読売新聞日曜版「オンリーワン」&忍ジャニBD

ムヒHDと間違えて修正液を頭に押し付けようとした私です。こんばんは。
今日、珍しく昼間にテレビを見てたら、友近主演のサスペンスがやっていて、さとう珠緒が怖い顔で人を殺すタイミングを窺っている顔が「プンプン!」って感じで笑いを堪えるのが大変だったのですが、次の瞬間、サイレンを鳴らしながら登場したパトカーから、刑事役の柳沢慎吾ちゃんが真面目な顔で出てきたのでお茶を吹き出すところでした。それは卑怯!!!!

 

さて、読売新聞日曜版、うちの裏に会社があるから直接買いに行こう♪なんてタカをくくって行ったら休みでした!なんやねん!!
しかし、近くのローソンで無事ゲットできたよ!
新聞本編の中に挟まってる日曜版を見たら1ページ目が、江戸川乱歩の「押絵と旅する男」の記事で、勝手にマサキとリンクしてニヤケました。あ、もちろん、歳取らない女性のほうね(笑)
ドリアングレイの肖像とか、押絵と旅する男とか見ると、京本さんを想像してしまいます。不老不死的な。
ページめくったらかなりでかい記事だった!わーカラー写真だあ♪隣りには組紐を構える竜の白黒写真。
大川橋蔵先生の薦めで、「必殺シリーズ」を見ていて、そのうち里見八犬伝⇒必殺仕事人Vの流れで出ることになったエピソード。
東映で橋蔵先生に教えられた美剣士メイクをそのまま松竹に持ってきただけなので、ヴィジュアルが評価されたのが不思議だった。って、東映松竹どうこう関係なく、評価されないほうがおかしいと思いますよ京さま。
藤田まことさんが必殺の映画の宣伝のために、主水とは全く違う面白い顔でバラエティ番組に出たりしてたことも見倣って、京本さんも渋い役をドラマでやりながら、バラエティ番組では面白おかしくやってるっていう。まさに裏表の顔がある必殺仕事人なんですな、京本政樹は。オンリーワンっていうコーナーで扱っていただけたのもすごく嬉しいです。唯一無二の京本政樹が大好きだ!また、裏表のある役やってほしいなあ。

 

 

話は変わって、忍ジャニのBlurayを買いました♪
映画館で2回しか見てないので本編を久々に見られるのも嬉しかったですが、即行でメイキングディスクを見ましたよ!うおおお結構マサキ映ってるじゃん!!
中間淳太くんといつも一緒にいるから二人のシーンが多かったけど、ちゃんといつもみたいに若い子たちに殺陣講座やってておいしかった♪
おおお忍者納刀は初めて見たよ!!!忍者役は多いけど、いつもマサキ侍の格好だもんね。
ロン毛が解けるシーンで、後ろで括って待機してる姿が、完全にお姫様でした。やばいです。この姿を見られただけでもこのBD買った価値がありました。一時停止してしばらく眺めましたよ。というかコマ送りしたり戻したりずっとしてましたよ。目の前で主膳さまの立ち回りを見て中間くんが「めっちゃかっこいい!!」って嬉しそうに言ってくれてたのがまた嬉しくてニヤニヤしちゃいました。でしょー♪
朱い照明に照らされながら中間くんや忍者の子たちに納刀を見せてるマサキが、頼もしくもあり、嬉しそうで可愛くもあり。まあ何よりヴィジュアル美しいのに気さくにいつものマサキの高い声で喋ってる姿のギャップがめっちゃ貴重でしたけどね。主膳さまと全然違って可愛い(笑)中間くんがリテイク重ねて納刀成功させた時に、優しく後ろから肩ポンポンしたり、「緊張したあ!」って言ってる中間くんに「そうだったの??」とかラフに話しかけてる声だけ聴こえただけでもめっちゃ嬉しいですよ。
そんなこんなでメイキングのマサキが短時間でも俺得状態すぎてなかなか本編ディスク入れ替えられなかった(笑)
捕らわれてる主膳さまがニヤって笑うところがホントぞくぞくします。最後、主君が捕らえられて、直時と二人でそれを見届けて去っていくときの姿見てると、乾いて候とかやってほしいという気がします。
なんかああいう静かなキャラでめっちゃ腕が立つ美剣士役、また見たいよね!!

あ、そうそうそんなBluray発売日の12/3が京本大我くんの誕生日だったのよね!ちゃんと当日、おめでとう言いましたよ♪なんともう二十歳!?しつこいくらい言いますが、彼がお生まれになった時のワイドショーをリアルタイムで見ていた私です。つまり、あれから私は20歳も歳をとってしまったわけです。あの時の私はまだ子供だったのに!!年月が経つのは本当に早いものです。こうして私はあっという間に死んでいくのでしょう。
しかしあの大我くんが成人したとは。。。お酒もタバコもいける歳ですが、マサキがどちらもやらないあるいは少々な人だから、あんまりそこは興味ないかなー。お酒くらいは飲むかもだけど。
マサキもきっと嬉しいだろうね。家族でお祝いしたりしたのかな。改めて、京本大我くん、成人おめでとうございます!!これからも益々がんばってね!!