そこじゃない

昨日の夢、ちょっと面白かったので。
ある和菓子屋さんみたいな店で、大福と草餅とみたらし団子を発見し、大喜びで家族の人数分買っていたのですが、その店のご主人が草なぎ剛だった。
でも、なんかすごく普通にフレンドリーに喋っていて、それから茄子の煮浸しも発見したので、私はそれが大好物ですから、それもついでに買いました。よく考えると、大福とかと茄子の煮浸しがどうして一緒に売ってるんだ。
で、嬉しそうに草なぎくんからお釣りと商品をもらっていると、横から慎吾ちゃんが、
「茄子の煮浸しってさぁ、食べると病気になる人いるよねー!!」
と嫌なことを、いつものテンションと声量で私に向かって言ってきた。
その時、夢の中なのに気づいた。
なんで目の前に慎吾ちゃん!?あ!私はまさか、慎吾ちゃんと二人で都バスをやってるのか!?うそーーん!!違う違う!!私がマサキになりたいんじゃないのよ!私とマサキが都バスをやるのよ!!と大慌てしているところで目が覚めた。

私と!慎ちゃんのー!都バスで飛ばすぜぃー!!!

だった。
マサキに関係がある夢ではあるが、自分がマサキになっていてマサキの顔が見られない夢をよく見るんだけど、なんなのこれ??


その次に寝たら、今度こそマサキが夢に出てきた。
車輪の一歩に出てきそうな2階建ての建物に私とファンの人たちが数人いて、誰か俳優さんたちも数人いるんだけど、その中に、19歳の時のマサキ(車輪の一歩のときの)の格好をしてマサキがいるのだけど、その姿があまりにも19歳すぎて、うそーん!!京本さんの19歳っぷりぱねえ!!!とかみんなで騒いでいた。どうやら中身は53歳のマサキらしいんだけど、どう見ても車輪の一歩の時のマサキだった。髪型もあの時のだった。不思議すぎて意味不明。