涼太さま。

「必殺裏稼業」別名「闘え!マサキ」ようやく5話の仕事まで終わりました。

いやぁ、、ゲームも随分と凝ったものになったんですね。2話終わるまでさっぱりわかりませんでした。。^^;

本気でゲーム向いてないのかな。。3話くらいまで、頭がショートするくらい苦痛だったんですよ(爆)

ダメだ、、もう涼太に会えない。。

とか兄弟に泣きつくと、色々教えてくれました。ありがとう、兄弟vv

つか解説書見ろよ、自分。攻略指南書を見れば何でも書いてあるよ、ということだったので、近々買わなきゃなぁ、、と思いつつ、この解説書もなかなか詳しく書いてあるじゃないか。

なんでこう文字に弱いんだろう。

というか、ビデオ機器なんかもそうですが、最初に取説読んでも絶対わかんないよね。一度じっくり本体をいじってみないとダメです。ホントこの手の飲み込み悪いんです^^;

で、(マサキがいつまで経っても出てこない)苦痛を乗り越え4話にたどり着く。

私は3、4話で本気で泣きましたよ(バカ)

いいじゃないですか、このストーリーの必殺さが。ちょっとあの、寸前で間に合わないパターンは「三匹が斬る!」よりですが。おときさんの回で、コントローラー持ったまま涙流してる姿は誰にも見られたくありません。

でもそんなのまだいいほうです。

噂では5話からときいていたりょ、涼太が、4話でちょこっと登場してるじゃないですか!

か、、かっこいい。。初っ端から荒れてますな。自分のこと「涼太さま」ですか(爆)

なんて素敵な俺様ボーイなんだ!(意味不明)

さっきまでのやる気なさ加減とは大違いで張り切るわし。やっぱりマサキがいないと無理なのだ。。

というか、涼太、マサキのまんまだよ!!(感激)

セリフに出てくる「涼太」という文字が全部「マサキ」に見えてしまいます。いいよもうこれ、独楽回しのマサキで。

そして5話へ。本格的にマ、、涼太が出てきました!

おときさんのセリフで涼太に関する事が出てきた瞬間から、胸がバクバク言ってます!本気でバカかもしれません!

「涼太、って言うんだけどね」

とかいうとこで、出たーーーーーーー!!!!と叫ぶ俺(深夜4時頃)

か、、かっこいいな、ホントにおまえは;

そうそう、こういう立ち方するよね、マサキ!

…ほらやっぱり。。

ゲームより完璧マサキに頭がいっちゃってるじゃないか。

おかげで、若先生がじじいを探しにいくとき、涼太さまが「この辺は俺のほうが詳しい。あんたは北を探してくんな」みたいなことを言ってきたのに、そんなことすっかり忘れて、涼太さま~~vとか言いながら南に戻ってくる自分。そして「北のほうを調べてくれ」と念押しされる自分。お、怒られなくてよかった。。

涼太さま、ごめんなさーいvv

とかいう自分(気持ちが悪い)

完全に危ない顔をしていました。この姿こそ誰にも見られたくありません。

そして、何時の間にか「辰」が使いやすくなっていました。強いです、こいつ。そして気のきくいいヤツです(お気に入り)

そして涼太さまは、、

弱いです!(爆)

流石マサキ。地上戦に弱いです。とか言いながら、あのロープ一本で逃げ切る自分(バカだ)

その間マサキメッタ斬り(爆)

刀が身体を貫通しました。マサキが苦しんでいます。

もう5話から先はゲームどころではない。

死ぬ声がリアルすぎです。

「うぉぇひぃ☆※(死亡)」(違)

流石、死に役者。やばい、、あの息絶える瞬間のちょっとひきつった声がたまりません。

そして、倒れたときすんごく不思議な形で倒れています。

あ、でも仲間は死なないんですよね。負傷でした。しかしあの感じではかなりの重傷だと思うんですが。。。

辰を使いまくったおかげで、ひたすら逃げる技を覚えました(笑)

とはいうものの、相変わらず下手なので見つかりまくってます^^;

その時は当然「大江戸捜査網」モード(そんなモードありません)で大乱闘です。いのちがなくならない限り、斬られようが刺されようが背を向けてダッシュします(めちゃくちゃだな)

けどかなり慣れました。兄弟が「大丈夫、絶対慣れるよ」といってくれたところは2話でしたが、ぜってぇ無理。。と思いました(爆)だってホントに無理だと思ったんだもん。数時間前には「全クリするのに絶対1年かかる」と本気で思ってたし。慣れるってそういうことなんですね?

ストーリーがかなりよくできてると思います。ところどころ変ですが。どっちかといったらゲーム好きより時代劇好きがやったら楽しいようなゲームじゃないのかな。

っへぇー、ゲームって面白いのね(はまったな?)。

というわけで、まだ5話終了ですが、涼太さまに会えたので安心して寝ます(笑)次の涼太さまはどんなんだろな♪♪♪

タイトルとURLをコピーしました