京本政樹のラジとばっ!#220 (2015.09.20)

京「世間では19日くらいからお休みの方がいて23日までシルバーウィークということで、まあ働いてる方もいらっしゃると思いますが、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?先週まではコロッケさんが遊びにきてくれまして、ものまねショーを、楽しんでいただけたでしょうか♪今週はどんな豪華なゲストが来てくれてるんでしょうか!」

 

ノ「セプテンバーウィーンド♪」

ヒ「ヒロシですぅ~♪」

 

って、お久しぶりの豪華サブサブサブサブレギュラーが帰ってきた!

 

京「わかったわかった。もうラジとばを聴いてらっしゃる方には有名だけどね、堀口ノアくんとヒロシくんです」

ヒ「ヒロシです」

ノ「皆さん、さんま食べてますか!☆」

京「そういうわけわからないのいいから(冷)セプテンバーウィンドっていうノアの歌はよく知ってて、オレも大好きなんだけど。ヒロシ、おまえ毎度曲も覚えてこないでよく入って来るな(笑)」

ヒ「や、とりあえず入っとかないとタイミング失うんで(笑)」

京「二人は来るの一ヶ月半ぶりなんですよ。あんたたちニッポン放送の周りウロウロしてたの(笑)」

ノ「ここまで来るんだけど入れてもらえないんだよねえ!」

京「二人が来たら来たでリラックスしてるオレがいるんだけど(笑)」

 

今日の京本さん、二人にちょっと優しげじゃないですか。やっぱりなんだかんだ久しぶりだと寂しくなるんでしょうか。

 

京「改めましてこんばんは!」

ヒ「(゜×゜*)プッ」

京「おまえ、なんでまともに喋ってんのに笑うんだよ!今週のゲストは、存在自体を忘れられてるだろうヒロシです」

ノ「でもヒロシくんは名前が通ってるけど、僕はさあ。堀口ノアは通ってないもん」

京「あ、でも毎週エンディングでかけてるじゃない」

ノ「声はわかるけど顔が浮かばない」

京「だってあなたテレビ出てないじゃない(爆)言わしてもらうと、あなたタレントなの?」

ノ「や、ここがよくわかんない!歌えっていえば歌えるよ?」

京「ミュージシャンでしょ?(笑)」

 

テレビに出てる出てないおいといて、ノアさん間違いなくタレントではないです。ノアさんがバラエティ番組とか出てたらびっくりするわ!

 

京「風のエラーさんからメールが来てます。風のセーラっていうオレの歌あったね」

ノ「風のセーラ~なんとかの瞳ー!(何故か布施明風)」

京「風のセーラ~・・・オレだって忘れたよ(笑)」

 

えええ!4バージョンも作ったのに忘れないでください!!

 

京「この後にメール読みましょう。リクエストは、『セプテンバーナイツ』聴いてください」

 

あら、流石にぴったりなリクエストなのでストレートにかけましたね。って、どんな心配されてるんだこのラジオ(笑)

 

京「さ、セプテンバーナイツ」

ノ「懐かしいね!9月の夜!」

京「・・・お前なんで今日そんなノってるの??」

ヒ「ノアさん、今日様子がおかしいですよね!?(笑)」

京「なんかおしゃれしてるし、後ろから見ると学生服着てるみたいな(笑)」

ノ「ラジオだからちゃんとしとかないと♪」

京「今日珍しくちゃんとラジオの進行してますね」

ヒ「や、いいですよ(笑)」

 

確かにまともに進行してると思ったら、ちゃんとそこ自覚あったのか(笑)

 

京さまが養っている(笑)そうです養ってますよ、ヒロシさんが副業で頑張ってらっしゃいますが、京さまは副業何をやってみたいですか?

副業、何しようかなあ?オレはね、たこ焼き屋さんやりたい♪」

 

ヒロシ大爆笑。あれ、この前も似たような質問あった時、グッズ作ったりしたいって言ってなかったっけ。でもたこ焼き屋さんやりたいマサキかわいい。前に大我くんが、お父さんのたこ焼きとお母さんの焼きそばで一ヶ月に一回くらいパーティみたいなこと言ってたけど、今もやってるんでしょうか。京本政樹様が作るたこ焼き食べてみたいです。


ノ「あ、大阪の人ってたこ焼き屋さん夢にあるみたいよ」

京「たこ焼き屋さんやってみたいの。全国展開で」

ノ「なんでいきなり全国展開って!一軒からはじめてよ(笑)」
京「オレのたこ焼きのイメージはね、青のりとソースじゃないんだよ。あのね、醤油味」
ノ「それあなたの実家で作ってくれたやつじゃん!」
京「ああ!あったよね!?美味しかった?」

ノ「うーん、まあ。。。」

京「忘れたのか(笑)」

 

へー、ソース味じゃないんだ。明石焼き風なのかなあ?

 

 

京「ノアってね、オレの実家がまだ大阪にある頃にうち来てたこ焼き食べたの」

ヒ「え、京本さんが焼いたんですか?」

京「話し変わるけどさ(たこ焼きの話もうちょっと聞かせてよ!!)今の一応答えましたけど、『他叙伝』っていう、自叙伝じゃなくて人が語る伝説をね、今日の大阪の朝日放送で放送されてたの。ボクの友人たちとかスタッフの方たちがボクのこと語ってるの。ノアは知ってるでしょ?京都映画の高坂さんとか、下やんとか」

ノ「ああ懐かしいなあ!皆さんご健在なんだあ!」

京「あと、八木のみっちゃん。鬘のみっちゃんとか」

ノ「鬘のみっちゃん!」

 

その言い方、光彦さんがヅラみたいじゃないか←

 

京「あとオレの同級生の奥田とか」

ノ「あ、奥田くんな!ケーキ屋さんやってた!」

京「奥田、知ってるでしょ?オレの付き人やってたこともある」

ノ「あ、でも一瞬だった気がするな(笑)」

京「みんな固かった」

ノ「固い?高坂さんも??」

京「うん、真面目に語ってくださってたね。その中になんとヒロシが!」

ノ「ええ!」

京「確かにすごくいいことも言ってくれた。最初大物お笑い芸人って出てきたら、スタジオにいた長嶋一茂くんが大笑いしてた」

ヒ「おかしいですねえ」

京「しかもヒロシ、メイクしてなかったでしょ。すんごい疲れた顔してんの(笑)オレからの長電話が迷惑だとか言ってた」

ヒ「そうですね」

京「お前言わしてもらうよ。わざわざ会ってまで話すようなこともない(笑)」

ヒ「え、そうですかあ?」
京「最近

何故かというと職業が変わったから」

ノ「あ、そうだよねー」

京「この人喫茶店の店長だから。元お笑い芸人(笑)」
ヒ「ちょ!京本さん!それメインでやってるわけじゃないですから!」
京「でもV撮るときは全部自分のお店で撮ってたよね?(笑)」

ノ「そこは経営者だねえ」

名前は出さないでって

京「え?名前入れるなって、じゃ撮られなきゃいいじゃんか!だからみんな、何やってるんですかねえ?って言うから、あいつは今、職替えして喫茶店の店長やってるって言っといた」
ヒ「いやいや!嘘情報流すのやめてくださいよ!!」
京「他叙伝だからいいじゃん。オレから見たヒロシの他叙伝だから!」

ヒ「まあそうですねえ。。。」

京「さ、内村さまぁ~ずTHE MOVIEエンジェルっていうのに特別出演してます。第19回カシオペア映画祭に参加します。岩手県一戸町にある萬代館っていうところで、必殺ブラウン館の怪物たち、あ、これノア撮影所にいたんじゃないか?」

ノ「いたいた!」

京「あと劇場版家なき子、修羅之介斬魔剣妖魔伝説の3本を上映して、その後にトークショーがある」

ヒ「ご本人が行かれるんですか?」

京「行きますよ」

ノ「歌は歌わないんですか?」

京「歌を歌うのは嫌いです!(キリッ」

 

ええーまたそんなこと言うのー?(・ε・)

 

ヒ「誰と喋るんですか?」

京「地元の人じゃないか?だって、岩手県の復興をかけてるイベントだもん!だからオレ、お手紙いただいたってこの番組で何回も言ったじゃないか。何聴いてるんだよ!かまいたちおまえたち」

ノ「わたしたち?」

京「かまいたち、おまえたち、わたしたち。面白いねそのネタ(笑)」

 

そうかな(笑)

 

ヒ「大丈夫ですかあ?俺行かなくて」

京「いいよ、じゃあ来いよ!喜ぶんじゃない?みんな。その代わり自腹だよ!・・・なんで黙るんだよ。お前復興のためにがんばるんだから!自腹で現れてお前男を上げろよ!」

 

なんつう言い方をするんだ(笑)

 

京「それで、ヒロシ、『毎日ネガティブ』っていうカレンダーを出すんだって?」

ノ「毎日ネガティブって大変だよー!?」

京「どっから話きたの?」

ヒ「自由国民社っていうところから」

京「そこから話が来たの?それとも自分から持っていったの?」

ヒ「一応話が来たんです」

京「や、絶対自分で持ち込んだな(笑)」

 

じゃあ聞かなくていいのに(爆)

ノアさん、話の流れに関係なくマイペースに「毎日ネガティブっていいねえ!とかやけにその言葉に食いついてるし^^;

 

京「22日はヒルナンデス!私出てますよ。映画も公開されてますし、ヒルナンデスも飛ばすもロケやってますし。ヒロシは何やってるの?カレンダー?まだいいよ。そして内職かもしれない、皿洗ったりやってますよね?ノア何やってるの」

ノ「皆さん、さんま食べてますか?」

京「おまえは、、、明石家さんまさんか!」

 

さんましか合ってないよ!さんまさんがさんま食べてますか?って言ってるのきいたことないよ!

 

京「さて、来週のラジとば。5年続いていますラジとばですが、改編期に入っちゃいまして、続けるかどうか私も悩んだんだけど、三人でだらだら話していても人生としてしょうがないなと」

ヒ「しょうがなくはないですよ!やりましょうよ!」

京「来週は聴いていただきたいと思います。京本政樹のラジとばっ!、5年も続いたというのは奇跡ですよ。来週、二人来ていいよ。・・・誰だ!今携帯なったの!」

ヒ「わからないです。。。自分じゃないですか!!」

京「や、、オレの携帯がなったんだ(笑)」

ヒ「自分の携帯がなったのに人のせいにするのよくないですよ!」

 

うん、ひどい(爆)

 

京「エンディング、はつ雪懐かしいな!去年の今頃作り始めた頃だな」

ノ「あなたの詞がなかなか来ないから!」

京「だって50の恋がボツになったから(笑)50の恋ってどんな歌だったんだろうな」

ノ「そうこうしてるうちに60の恋になっちゃう」

京「あなたのほうが先じゃない」

 

ホントどんな歌だったんだろうか。結構その話引っ張るけど、もしかして本当に作ってたのかな^^;

うわあこの人たちもうすぐ60になるのかあ。。。

やっぱりヒロシとノアさんいるとすごい楽しそうだなあ。最後の京本政樹のラジとばっ!って森田健作みたいな声出たし(爆)

というか来週のラジとばが最終回になるかならないか。個人的にはラジとばは、京本さんの音楽が聴けて、音楽の話をいっぱい聴ける貴重な場面だから、一番続いてほしい!