少年のように楽しそうなので大好きです☆

その前に秘書役の女性をご紹介しようとすると、古典的にずっこけるマサキ。大阪の血健在です。小野真弓さんとかぶっちゃあさんが出ているので、千葉テレビの「熱血BO-SO TV」を観ている気分になってきました。にしおかすみこさんも出てるー。この方ネタの格好してないと普通に美人だよね。ああいう芸当する人に思えないよね(笑)

「京本は初代からこの塾に入ってるんだ!(熱血)」

「そうですよ!」

って当たり前のように話が進んでいきます。流石兄弟分。

※親交が長いということです。

「しかも今日の放送日、私、還暦、還暦」

と、なぜかジャケットの襟のキラキラを指差して強調するマサキ。赤とかじゃないんだ。還暦に全く関係ないキラキラだけど。キラキラでスペシャル感を出してみたということでしょうか(笑)

「すごいじゃないか!ついに俺を抜いたじゃないか!」

っていうモリケンおなじみの返し。「俺は男だ!完結編」そして「I am 日本人」でついに役柄上モリケンの年齢の役を超えてなんなんだって言ってたのを思い出しました。ほんとこの二人の関係好き(笑)

しかし、モリケンゆかりの人たちばかりなのに、森田さんがなんか話を振ってくるたびにみんなちょっと戸惑ってるのウケるよね。

モリケン「たとえば、太陽が出てる!あったかいだろう!」

ぶっちゃあ「あ、あったかいです。。。」

モリケン「寒い所で息をしてみろ!白いだろ!」

マサキ「し、白いです。。。」

なんかもういろいろ面白すぎるんだけど(爆)

内容は「もしも地球が四角だったら」と「もしもプレッシャーがなかったら」の2本立てで、専門家の先生の説明を聞くんだけど、どちらもすごく興味深かったなー。

地球が四角だったら、「断崖絶壁になるんじゃないですか?」って、京本さんすごく冴えてるわ。ちょいちょい正解を出して頭の良い京本さんを観てニヤニヤしながら、そして度重なるノイズの怒りと戦う私です。


プレッシャーの話では、森田さんが実は演説の時とかすごくアガるっていう話を聞いてすごい意外でしたね。

それを、演説の時は「これは撮影なんだ!みんなエキストラなんだ!」って思って乗り切るんだって。でもつまりそれって、ドラマの時はアガらないってことかー。

「マインドフルネス」って、プレッシャーを感じなくする瞑想法みたいなのやってたけど、剣道やってた森田さんと京本さんが「剣道の呼吸法と同じですね!」って。やっぱりリラックスして落ち着くっていうのはどれも共通だよね。

モリケンが瞑想しながらいきなり「ゥオオシッ!!」って叫んだから「今ので心臓悪くなっちゃう」って表現がめっちゃ還暦っぽいマサキにウケました。

しかし、人生の大半が失敗の記憶でできててプレッシャーに包まれてる私からしてみると、この方法はすごく習得したい。日頃からやってみることにしよう。

「もしも森田健作が京本政樹だったら」

ってマサキが唐突に言ってたけど、多分そんなに変わらない気がする。多少おとなしくなるくらいだろう(え)

最後は森田さん&京本さんで番組の反省会。

「万有引力の法則って何?、、、、って冗談ですよ(笑)」

さすがにそれはひどいです(爆)

この番組ちびっこも見るって言ってたけど、こういう番組本当に小学生でも楽しいよね!しかもモリケンとマサキのとんちんかんなやり取りも観られてめっちゃ楽しい(笑)この番組レギュラー化しないかなあ。その前にBSアンテナ直さないと^^;