Toshl LIVE "Pray for the Stars" at YAMAHA HALL(2014.07.07)

Toshlライブに銀座に行ってきました!
七夕ということで、前のライブで、星の格好してきてくださいって冗談で言ってた(その後即撤回してたけど)ので、誰か一人くらいカーヴィみたいなのいないかなと思って見回したけど流石にいませんでした。そんな芸人なファンはいないか。
私がToshlのライブに行くようになってから初めてのホールなのでワクワクしてたのだけど、ご本人も相当久しぶりだから楽しみだと言っていました。本格的な伸びのある歌声だからやっぱりちゃんとした音響のホールで聴けるのが嬉しいよね。ある意味そういうクラシックもやるようなちゃんとした音のホールって、バンドとしてでもなかなか聴けないし。
RYUICHIさんのソロの時も思ったけど、バンドだとどうしても音響とは程遠い競技場みたいなところばかりになっちゃうけど、ボーカリストの声を聴きたい時はやはりソロだとこういうところでやってくれるのがいいなあと思います。

曲順とかMCとか思い出した順に書いてるのでめちゃくちゃです。ナタリーに詳しいレポが出てたのでちゃんとした流れはそちらをご覧下さい(笑)

席が一番端っこだったんだけど、幅が狭いので普通にステージがよく見えました!
さて、始まる前結構早めに座ってたけど、お客さんたちドえらいガヤガヤしてないかい?
クラシックホールと考えると変な光景ですが、客層がバンドのファンだと考えると不思議ではないのかな(笑)

開始から数分押しで、ステージがライティングされて星空の演出。おお綺麗♪スクリーンにライトを映し出すステージングが、ノアさんのコンサートに似てました。

そんなライトにぴったりの一曲目が「星空のネプチューン」
一曲目なのに既に目がじわっとなった私です。いい音で聴こえてくるためなのか、、何故か、今日は一段と歌詞が頭に入ってくるなあ。。。
そしてすごい声量がホールに響き渡ります。オーケストラでいいのかな、ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、パーカッション、キーボード構成で、流石ホールの音はすごくいい!!全ての音がぎゅーーんと身体に伝わってきます。結構それが爆音なんだけどそれにも負けないToshlの声。流石。。

そして「Cherry Blossom」7月なのに(笑)

それから「久々の曲を歌います」って言って、「HANA」「Grace」。。。
感動して聴いてたのに、MCで笑わせてくる。。
「とても昔の曲です。ここにいる皆さんが、、、高校生の時、あるいは大学生、、、あるいは主婦だった頃かもしれません(笑)」
どんどん歳とっていってるがな(爆)

あとは、
「前のコンサートでリクエストされた曲を歌ったりもしたんですが、皆さん勝手なリクエストをしてきまして(笑)その中から」
ビリージョエルの「New York State of Mind」

この曲一度聴きましたがその時もすごい表現力だなあと思ったんだけど、ホールという空間と楽団の音もあって、半端じゃなかった!
次に「Fly me to the moon」
「ジャージーなノリですから。ジャージーなノリわかりますか?表(拍)で叩いちゃダメですよ?日本人はこのノリが苦手だって言われてますけど、ンタッ!ンタッ!ンタッ!ンタッ!ってやるんですよ。何が可笑しいの。今真面目な音楽講座やってるんだから!」

って(笑)しかしロックのライブでも表拍でノる人多くないですか??私は基本裏拍派なんで、いつも一人浮くんです。てかなんでロックで表拍でのれるのか理解できん。。。頭出しドラムの曲ならまだわかるけど。。。
この曲もToshlのリズム感がバリバリ炸裂してます。
ジャージーいいじゃん!

それからToshl本人が好きだっていう、映画"MISSION"のテーマ曲「NELLA FANTASIA」をイタリア語で歌いますってやってたけどよかったなあ。しかしRYUICHIさんもTime to say goodbyeだし、もしかして方向性似てるんですか?(笑)だけど二人とも歌い上げ系だからカンツォーネとか合うよね。なかなかあの世代でしかもロックバンドのボーカリストでああいうの歌える人は貴重だよね。

あ、一段落したところで、
「休憩は取らせません!」
とか言ってたな(笑)
抽選コーナーがあって、スタッフさんが跪きながら箱を差し出してるのが笑えました。

「え、この中から選べってこと?」

って言いながら半券を抽選して一人ずつ呼ぶんだけど、その中のプレゼントが、この間のサンフランシスコでのYOSHIKIソロコンサートの時に買った、「サンフランシスコシンフォニーのパンフレット」。Toshl本人が物販に並んで買ったらしい。YOSHIKIの物販と握手会?とかをやってる反対方向で並んで買ったみたい(笑)そこはYOSHIKIグッズじゃないんかって思ったけど、

「だって、僕がYOSHIKIの物販並んでたらおかしいでしょ!よっぴのグッズください♪っておかしいでしょ(笑)」

よっぴ、ってたまに言うよね。てかそこはネタで並んでくださいよToshlさん。
ブックマーク?しおりをもらった人もいたな。

「本をたくさん読んでください」

とか言われてた。

「ここで恒例のプレゼント大会です」

え!ホールでもやるんか(爆)
マサキの時もですが、じゃんけんに参加することが嬉しいのです。到底プレゼントはもらえないと最初から思っていますが、じゃんけんに負けると、くっそーー強すぎるわ!!!と思う(笑)
でも、初めて一回だけToshlに勝てました☆
最後の勝ち残りの人が、サングラスをもらって、本人がかけてあげてて、みんなうおおおお!!ってなってた。あれは最高のプレゼントだね(笑)

 段取りを見ようと思ったのか譜面台をいじくってるんだけどなかなか出てこないみたいで手こずりながら、下向いたりしてる時に、両手で頭押さえて

「私のヅラが。。。」

って言ってて吹いた。

「内緒だよ♪・・・冗談ですけど」

って。この日は、水飲む時に、今話題のなんとか議員のなんとか飲みとか、耳に手を当てる会見の真似してみたり、たまに変なことしてた^^;今マイブームなんだろうな(笑)
余談ですが、あの議員のあの会見を見ると、アンガールズの田中を思い出します。似てない?世の中を変えたい!!うわぁあああん゚(゚´Д`゚)゚・・・なんやねん。

あ、そうそう。じゃんけんする時、二階席の人たちもみんな立ち上がったんでとしくんが

「二階の人も立つの?真ん中の最前列の方みたいに堂々と座ってていいんですよ」

的なことを言ってましたが、それがロート製薬の社長さんだったみたいで(見えなかったけど)、前回ミクニでのライブの時に、最後まで勝ち残っちゃって申し訳ないんで今回は最初から遠慮するということでした。また今回も勝ち残ったら面白かったのに。
ロート製薬が50周年ということで、未来をEYEしてるも歌いました。

「未来をEYE(目指差しながら)してる!」

ってやってました。

「僕の目見えないかもしれないですけど、円らな瞳が(笑)」

とも言ってたかな(笑)

最後のラララを歌ってる時、ガロプロのラクーアを思い出しました。
で、この歌配信を聴いた時から難しいなあと思ってたけど、メロディは簡単なんだけどどんどん半音上がってくでしょ。どこで終わるんだっけって(笑)

あと「ここに生きる」
敬礼と振り付け(笑)をやらされました。というか振り付けどんどん変わってるんだけど。舞い上がるあんなじゃなかったよね。前みたいにひょろひょろーっと舞い上がるんじゃなくて、アホみたいに舞い上がる感じに変わってました。やりづらいわ(爆)
行進もやらされた(笑)
あ、桜田門ーのところ、桜?門?(笑)脚開いてなんか形やってたけど、

「まあ今日は女性が多いということでやめましょう」

みたいな。あの歌で遊びすぎだよね(笑)

「Crucify my love」はピアノと弦だからほぼ?いや完璧?原曲のようで、すごく感動した。あのピアノの人よかったなあ。
そして「Tears」キーは下げてましたが、これも泣けた。。

あ!あと8月のZepp Divercityロックライブ、なんとSUGIZOがメンバーを集めてくれたんだって!!
初耳だよ!!かっこいいよSUGIちゃん!!!!゚(゚´Д`゚)゚
「Toshlさんのために一肌脱ぎますよ(だっけ)。ってこうやりながら(髪の毛ぐるぐる巻いてるジェスチャーつきで)言ってましたよ(笑)」

や、流石に先輩の前で髪の毛巻きながら喋ってないだろ(爆)

8月のバンドメンバー、自分が聴いてたV系より一世代若い人たちなんで詳しくはわからないのけど、DirにLynchにMERRYにBaroqueってバンド名聴いてなんかすごいぞ!というのはわかりました。
Xの曲もやるし、ロックライブだから、これは期待できるでしょう!!!ヘドバンオッケーでしょうか☆うわー楽しみだヾ(〃^∇^)ノ

一度はけていくToshlとメンバー。アンコールの手拍子が鳴って、再び登場、「ENDLESS RAIN」を弾き語ってくれました!!YOSHIKIが弾いてTOSHIが歌うっていうのが、ここではToshlが自分でピアノを弾きながら歌うっていうのが不思議だなーと改めて感じたな。
歌い終わった後で、「えーENDLESS RAINという曲をやりました。新曲でした(笑)」って(笑)

それで「ここで重大発表があります」って言われて、なぜだか、ちょっと不安になる私。まさか活動休止とか?いやいやでもXの活動はあるんだよな。なんだろう重大って。。。

「この一年、実は僕は本を書いていました。タイトルは『洗脳』です」

 

 

 

 

Σ(゜□゜;)

 

 

 

 

マジですか。。。。。びっくりしたと同時に、ついにそういう時が来たのかと。ご本人も「ケジメをつけるために」って言ってたけど、本当にそうなんだろう。その時にちょっと客席から笑い声が起こって、多分、それまでのToshlくんのMCが基本ギャグばっかだったから(笑)そのノリでだったんだろうけど、
「いやいや何笑ってるんですか、真面目な話ですよ」
みたいなこと言ってて^^;
気持ちはわかるが、あなたがさっきまで散々笑わせすぎたからですと心でちょっと突っ込みながらも、いやこれは、、、本物の重大発表だ。。。
Amazonで先行予約があるよーとか言ってたけど、この変の記憶がぽかーんと抜けそうに。。。
でも、ファンの人がああやって笑っちゃえるほどさ、Toshlくんもよくネタにできるほどさ、あの長い時間がついに終結したんだなって。もちろん、まだまだ色々残っていることはあるでしょう。本人の身体の中にもね、でもなんだか、改めて「帰ってきたんだな」っていう気がしました。

この気持ちをって、最後に「雨音」を弾き語ってたけど、、、この発表の後の雨音はとても重い。。。。最初の星空のネプチューンは感動で泣けたのだけど、これはまた違う意味で涙が止まらない。。。とても勝手な話だけど、Toshlが過去を振り返って歌ってるときに、どうしても自分の過去まで振り返ってしまうんだ。もちろん、Toshlほど辛い思いをしたわけではないんだけど。人間って誰しも色々あるよねって。それから、人間の命って短いよねとも。
色々考えてたら涙が止まらなくなってしまって、メイクしてるのにどうしてくれるんじゃい!!状態でした。
でも、本を書いて「ケジメ」をつけたことで、これからのToshlの人生が益々前向きになっていくといいなと願って止みません。

最後はパンフレットを買った人全員と握手してくれたんだけど、流れるように握手していったので、ありきたりだけど

「素敵な歌声をありがとうございました」

って言ってきました。ありがとうってニコって笑ってました♪

失われた時間は絶対に戻らないのだけど、そこが最後でない限りはまだまだ取り返しがつくのかなって、自分にも言い聞かせられるライブでした。くだらないこといっぱい言ってたけど(笑)すごく壮大で深いライブだったなあ。またこういうホールで歌声を聴きたいです。