京本政樹のラジとばっ!#204 (2015.05.31)

京「上半期最後の月でございます。私も、そろそろ役者京本政樹の顔を見せようと」

ヒ「さ、僕もそろそろ役者としての顔を見せようかなと」

京「お前違うだろ。喫茶店のオーナーだろ?あ、そろそろ開店した?」

ヒ「あの、、まだなんです、京本さん!家賃を払い続けております(笑)」

京「ノア、、なんの紹介もしてないけど(笑)なんの計画性もなく商売を。。。(笑)店、改造したりするわけでしょ?あ、もしかして自分でやってるの?」

ヒ「自分で塗ったり」

京「あ、手作りの喫茶店じゃん!ふーん」

 

ふーんって(爆)

あ、ノアさん、静かだからいないのかと思った(笑)

 

京「俳優京本政樹でございます」

ノ「そのトーンで行きますか?」

京「ダメだな!」

ヒ「息苦しいですよ」

京「今週で4週連続になります、こいつらが来ています」

ノ「もうすぐタイ記録ですね!」

京「お前たちもうそういうの対抗しなくていい。半年くらい出てるだろ(笑)さ、9年ぶりの、、Doubt発売して2ヶ月経ちますよあなた(笑)」

ノ「売れ行きどうなの?」

京「握手会やった時はバッチリ売れたよ!その後がダメだな!」

ヒ「ちょ、言わなくていいことを(笑)」

京「何がダメかって、歌う気がないことだな(笑)」

ノ「ないんだもんな」

京「さ、ちょっと歌うか!」(歌う気がないんじゃないのか)

ヒ「役者にシフトという割には歌歌ったりわけわかんないな!」

京「天誅!承知!(どっちも先生じゃないけど)」

ノ「わかったよ~ん、じゃダメなの?んー、メールしかできないからわからないなあ」

 

もうさ、ノアさんもLINE始めちゃいなよ!

 

京「Oh!my loverをちょっとやってみよう」

 

おおおノアさんとのハモリ!!

 

京「なんで入ってこないんだ(ヒロシに)」

ヒ「え?」

京「初めてコンサートに友達に連れて来られた女の子でも入って来れるんだよ」

 

って言ってヒロシも一緒にOh!my lover(笑)

 

ヒ「意外とよかったじゃないですかー」

京「オレなんかあ~~」

ノ「あああ~~」(ハモリ)

ヒ「ちょっとそれ、高度になってきてますよ(笑)」

 

それはいきなりは高度だね。

ヒロシ、うちらくらいマサキのCD聴きまくったら何でもハモれるようになると思うよ(笑)

 

京「秋ぐらいにイベントがあるんですけど、京本政樹の映画を見る機会というか、そういうイベントを引き受けましたので、後々発表したいと思います」

ノ「あなたが出た作品が観れる?」

京「そうそう。私が出た映画、時代劇現代劇問わず3本くらい観れると思いますよ。そしてね、生でね。。。」

ノ「歌、歌うの?(笑)」

京「歌歌う(爆)」

ヒ「意味わからない(笑)握手会でも歌わねえのに(爆)」

京「トークショー、トークショー。映画の裏話というか、当時はそういうこと言う機会がなかったからね」

 

ええ!何それ!?

 

京「ここしばらく時代劇のね、何本か撮りに行ってるんだけど、行きながらキャンペーン行ってるから。ラジオ局全局制覇したって言われても。でも必殺の頃もそうだったなあと思い出してね」

ノ「変わらないな(笑)」

京「大阪厚生年金会館とかでコンサートやって、ノアたちは打ち上げやるんだよ。オレだけ必殺の撮影とかでタクシー乗るのよ」

ノ「俺たち、うえ~~~♪ってどんちゃん騒ぎ(笑)」

京「オレ主役よ?さっきまでコンサートでマサキー!とか言われてて。でも必殺の撮影、オレが帰ってこないと撮れないわけだよ。必殺って夜の撮影が多いじゃん。そこにたまたま記者の方がいて、どんな思いですか?って言われて、さっきまでと今の感じが違いすぎって(笑)」

ノ「でもこの人は役者好きなんだね。入り込んで行くの。あの時の入り込んで行く時の目がすごい綺麗」

 

うおお、、すごいいいこと言ってくれてる。役に入り込んでる時のマサキの目は本当に綺麗というか、鋭いというか、魔物だよね。

 

京「でもやっぱり両方やってるからこそわかるな。また今回思った。でもインストアというかミニライブみたいなものは将来やりたいなと思った」(やったー!!)

ノ「だから、役者のほうが好きとか、音楽のほうが好きとかじゃなくて、どっちも好きなんだろうね」

京「うん、好き。あとレコーディングとか好きだな」

ノ「本当??今までずーっと毛嫌いしてたのに」

京「あ、歌うのは嫌い」

 

え^^;

 

ノ「じゃ、何が好きなのよ??」

京「あのね、オケが重なっていくところが好き♪」

ノ「あ、やっぱりミュージシャンだねえ!」

京「自分の思い描いたところから、アレンジャーによってどんどん」

ノ「それあなたの新しい色合いだね!」

京「あれを見届けてる瞬間が好き」

ノ「そういうコツコツ造り上げるの好きだね!」

京「好き好き好き!時代劇なんかも撮りにいくとさ、ここにワンカット入れたらいいのにな!とか思うこと多いの。でも若い撮影所の方たち、知らない人が多いの」

ノ「なんか噂によると鬘も違うんだって?」

京「うん、やっぱりカメラが4K以上になってハイビジョン以上になっちゃって全部見えるじゃん。や、いいんだよ、鬘の網が見えようがへったくれがそんなこと、そんなものばっかり見てるマニアックな人たちばっかりじゃないんだからさ。全体的に見てやっぱキリッと眉毛書いたらクリが、クリってわかる?富士額がキリッとしてるからかっこいいんだよ。それを網がわかるから、そこをわからないように地毛を使って後ろだけ鬘つけましょうって、そうするとその人に眉毛キリッと書いてもおかしいじゃん。そうすると段々、現代劇になって言っちゃうじゃん。そういう見栄みたいなのが段々なくなっていってる」

ヒ「あーなるほどー」

 

やあーその通りだ!鬘の網なんて、ぶっちゃけアナログ時代から見えてますよ。今更網が見えるからどうたらこうたらってホント、いいんだよ!大河ドラマはまだしも、「時代劇」って言ったらファンタジックであってほしいよね。私は娯楽時代劇は大人のファンタジーだと思いますよ。リアルリアル言う人いるけど、それ言ったら、暴れん坊将軍も水戸黄門も必殺仕事人も設定そのものがリアルじゃないじゃんね。あえてそういう設定のドラマを見てる人が、鬘がリアルじゃないとかそういうこと言ってるのを見ると、いやいやそもそも将軍様が峰打ちしまくってる時点でリアルじゃないからってつっこみたい。昔って大河ドラマみたいな歴史ドラマに近い時代劇が好きな人と、娯楽時代劇が好きな人って結構はっきり分かれてたよね。それが今、なんでもかんでも一緒くたに語る自称時代劇マニアの視聴者さんが結構多くなって、それに合わせたからなのか、娯楽要素薄くなった時代劇が増えて、それなのに大河ドラマは漫画チックな設定になってたりして、歴史ドラマと娯楽時代劇の境目がどんどんなくなってしまってる気がするのね。若い人にも時代劇を見せたいという狙いは見えるけど、それじゃあ逆効果だよなあと思ってしまいます。言い方は悪いけど、全若者に受けるような現代劇風時代劇を狙って作るより、今まで「時代劇」を楽しみにしていた層を大事にして伝統を守ったほうが成功するんじゃないのかなあという気がしますね。結局、現代劇風時代劇をやっても、成功してるとは思えないのよね。

 

ノ「じゃああなたはわかるから一言言いたいんだけど、言ってもしょうがないんだ」

京「この間、相棒の村上弘明とずーっと朝まで語ってたの」

 

相棒!!

 

ノ「あなたたちが今まで学んできたことを本当は伝えて行かなきゃいけない。そういう歳になっちゃったよね♪」

京「うん、70になるまでやらなきゃいけない!ってことをずっと朝まで語ってたよね」

ノ「うわすごいね」

 

いやーすごい!相棒だって!早くマサキと村上さんの時代劇見たいなあ!劇中でも相棒の役なのかなあ?

ホント、昔の時代劇の様式美を見て育った者には非常に頼もしいですね!ホント、応援したい!

 

京「ちょっと仕事をね、、、なんとか映画撮るから5000万ずつ振り込んどくか♪」

ノ「な?なんの話???」

ヒ「それ僕はお金もうかるんですかね?」

京「え?そういう話をよく柳沢慎吾がするんだよ(ネタかよw)。『ちょっと店やるから5000万ずつ振り込んで』って(笑)」

 

せっかくいい話してたのにいきなりの慎吾ちゃんのネタ話かい(爆)

 

ノ「ヒロシ、5000万かかったんじゃないの?カラオケ喫茶」

京「あんた、喫茶店やるって言って未だにやってないじゃん(笑)家賃だけ払っててバカだよ??」

ヒ「そうなんですよ」

京「じゃさ、夏くらいに派手にやろうよ」

ノ「何を派手にやるの??(笑)」

京「や、開店祝いを」

ヒ「京本さんとノアさんが、、ちょっとそれどエライことになるぞ!?ホント、来てもらえるんですか!?」

京「そこでちょっとしたライブでもやる?(笑)」

ノ「なんだ、役者にいくとか言ってたのに、違うの??(笑)」

ヒ「ステージも作ってますのでね!」

京「じゃ、斬ってみる?」

ヒ「あ!殺陣までやっていただけるんですか!?」

ノ「へえ~」

 

マジか!そこでサムライギターの出番ですよ!!あ、ヒロシの店のなんかにぶつけないように気を付けないといけないな(爆)

 

京「ギャラ大変(笑)」

ヒ「すごいなあ!!」

 

それ、なんか京本さんのことだから本当に実現しそうな気がするんですが^^;

続報が非常に楽しみですね(笑)

 

京「さ、時代劇LINEスタンプも出ますし、ちょっと役者にシフトチェンジするために、映画祭にも参加します。そしてヒロシの喫茶店、私たちがゲストに出て盛り上げると。マスコミにも来てもらおうよ」

ヒ「え!?入れるかな!?16人くらいしか入れないんですけど(笑)」

京「いいじゃん、マスコミが16人(笑)」

 

記者で埋まるのか!それどうやって開店祝いするんだろう!?どんな立地なのかわからんけど、マスコミ16人の中で殺陣やったら、マスコミほぼ全員斬られるぞ(爆)

 

ノ「(京本さんが)俺のライブ来てくれた最初の時、10人くらいだったもんな!」

京「そう!」

ヒ「マジですか!?色んなところいってるんだなあ!@@;」

京「さ、色んなことが決まった今夜のラジとばですが(笑)今夜も季節外れですが、季節外れなんて関係ありません!何故ならこのはつ雪ができたのが暑い日でした!それが新曲『Doubt』のカップリングになってしまいました!最初は50の恋って言ってたけど(笑)」

ヒ「よかった、はつ雪になって!」

 

やー色んなことが決まったというか、、まだまだ未発表がありますねー。"相棒"こと村上弘明さん、その新しい時代劇が始まったらきっとまたラジとば来てくれるよね!?

映画祭のこととか、ヒロシの開店祝いとか(笑)

 

 

 

って、ラジとばの後にLUNA SEAのルナフェスのCMが!!!いきなりのTONIGHT流れてビックリした!!2日間行くよー☆

 


その後、公式で映画祭の詳細出ましたね!

第19回「カシオペア映画祭」京本政樹の出演作3本(ブラウン館の怪物たち・家なき子・修羅之介斬魔剣)上映の後、トークショー!⇒詳細は公式サイトへ

岩手県一戸市というところで毎年行われている映画祭だそうです。

うおお、、岩手とは思わなかった。遠いなあ。。。。。。ううう、、でもマサキ映画祭でしょ??いいよなあ><

しかも秋のファンミと日程近そうなんだよなあ。。。

しかし行くとなると観光旅行ですな。岩手県といえば平泉!京本政樹三人衆こと(誰も言ってない)義経、弁慶、秀衡様でお馴染みの平泉!中尊寺金色堂一度行ってみたかったのだけど、この機会でもなければ今度いつ行かれるのやら。。。茨城から上行ったことないし。。。中尊寺金色堂行って、父の故郷仙台に寄って帰るっていうのもいいなあなんて誘惑されます。しかし言うは易し。。。旅費が。。。(|||_|||)