京本政樹のラジとばっ!#172 ゲスト:小野ゆり子・西浦正記(2014.10.26)

本日もトーキョー・ブルーからスタート。やっぱりこの曲がかかると終わるような気がする(笑)

京「皆様こんばんは。闇の仕置人京さまこと京本政樹でございます。今週も素敵なゲストの方が。ドラマ『天誅~闇の仕置人~』でサナ役を演じた小野ゆり子さん、それを監督された西浦正記監督です」
小・西「こんばんはー」
京「今日は大人っぽく、、、これ珍しいんですけどね。普段はもっとうるさい感じなんで」
ヒ「ヒロシです。。。」
京「あ!そうだお前一応出てたんだよな。ということなので会議に参加してもいいですか?」
西「じゃ書記か何かで」
京「じゃ次ドラマがあるときは書記官か何かの役で」
ヒ「あ!いいですね!」
京「無口だけど(笑)それで、お前誰だ!って言われたら」
ヒ「ヒロシです。。。って(笑)」

京「いつものラジとばだと割と音楽番組というか、ギター弾いて歌ったり、自分で適当に作った歌歌ったり(適当って/笑)音楽っぽいことやってるんですけど」
ヒ「ミュージシャンが集まってね」

スルーされてるけど、突っ込んだほうがいいんでしょうか。いや、一応ヒロシもバンドやってるからミュージシャンでいいのかな。わかりましたつっこみません。

京「先週から、企画会議をやっております。天誅闇の仕置人のパート2、スペシャル、はたまた映画化など!どうやったら実現するかということで、主役のサナ役をやってくださった小野ゆり子さん、西浦監督をお呼びしております」

きゃー天誅の音楽ー♪
仕事人的な音楽じゃないんだけどなんか燃えるよね!

京「さ!タイトルバックの音楽も流れてきましたので、雰囲気も益々緊迫した会議に!」
西「(笑)」
京「『天誅~闇の仕置人~』パート2、スペシャル、はたまた映画化をするに当たって、、、もちろん訓練してくれてるんですよね。。。?」
西「当たり前です」
京「さ!小野ゆり子さん、撮影が終わってからは随分経ちますけど。あの時私も、見栄の切り方とか、天誅のポーズとかつけさせていただきましたが」
小「はい、やっていただきました♪」
京「色んなドラマを撮影なさっていると思いますが、その合間を縫って(天誅の練習)やってくださってるでしょうか!?」

宿題やってきたー!?っていう先生みたいでちょっと怖いぞ(笑)

小「はぁい、、、、、ま!イメージトレーニングは!」
京「じゃ、ちょっとちょっとペンを持って天誅やってみて!」

京本先生の厳しいレッスン始まっちゃった?

小「・・・誅。。。(小声)」
西「・・・・・・」
京「今、監督完璧そっぽ向きましたね?」
ヒ「(笑)」
西「今、現場に戻ってきましたね」
京「じゃ、よーいスタートでやって!これもうオーディションだよ!?」

はい、先生スイッチ入っちゃいました。

小「皆さん見えてないですもんねー」
京「行くよ!!(熱血)」
西「はい、よーいスタート!」
小「しゅっ!・・・・・・ちょっとこっち見てくださいよ!!(爆)」

サナは恥ずかしがり屋なんですかね?先週からおじさん2人に完全に遊ばれてるよね(笑)

京「ちょっと、、、えー監督、今、『ファーストクラス』撮影してるんですよね。沢尻エリカさん(主演)でやってるでしょ?あれってパート2というわけではないんですよね?」
西「まあ呼び方がパート2ではないだけで続きものではあります」
京「周りの環境とかも随分違うわけですよね?」
西「そうですそうです。前は雑誌社だったんですけど、今度はブランドですね」

え、スチュワーデスの話じゃなかったのか。。。←

京「ブランド。でも沢尻エリカちゃんは変わってない。名前も変わってない。なるほど、、、じゃあサナも変えちゃいけない。。。(そう繋げるか)」
西「でもフード被ってますから」

ちょ!普段は顔見えるでしょ(爆)

小「変えちゃ、、いけない。。。ヒロシさん書いてください!変えちゃいけない!」
ヒ「変えちゃいけない(メモメモ)」

何で何気なくみんな息合って来てんの(笑)
こういうとこ見せられたら余計パート2見たくなるじゃーん!

京「『変えちゃいけない』の後に"?"マーク。。。」
ヒ「や、"!"マークつけときます!」
小「ありがとうございます!!」

ヒロシはやっぱり女性の味方なのね?

京「じゃあもう一回チャンス。。。もう一回オーディションですよ?パート2、スペシャル、ないしはオレの夢の映画化ですよ」

マジか、先生の夢は映画化なんですね!?

京「やるならスポンサーが必要ですね。どっから何億出してもらいましょうか!」
西「そうですね、どこがいいでしょうかねえ?・・・ヒロシ財閥から!」
京「ヒロシ財閥から!!」
ヒ「あのさあ。。。。ヒロシ財閥、カツカツでやってるのよ??」
京「ヒロシ財閥からいくら出せる?♪」

やたら楽しそうだな(笑)

ヒ「ヒロシ財閥、、、や、僕も出していただけるんだったら大体。。。」
京「え?ちょっと待って、出していただけるんだったらって、、、出しますか?」
ヒ「えーじゃあ、、出していただけるんだったら、、ヒロシ財閥から3万5千円。。。。。」

 

カツカツすぎだろ。

 

京「んー、、、わかった(冷)監督、私からの提案で。3万5千円で許しましょう。出すことも許しましょう(どんな力あるんだよ)。ただ、、、編集はご自由に」
西「はい、わかりました(合意)」
ヒ「だから、長めに出してくださっていいんですよ?監督」
京「や、編集はご自由にだから、長めに出してもいいし、バッサリカット!ってこともあるんだよ?」
ヒ「いや、なんで金出してバッサリ切られなきゃいけないんですか!(不服)」
西「後ろ姿だけってどうですか(ひそひそ)」

今週のラジとばやたら表情が豊かだよみんな。文章で表しにくいんですがどうしても表したいです。漫画みたいだな。

ヒ「後ろ姿だけで演技ができる男だと監督は見抜いてるわけですよ!!!!」

どうしたやたらポジティブだな!!

京「最近4Kっていうのありますもんね?」
ヒ「4K??」
小「ありますねえ!!こんな鮮明に!!」
ヒ「鮮明に後ろ姿が??(爆)」
小「髪の毛一本一本!!」
ヒ「それはそれでありがたいですけど(爆)」

4Kカメラとは、大河ドラマ平清盛なんかでも使われていた、フルハイビジョンの4倍の解像度というめっちゃ感度のいい撮影カメラである。そんなスーパー撮影技術でヒロシの寂しげな後ろ姿が鮮明に。。。

京「じゃあ次の会議のほうに進みましょう。ボクいつも監督と仲良くさせていただいていて、必ず言う言葉があるんですけど、、『映画的ですね!』っていう」
西「そうですか?」
京「そうですよ。なんだろうな、絵作りがすごいのと、アクションとかも含めてすごく緻密な構図を考えてらっしゃって、、、これってすごい勉強したんですか?」
西「いや、勉強しようと思ってしたわけじゃないですけどねー」
京「例えば、最初から監督になろうと思ってらっしゃったんですか?」
西「学生の時からテレビが大好きでよく見てましたねー。それこそ仕事人見たりして、楽しそうだなーと」
京「あ!あんみつ姫で出会ったんですけど、時代劇は好きだったんですか?」
西「好きです好きです!」
京「じゃあ、これ小野さんにもきいてみましょう。ゆり子ちゃん、時代劇は好きですか?」
小「好、、き、、、でも監督の天誅がきっかけで!」
京「あ、例えばボクの仕事人とか見たことある?」
小「あります!!」
京「それ、、何で見たの?」

 


小「YouTubeです!!(キリッ」

 

 

京「ですよね(笑)ゲホゲホ!!(めっちゃ咳き込んでる/爆)」
西「(爆笑)」
京「最近再放送とかDVD-BOXとかなってますけど、、、便利ですよね?(笑)」

よくyoutubeの話出るラジオ番組だなあ。大丈夫なのか?(笑)

京「なんてことで、、もう一つは音楽ですね。この音楽センスってのもすごいですね!ドラマ始まってから途中でどんどん(音楽が)増えていったでしょ?それがどんどんハマっていくんですよ。天誅をもう一回見直すことがあったら見てみてください。1話2話3話ってどんどん音楽のパターンが増えていく。この辺については?」
西「やっぱり、見たいシーンで自分がどんな音楽でノってみたいな!みたいなのがすごいあるんで、そうすると音楽担当してくれる人間に話をして」
京「途中で話すことも?」
西「あります!そうするとやっぱり打ち込みしか使えなくなっちゃったり、生の音が使えなくなっちゃったりすることはありますけど」
京「今はパソコンでもできますからね。じゃ、今の議題で、音楽のほうは、打ち込みでいきましょう(笑)なるだけ予算を少なめにしようという(笑)」
西「そうですね、予算少なめには考えてないですけど、やっぱ次あるんだったら、京さまには馬に乗っていただきたい!
京「あ!!!」
ヒ・小「「うわあああ」」

具体的なヴィジョンきたああああ!!!!何それ絶対かっこいい!!!!最近馬に乗ってるところそういえば見てないよね?北海道旅の時くらいだよね?なんか益々時代劇っぽくなっていくのかしら!西浦監督の京本政樹像がいつも完璧ファン心理を突いてくるので大好き☆☆☆

京「具体的な案が出ましたね!!具体的な案が既に二つ出てますよ!!(大興奮)ヒロシには後ろ姿、ボクには馬!」
西「そうですね」
小「サナは私!」

ゆり子ちゃん面白い(笑)

ヒ「サナは私(爆)」
西「馬に乗ってほしいですねえー」
小「無視してますねえー;」
ヒ「怖いでしょ??^^;」

ヒロシとゆり子ちゃんがマサキのスルースキルの恐怖を共有しているんだけど。何気にゆり子ちゃんにずっと優しいヒロシ(笑)

西「サナも乗せようかなと思ってるんだけど」
小「それは!!」
西「くああああ!!っと助けて!」
京「そんでぱぱぱぱぱぱっと走って!!」

擬音語ばっかりじゃないか!ちゃんとわかるけどさ(笑)
マサキと西浦監督の会議って楽しそうだなー。いつも食事しながらこんな楽しくヴィジョン練って喋ってるのかなー。このコンビでどんどんドラマ作ってほしいよー!><
というか、馬乗ったマサキがサナを助けに来るとか、完全に映画スケールじゃんそれ!!

京「あ、いいですね!!(嬉しそう)」
西「そんでサナが」
京「おおおおいおいおい書記ちゃんと書け!」
ヒ「サナ馬(笑)」

書記大丈夫か。具体例が完全に「サナ馬」だけになっちゃってるけど(笑)

京「えっと、プランとしては過去を描いたような描いてないようなところで終わったじゃないですか。時代劇に戻るというプランはありますか?」
西「今のところはないですね」
京「あーなるほどなるほど。じゃあ割とまだ秘密めいた感じで、妹さんとどういう感じになったというところはなんとなく。。」
西「ふわっと」
京「ということは!仕事人シリーズじゃないですけど、このままいくとロングシリーズということもできますね?」
西「そういうことなんですよねー」

うわあああその言葉を待ってた!!!
そうなの!!見てた人たちならみんな思ってたよね!この設定ならいくらでもシリーズができる!!過去にも行けるし現代でも行ける。下手したら違う時代にでも行けちゃう(笑)そんな荒唐無稽なテンターテインメントを待ってるんだよー゚(゚´Д`゚)゚

京「テレビだけど大爆破とかあったじゃないですか!」
小「ありましたねえー」
京「あれは超えとかなきゃいけないでしょー。。。一番最後なんてスカイツリーの上に立ってましたもんね!」
西「ありましたねー」
京「あのアイディア聞いた時にもびっくりしましたけど、あれを超えなきゃいけないでしょー。何します?」

マサキの頭の中の天誅が大変なことになっているらしい(笑)
爆破を超えるのか!それで馬とか出てきたら何が残ってる?戦国時代だったら合戦シーンで超えられそうだけど、現代劇だとどんな感じになるのかな。

西「何します?」
小「私マジで馬乗りたいです!」
西「馬乗りたい?(笑)」
小「ホントそれは思ってました」
京「じゃ一人で乗って♪」
小「一緒に乗りましょうよ♪」
ヒ「ほのぼのシーンになるなそれ(笑)」
京「一緒に乗りましょうよっておかしいな(笑)」
ヒ「そういう画があっても面白いかもしれないですよねー」
小「はい♪」

サナと先生がいい感じになるフラグか?(意外すぎだろ)。
ああ、私の中にもヴィジョンが出てきてしまいました。いや、私のヴィジョンなんかどうでもいいです。本物の映像を激しく期待しています!!
壮大な映画天誅の悪役は中条きよしか!?って思ったけど、それあんみつ姫でやったわ。もし今度中条きよしさんが出る時はいい役でお願いします(笑)

京「オレがかっこよく馬に乗ってバーっとサナを助けた後のシーンで、サナが遊園地のもしくは百貨店の屋上かなんかのお馬さんに乗ってるシーンが映るっていうのはどうですか?(笑)」
西「それ素敵です」

昭和のコメディだなーー(爆)
でも天誅ってそもそもそういう昭和な雰囲気を持ったドラマだったわ。それホントに使われちゃうかも(笑)

京「なんていうね。あと具体的にもっといきましょう。これ、DVD-BOX出してもらえませんか?Blu-rayじゃなくてもいいですよ下手すると」
小「お願いします♪」

ちょ、ファンみたいなことを言ってくれるな。いや、ホントありがたい方だなあ。そういえば昔から京本政樹という人は、常に視聴者目線に立ってきたなーということをふと思い出しました。

京「できたらBlu-rayがいいですね♪(おねだりモード)あとボーナストラック(特典映像のことね)はあるじゃないですか。あとパッケージもわかるじゃないですか」
西「おまけ考えときましょうか」
京「じゃ、これを買ったらついてくる」
西「何がほしい。。?」
京「・・・全然出てこないですねえ(笑)今日会議ですからいいですよ」
西「ピン子さんのお面つけましょう」
京「それいきましょう!」
小「絶対予約します!ほしい!」

どっちかというとそれ慎吾ちゃんのポジションじゃ。ピン子さん嫌がるだろ絶対(爆)

京「というところで会議終わっていいですか(笑)次回またやりませんか?」
西「是非是非!」

え、3週目??

京「じゃ、ゆり子ちゃんと監督のお知らせですね。毎週水曜、『ファーストクラス』という沢尻エリカちゃん主演のドラマを監督がやられてます。あとゆり子ちゃん!」
小「私も、『昨夜のカレー明日のパン』というNHKプレミアムで、日曜午後22:00~皆さん見てくださいー」
京「じゃ、ヒロシ!」
ヒ「僕はこの後家に帰って横になるということでね。。。」
京「わかりました(笑)

メールで、
「ニューアルバム(MUSIC WORKS)、曲数が多くて本当にびっくりしました!お買い得です!」
っていうのを読んで、

京「あ!いいですね、このテレビショッピング風の」
西「お買い得(笑)」
京「監督にもお渡ししましたけどあれ8枚くらい入ってて」
西「すごかったですねー」
京「色んなおまけ入ってて。確かに2万近くするんですけど、いっこいっこ勘定するとお得でしょ?さ、皆さん、お買い得です!」

きゃー私が密かに好きな通販マサキ!
「絶対損はさせません!」ってカメラ目線で言ってる時の顔で脳内再生されてます。素敵。

エンディングリクエストはLADY!マサキのロック調大好きヽ(´▽`)/

あれ、でもさらっと終わったけど、来週に続くのかしら??
やーしかし、ドラマの企画会議なんて面白い!!実際に監督さんや主演女優さんを呼んで、京本さんが直々に案を出していく形式、すごいねー。役者なだけじゃなくて、やっぱりプロデューサー京本政樹だな!と改めて思いました。
そして、西浦監督はやっぱり京本政樹の見せ場をよく知ってらっしゃるなーと。ホントこのコンビでこれからもたくさんドラマを作ってほしいですよ!
でも今はとにかく『天誅~闇の仕置人~』の続編、スペシャル、もしくは映画化を本気で待ってますね!ああ、あとDVD-BOX、できればBlu-rayで(完全にマサキの言葉だ/笑)

 

 

待ってるよ!!!!