京本政樹のラジとばっ!#149 ゲスト:Snow Man(2014.05.25)

今日はついに、滝沢演舞城、滝沢歌舞伎で京本さんが共演したジャニーズJr.のSnow Manの6人さんたちがいらっしゃいましたヾ(〃^∇^)ノ

京「さて、この番組において、殿、タッキー、滝沢さんがジャニーズとしては初だったんですけど、なんと!二番目のジャニーズからのゲストは、、、私最近この方たちと仲いいです♪

すまんのうです!!


S「いやいやいやいや違う!違います違います(爆)」
京「え、違うの?」
S「違います(笑)」
京「そういうネタ言ってた人、お客さんで二人くらいいたよね(笑)」
S「いました(笑)」
京「Snow Manでございます!」
S「「「「「「よろしくお願いします!!」」」」」」

賑やかだな!!

京「Snow Manの皆さんがジャニーズとしては多分、、、初じゃないですか?」
S「「「「「「初めてでーす!」」」」」」
京「殿のラジオに出たんでしょ?殿のラジオに出たんでしょ?ボクのラジオにも初めてなのよ、ジャニーズJr.を呼ぶのは」
「やった!初だホントに!」
「やったあ!」
京「それで、なんで呼ぶことになったのかは長くなるので後にしますけどー」
S「「「「「「あははははは!(笑)」」」」」」
京「じゃとりあえず名前言います。佐久間大介くん!」
佐「はい!佐久間大介です!」

なんか出席とってるみたいだな(笑)

京「えー、ボクはさっくんさっくんって呼んでます♪えー渡辺翔太くん!」
渡「はい!」
京「ナベショーって呼んでます。渡辺翔太!えー宮舘涼太!」
宮「お願いします!」
京「だてさまって呼んでます(舘さまって書いたら、お館さまみたいになったので平仮名にしました)」
宮「お願いします!」
京「だてさま!って呼んでます(二回目)」
宮「いやいや呼んでないっすから(笑)」
京「私の京さまのほうが先です!(何故か対抗)岩本てるくん!」
岩「いやいやひかるです!まさか来ると思わなかったです(笑)」
京「色々とオレ殿のネタ覚えてる(笑)」
岩「ありがとうございます(笑)」
京「さ、ということで。。。」
阿「ちょ!!!もう一人忘れてますよ!」
深「二人だろ?」
阿「もう一人忘れてますよ!」
京「あ、もしかして、、阿部亮平くん?」
阿「そうですそうです!」
京「今うっすらと見えた」

阿部くんは妖精かなんかなのか?

京「阿部くん。阿部ちゃん!阿部ちゃんのことはボクはこうやって必ず見えないふりをする」
阿「いやいやいやそうなんです(笑)」
京「それで福士くんと二人が隣りでたまたま立ってると見えてるっていう設定になってます」
阿「そうなんです!」
京「えーメンバー全員6人で」
深「ちょっと待って待って!!!(声裏返)」

確かに声がでかい!!!っていうか真打ち登場(笑)

深「なんで進めちゃうのよお兄ちゃん!!!」
京「オレ入れて6人。。。」
ふっか以外の5人「「「「「そうそうそう」」」」」
深「違いますよ!!いるじゃないっすかもう一人!!」
京「え。。。?」
深「一番仲いいでしょ!?京本さん!!」
京「誰。。??」
深「深澤ですよ深澤!!」
京「(笑)・・・えー、ふっかです(棒)」
S「「「「「「うはははは!!雑だなあ(笑)」」」」」」

やっつけすぎだし、さりげなく55歳Snow Manに加入してるし(爆)
てかお兄ちゃんって呼ばれてるのきいて、ついに松方弘樹になったかと思いました。彼らの肩を痛いくらいのパワーで叩きながら「いいんだよ~」って言ってるんだろうどうせ(どうせってなんだ)

京「深澤辰哉!!!!」
深「はあああああい!!(声でかい)」
京「もうー、、、散々多分泣かされるよ、今日の放送の中で」
深「え??マジっすか??」
京「さあ、みんなとは、、正確にはだいぶ昔から知ってます(そうなんだ!)。うちの大我のこともお世話になってますから。もう色んなコンサートとか観に行って。大我を観に行ってるのに、こんなに上手くないだろう。。。?って(大我くんと)間違ってたのがナベショーだったんだよ」
渡「僕のちっちゃい時と大我が似てるって京本さん、言ってらっしゃって」
S「「「「「ええーーー!」」」」」

あれ?もしかして私が昔大我くんに似てると思ったの渡辺くんか?違うかもしれんけど、大冒険観に行った時、私も誰かと見間違えたんだよ。まあいいや、考えてももうわからん(笑)

京「(大我くんが)入りたてで3年くらいかな?3年くらいでこんだけ上手くないだろー(笑)って思って。身長も、、ここまで高くないだろー。。あれ、でも大我だよなあ。。。って思って観てたら、ぜんぜん下手くそな踊りして端のほうにいるのが大我だったんだよ(笑)」
S「「「「「「あははははは(笑)」」」」」」
京「それがナベショーだったの。ってことでございまして。今、巻けと(確かにOP長いw)。今週はSnow Manと賑やかにお送りしたいと思いますが。。。今夜はSnow Manと一緒に!!」
S「「「「「「ラジオでも飛ばすぜー!!!」」」」」」

なんか今までで一番しっくりきてないか?タイトルコール。こういう賑やかなのに向いてるよね(笑)早くも今回面白そうな予感です。深澤くん確かに声でかいなあ(二回目)

京「京本政樹のラジとばっ!今週のゲストは、、、すまんのう。。。(本当にすまなそう/笑)」
S「「「「「「いやいやいやいや!!Snow Manです(笑)」」」」」」
京「これ、なんか流行っちゃいそうだね(笑)いつの間にかジャニーさん気に入って、(グループ名)すまんのう、になってたりね(笑)」
「やばい(笑)」

ぶっちゃけジャニーズのグループなら有り得ると思った私です。舞祭組がOKならすまんのうは余裕でしょう。

京「正式にSnow Manというグループにしたのは?2013年の千秋楽に決まったんだ」
「5/3?子供の日の近くに」
京「その時に聞かされたの?」
佐「はい、聞かされたというか、僕たちの歌のコーナーに。。。」
京「今さっくんが喋っております」

おお、ふっか以外誰が喋ってるかわからないからありがたいよマサキ(笑)

佐「佐久間です!僕たちの舞台の演目の中に、僕たちの歌を入れさせてもらって、僕たちが歌ってる時に後ろの映像にSnowManって」
京「ほら、、、殿ってさ、すんごい洒落た粋なことするんだよね!」
「そうなんすよ」
京「だてさまの誕生日。宮舘くんの。博多でね、一幕オレ支度してる最中でね」
「そうですよね」
京「すんげーケーキとか用意してるからさ、これ大丈夫かな、、、オレ出てく時間あるかなくらい(笑)」
S「「「「「「はははははは(笑)」」」」」」
京「すごい派手にやってて。これ、今でもジャニーズファン、Snow Manファンには伝説になってると思うんだけど。ふっかの誕生日の時なぁ。。。」
S「「「「「ああー」」」」」
佐「やあー、すごかったですねー」
京「ふっかとナベショーとさ、They武道のヒロくんな」
「ヒロくん(笑)」
京「ヒロくんってオレが勝手につけてんだけど江田くんな(笑)」

タッキーゲストの時に言ってたあれですな。里見八犬伝の真田広之さんと衣装とか髪型の感じが似てるからヒロくんっていう(笑)

京「勝手にオレの車に乗り込んでさ(嬉しそう)、ご飯連れてったりさ」
「図々しいな(笑)」
京「マッサージついてきたりしてる時にさ。オレ今でも覚えてるんだよ。ふっとね、(深澤くんに)誕生日いつ?って聞いたんだよ」
深「はいはい、聞かれました聞かれました!」
京「そしたら5/5だって話になって、あ、子供の日じゃん!って話になって。しかも千秋楽の前かなんかの日だって話になって」
深「そうですそうです」
京「それで、宮舘くん、だてさまの誕生日のこと思い出したわけ。あれ?もしかして殿ってすげえことやんの?って思ったら、ふっかが自信満々に『そらそうでしょー。。。』」
S「「「「「(爆笑)」」」」」
深「やめてよおおお!言わないでーーーー!!!」
京「『僕はね、タッキーの前では言わないんだけど、密かにすごい楽しみにしてる』と」
佐「じゃ、(誕生日祝い)来るとわかってたわけですね」
京「や、来てほしい!と。願望がね、すごいことやってくれる!って思ってるわけ。それでオレはそれを聞きながら、どうしようかなあ。。。って思って」
S「「「「「(爆笑)」」」」」
京「ちょっと長くなるのもやだしなあ。でも落としたいしなあとか思って。オレいつもね、殿と上と下の楽屋でね、メールでやり取りしてるの」
「へえー!」
京「で、その時に、ところでー(弁慶ヴォイス)元三郎の、、ま、のりぞうって役だったけどね、オレ元サブ元サブって言ってるんだけど」

そんな愛称まで作ったんか(笑)

「元サブ(笑)」
京「元サブの誕生日でございますがー何か考えておりますかー?みたいな話しした」

なんでメールなのに声が弁慶なんだろうか。メールの中ではマサキ弁慶なんだな(笑)

京「そしたら殿が、『一部のショーの時は面白いこと考えてる』と。『京さま、二部の京の町で僕あの、掃除機持って出ようと思うんです』」
「掃除機(爆笑)」
京「ていう話があったの。で、京さまは?っていうから、これ(舞台を)観た方にはわかると思うんだけど、三郎が棚を作ったっていうのをずっとギャグでやってたから」
「はいはいはい」
京「その棚が余っちゃったんで、それを持って出るっていう設定で。。。あれ、アンティークの棚なんだぜ?」
「そうなんだ!」
「え!そうなんですか!?」
京「ちゃんと探しに行ったんだぜ?」
「マジなやつだったんだ(笑)」
京「そうだよ」
「雑貨屋とかのやつじゃないんだ!」
京「雑貨屋のじゃないよ。ちゃんとアンティークショップの棚を買ってきて、その中にぼた餅を入れたんだ」

アンティークの棚買ってきて三郎の棚ネタにつなげるとかマサキすげえええ!って思ったのも束の間、ぼた餅入れるとかマサキらしいなと一気に現実に引き戻されました。いや、でも普通にすごいわ。流石夢を実現する男。ちょっとしたネタまで形にするとは。でも中身ぼた餅(笑)

「棚からぼた餅(笑)」
「まさに(笑)」
京「棚からぼた餅が出てくる。ね、それでオレはそれを担いで出るって言ったら、殿も掃除機持って出るって言って、二人で担いで出てったら大爆笑になって」
「すごい画ですから(笑)」
「あれはやばかった!」

その回めっちゃ見たかったわー!

京「で、(深澤くんが棚を)開けて、それだと申し訳ないから、オレがずっとやってた指輪を。ふっかが欲しい欲しい!ってずっと言ってたわけよ」
「ずっと言ってましたよね」
京「だって博多のオレのホテル来てさ、京本さん待ってましたよー☆って言ってさ」
「(笑)」
深「テンション高かった?俺(笑)」
京「置いてあったオレの指輪とかアクセサリーとか見つけてさ、欲しいっすねえ。。。って」
深「ちょっと小声でね(笑)」
「いやらしい(笑)」
深「欲がダダ漏れですよ(笑)」
京「ま、そんなことがあったからさ。その時あげなかった指輪をセロテープで貼っといたのよ奥のほうに」

何故だろう。京本政樹がセロテープって言う違和感。京さまもセロテープとか貼るんだあ(貼るだろ)

「棚のですか?」
京「そう。そこがオレの強烈なオチだったのよ。入ってんじゃないですかー!っていうところが。そうしたらこいつ探さなくてさ。一回、『なんで棚ぼたなんですかー』なんてことで終わって」
「あ、そうでしたよねえ」
京「で、よく見ろよ、なんて言って、ぱっと中見てからこいつマジになっちゃってー」
深「たはは!!(爆笑)」
「あはははは!」
「超テンパってましたよね!(笑)」
京「ふっか、ふっか、あれギャグだから返して」
深「いや待ってください!俺は一回もうー」
京「あんなところでマジに渡したらやらしいじゃんか。あれはオレのギャグだったんだよ!」
深「ダメです!これは返せませんこれはもう!」
「今日してるよね」
「てか毎日してるよね」
深「してます。てかもらったの全部してます!」
京「これもオレのだよね」
「これもだよね」
「あ、結構もらってますね(笑)」
深「結構してますね」

そんなにいっぱいもらったのか(笑)ホントに可愛がられてるねー。

京「だからオレ今日なんにも、、、一つしてるわ」
深「それじゃあ」
「それじゃあっておまえ(笑)」
「おいおいおい(笑)」
「なんだよそれ(笑)」
京「ということで皆さんABC座、今日もそうなんですけど日生劇場で、現在5/31まで、ABC座」
S「「「「「「はい」」」」」」
京「え、、五木ひろしさん来たの??」
「はい、来ました」
京「それ絶対間違いだよ」
「え??」
京「オレんとこに来るって言って、花菜ちゃんっていう娘さんからメール来たのに、去年来たのに全然来ないなあって思ってたんだけど」
「あ、ああー。。。」
京「そっちに向かったんだ。多分、五木さん、どこに京本さん出てんのかな?って思って見てるよ」
S「「「「「「あははははは!!」」」」」」
「こっち最後まで見て、あれ??京本さん出てないなって(笑)」
京「絶対そうだよ(笑)それが終わったら、ジャニーズ銀座、シアタークリエで、Snow Manは6/2~6/4まで。しかも追加チケットとか出たんでしょ?」
「そうなんですよ、ありがたいことに」
京「応援していただいて。ボクが1公演借り切ったということで」
「お?おお?」
京「そこはおまえ、突っ込むところだぞ」
深「あ、そこは僕がね。ま、勉強ですねラジオっていうのは」
S「「「「「「あははははは!!」」」」」」
京「どんな舞台になりそうですか?もうみんな仲いいから大体みんなで話し合うんでしょ?」
阿「そうですね、大体自分たちで大体踊りや曲の構成やらパロディの面白いコーナーとか、全部自分たちでやらしてもらってるんで」
京「じゃあ、、、もうSnow Manジャニーズの中でも人気あるから」
S「「「「「いやいやいやいや、まだまだです!」」」」」」
京「いやー、Jr.の中できちっと名前があるチームとないチームっていうのがあって、我が息子の大我ないんだけどさ(笑)」
S「「「「「「いやいやいやいや」」」」」」
京「元バカレアみたいな感じで色んなところ入ってるけどさ(笑)」
S「「「「「「あははははは!(笑)」」」」」」

しかしバカレア高校に出てたからバカレア組っていうのはいいけど、グループ名にバカって入ってほしくないよね(爆)

京「大我のみならずってよくボク言うんだけどさ、みんな子供みたいな感じで、応援してるからさ。おかげさまでシアタークリエチケット完売しております!」
S「「「「「「ありがとうございます!」」」」」」
京「当日券も若干発売されるようです。当日券、どれくらいくるでしょうね!」
佐「やーたくさん来ていただければ!」
京「これを聴いて、駆けつけましょう!それで、深澤がオレに来い来い来い来いと」
深「そりゃあ来ていただかないと!やっぱ当日券並んでいただかないと京本さんにも」
「「「「「あはははは!!そんな当たるか当たらないかの(笑)」
佐「京本さんを当日券に並ばせるの?(笑)」
深「や、、いち、、、じゃあ、俺も一緒に並びます」

あんた出てるんだろ(爆)

てかマサキとふっか並んでたら周囲混乱するわ(笑)しかし、マサキのことだから、ホントに観に行くだろうなあ。

京「それー、、、今の面白いね」
S「「「「「あははははあ!!!(爆笑)」」」」」
深「いえーーーい!!!!(≧∇≦)」

ふっかはホント三郎キャラだなー。あ、元サブか(笑)明るくて可愛いですホントに。こういう子マサキ好きだよなあ(笑)

京「ジャニーズ銀座2014のホームページを見ていただきたいと思いますし、ジャニーズのネット(ジャニーズ.netのこと?)を見ていただきたいと思います。というわけで、お別れの時間来てしまいましたけど、今日ボク、一人でこうやって喋っちゃいましたんで、あのー、、、来週来てくれるかな!?」
S「「「「「「うっ。。。!!!ぜ、是非!!!」」」」」」
京「別に、いいともー!って言っていいんだよここ」
S「あっはっは!(爆笑)」
京「ニッポン放送はフジサンケイだからね」
S「「「「「「ああーー」」」」」」

普通に納得する純粋な少年たち。
ちょ、マサキ難しい話を、、と思ったけど、これからどんどんメディアに露出していくであろう彼らには必要な知識なんだよね?きっと(笑)

S「一瞬、全員が(固まった)」
京「すんごい真面目なんだね!(何故か感心)や、オレなんか違う局の番組、ボロボロ言ってるからね?京さま慎ちゃんの飛ばすだってあれ日テレだから」
S「(爆笑)」
「でもそれ京本さんだから許されるってパターンですよね」
京「多分、オレだからじゃなくて(テレビ的に)面白いからじゃない?」
S「ああー(またしても感心)」
「面白ければいい」
京「京本政樹のラジとばっというのも、飛ばすから来てるんだよ。オレがつけたの。ま、色んなところで飛ばそうと」
S「ええー!」

色んなところっていうのが、色んな局で飛ばしちゃってるからね。

京「ということで来週も来てください!」
S「「「「「「お願いします!」」」」」」
京「来週は皆さん期待してください。一人ずつにじっくりお話を聴きますんで」(ホントか?)

京「それから番組からスペシャルなお知らせがあります。ラジとばの1時間SPというのがあって、6/1夜8:30から1時間放送されます。そして、皆さんもうご存知、Snow Manの皆さんももう知ってる、6/4にリリースされます、Masaki Kyomoto MUSIC WORKSなんたらかんたら(覚えてないんかい!)」
「「「「「「いやいやいやいや!」」」」」」
「自分で端折っちゃった(笑)」
京「すごく長いタイトル誰がつけたんだって、オレがつけたんですけど」
「(笑)」
京「さらに!私も出ています、6/7から公開の忍ジャニ参上~未来への戦い~。。。何故私はこんなにジャニーズと仕事をしてるんでしょう」

うん、30年は共演しまくってますな(笑)

京「ついに関西Jr.とも一緒に仕事をしてしまいました!」
S「おおーー(笑)」
京「しかも大我も、森本慎太郎くんも出てる。で、二人も。。二人っていうか大我は息子なんで赤ちゃんときから知ってますけど(そりゃそうだ)、慎太郎も実は小学校の時から知ってます」
「あっ、そうなんですか?」
京「その二人がきて、初めてラジオで、1コーナーでしゃべろうかなと」
S「おおっ!」
京「だから、その日は大我たちが来てるSPと、深夜からSnow Manたちに来てもらうと。この日もしかしてジャニーズDAY??」
S「ジャニーズDAYですよその日は!」
京「関西Jr.の話もしつつ、大我たちの話もしつつ、深夜はSnow Manが出てくる。。。ファンの人たち、ボクにお礼を言ってください(黒)」
S「あははははは!!」

出た、黒マサキ(笑)

「最後これ読め」
「おおーいいなあ!」
「じゃ、二人でいこう!」
深「それでは!今夜も私の新曲!私のじゃないや!」

そのまま台本読んだんだね(笑)

深「京本さんの新曲トーキョー・ブルーを聴きながらお別れです」
渡「京本政樹のラジとばっ!お相手はあなたの京本政樹と!」(そこまで言っちゃった/笑)
S「「「「「「Snow Manでしたあーーー!ばいばーーい☆」」」」」」
深「これ難しいっすね。ラジオ」
S「あははははは!(笑)」

多分ラジとば史上一番若々しい放送だった気がします。多分そうだよね?(笑)しかしみんなすごく明るくて、礼儀正しくて、なのにちゃんとぐいぐいきてて(笑)とても好感が持てる方たちです。来週は彼ら全員の声わかるかなあ?(笑)楽しみです♪