京本政樹のラジとばっ!#140 (2014.03.23)

ここんところ毎週、「君はー」始まりが続いております。

ヒ「君はあーー。ヒロシです」(あ、乗っかってきた/笑)
ノ「やっぱり心に残り始めてるね!最初だけね!」
京「さて、皆様からのメッセージをびしばしとお待ちしております。。。」
ヒ「何この態度(笑)」

ホントわいわいがやがやって言葉がぴったりな人たちだな。いつかここに慎吾ちゃん投入してほしいわ(やめたほうがいい)

京「今週は、、、もう言う必要ないな、毎週来てるんだもんな。。この人たちが勝手に来てます(疲)」

この扱い。

ノ「なんか考えてるんだけどさ。やっぱりもう少し自分の波をどうにかしたほうがいいと思うんだけどさあ」
ヒ「なんでその話になったんですか??(笑)」
京「んー、もうさ、年末にゲストに来てからもう早4ヶ月くらい経ってるんだけど、居座ってから(笑)」
ノ「やっぱり人ってさ、その場所に慣れるね!空気とかさあ」
京「で、その波を作るのに何を考えたわけ?(笑)」
ノ「やっぱり、昔の曲を歌ってみようかなあと」
京「あ、堀口ノア時代の!オレもファンだったからな!それじゃさ、僕をー思いー涙ー流してーくれるー人ー。あ、今はただってあっただろ!」

今週は唐突に堀口ノアさんの懐かしい曲を二人で懐かしんでいる回のようです。しかしホント綺麗な声だなあノアさん。マイペースだけど素晴らしいシンガーですよね。

京「ノアさ、、、オレSPの時に話したけど、杉並のコーポみたいなところで一人で聴いてたんだよ。いい歌だろ?(ヒロシに)。それでさ、ロマンティックな歌詞だし、綺麗な声だし、どんな奴だろう??と思ったらこんな奴だったんだよ!
ヒ「(爆笑)」
京「ノアね、オレ言っとくよ。堀口ノアって素晴らしいと思う!(突然の告白)」
ノ「ああ、ありがとうございます」
京「ホントだよ。オレの歌謡曲と全然違うよはっきり言って」
ノ「今聴くとさあ、しのび哀って似てるよなあ(笑)」
京「うん、はっきり言うとコード進行パクりました!(開き直り)じゃ、ちょっとやってみようよ。先週やりかけて失敗したけど」
ノ「でも歌詞は全然違うんだよなあ。そこが流石だよなあ」

ノアさん、落としたら必ず上げてくれる人(笑)いや、でも曲自体はパクリっぽくないから大丈夫だと思いますよ(笑)

京「そこはね。で、しのび哀って、哀しいって字を書くの。そこが阿久悠的なね」
ノ「それが渋いよなあ」

しのび哀リベンジ。

京「♪あなたのーことだけぇー。。。♪」
ノ「やらしいだろー?」
京「おもぉってー、、、いたいのぉー。。。ぁあいっされてぇー。。。。。。。。(めっちゃ溜め)」
ノ「(笑)」

いい声だなホントに。先週も言いましたが私この歌大好きです。なんかこう胸がぎゅっとなります。

京「いーまはただぁー♪」
ノ・ヒ「「(笑)」」
京「こういう流れになってね(笑)もちろん全くのパクリではないけど」
ノ「でも逆に嬉しかったのはさ、よーく聴いてくれてたんだなあ!って思ってさ」
京「うん。いい曲書くなあって」
ノ「もうすぐそこまで波来てない!?」
京「いや来てないなあ!」
ノ「そこはっきり言うなあ!(笑)」
京「でも先週、大川橋蔵さんの話してる時にノアが作ってくれた、『継承』っていう歌、オレがもらっちゃったけど、もらっちゃったみたいな感じになったけど♪オレが継承してさ」
ノ「おおー上手いこと言うね!」
京「はっきり言ってオレのための曲だなあと思ったよ」
ノ「それをいつか武道館で歌いたいねえ」
京「え。。。?・・・東京ドームじゃなくて?(笑)」
ノ「おっきいね!!」
京「東京ドームにオレとノアふたりっきりでだーれもいないのってどう?(笑)」
ノ「いいねえ!!」

いいんだ。

ヒ「あんまり僕はよくないなあ。。。」
ノ「あ、ヒロシは?」
京「ヒロシはね、東京ドーム借りるの一日いくらか調べてきて(笑)」
ヒ「あ、わかりました!調べておきます!」
京「それで、お金出しといて!」
ヒ「ええと、、請求書出しとけばいいですか??」
京「違う違う違う。払っておいて(笑)で、二人でやるから」
ノ「なんかそういう話する時ってさ、目乾いてるよねえお前ね」

目が乾いてるってどんな感じなんだ??目輝いてるんじゃないのか。どんなドライな目をして言ってるんだろう(笑)

だれひとーりー見てなーい
僕だけのーこのショー♪

京「こういうの井上陽水さんがやってたの!」
ノ「あ、びっくりした!今作ったのかと思った!」

私も思いました。びっくりした。

京「違う違う。こういうの聴いてて、いつかそういうのやってみたいなーと思ってたの」
ノ「でもさ、今度出るBOX、あれ何曲入ってるの??」
京「だからさ、必殺のために作ったうじゃうじゃした、、うじゃうじゃしたって変だけど(笑)、タタタター♪(闘う仕事人ね)とか、タタッタタッタタッタタッ(激闘編のアイキャッチのね)とかああいうの全部入れると100曲200曲行くよ。あとね、ノアも出てるけど当時のビクター時代のミュージックビデオも全部入るよ。ああいう映像がDVD化されるっていうのは今回初めてじゃない?ああいう権利全部ビクターが持ってるから、二人の会話の中で、ノアー口づけさえものタイトル何がいい?口づけさえもでいいんじゃない??とかやってる映像も入ってるよ。あれ、床に二人で寝そべって足ブラブラしながらやってるね(笑)」
ノ「ほとんど隠し撮りされてるみたいなね!」
ヒ「(笑)」

あの「口づけぇー」とか「とうきょうー」とかって二人でやらしい顔し合いながら寝そべって言ってるやつ可愛いよね。マサキもノアさんもまだ子供っぽいんだよね。しかしああいうMVまで全部網羅するって本当にすごい。。。

京「これからオレは演舞場とかあるし、これからBOXも出るから何とも言えないんだけど、ゆくゆくはライブとかディナーショーとかやりたいよな!」
ノ「ディナーショーな!」

その言葉を待ってました!!゚(゚´Д`゚)゚

京「あの、おっきいのももちろんやりたいんだけど、このラジオで何週かに渡ってやってるみたいな、弾き語りとかいいよな」
ノ「あーいいな!ギターは俺が全部担当するから!」
京「あー失敗するからやめたほうがいいな(笑)」
ヒ「ベース俺が弾けばいいじゃないですか!」
京「もっとやめたほうがいいな!オレのロマンティックな夢がすべて剥がれていくな(笑)」

そういえばヒロシはベーシストなんだからホントベースで参加したらいいのに(笑)

京「昔のコンサートでさ、Lady!とかやってるんだけど、弾き語りコーナーがあってな、お前の吐息一つー染みるー夜だねー♪とか歌ってて、サビから楽団が入ってくるんだけど、オレ、カポつけ忘れちゃって(笑)キーが違うからみんな入れなくなって、もう一回やり直した事件っていうのがあったんだよ(笑)当時、THE 必殺バンドっていうのがあったんだけど、バックのみんな蒼白になってるわけよ(笑)それで舞台監督から合図が来てるんだけど気づかなくて」
ノ「途中でやり直せないもんねー!」
京「そう、やめられないよね。でもやり直したオレがいるわけですけど(笑)ああいう曲もBOXに本当は入れるべきなんだよな」
ノ「カポ間違ったとこから入れるべきだよね」

NGバージョン収録するのか(笑)
しかし、「おまえの吐息」今のマサキが歌ったらすごく渋いだろうなあ。新録で聴いてみたいですね。

京「ファンの音源は残ってるんだよね。キャー!とかマサキー!とか入ってるのあるけどそれは音源に使えないんだけどね。そういうの全部含めて、オレ今年35周年って銘打ってるけど、ライブやりたいな」
ノ「まずちっちゃいところから始めないと!」
京「じゃ、ノアのライブ行くよ」(どういう意味です)
ノ「やめてよぉ、大変なことになっちゃうから」
京「ノア、継承って歌、ありがとね!」
ノ「ああ、お前さん、もう歌う気になってるね?」
京「もうレコーディングする気になってる(笑)」

ヒロシほとんど喋ってない(笑)
しかし、継承って歌、京本さんが歌ったらどんな感じなんだろう?レコーディングホントにするのかなあ(*'▽'*)
毎週ノアさんにお礼いってて、きっとよほど感動したんだなあ。聴きたいですね♪