京本政樹のラジとばっ!#130 (2014.01.12)

京「新成人の皆様、おめでとうございます。昔、ボクらの時代は、成人式は1/15だったんですよねー。最近は違うんですね。私の成人式といえば、、、二十歳の頃は、、、もうデビューしてましたからねえ。ドラマやってましたね。公称では、大河ドラマの草燃えるに出てたりしましたね。公称ではってどういうことかというと、ボクその前に映画とかドラマ出てるんですよ。だから35周年なのか38年なのかよくわかんないんですけど(笑)」
ヒ「僕が二十歳の頃はですね。学生だったんですね、九州のほうの」

いきなり乱入してきた(笑)いや昨年からよくあることなんですが、最初に気配が何もないもんだから、乱入してくるまで今日はいるのかどうかわからんのよね。

京「オレ今全然GOサイン出してないのに入ってきたな」
ヒ「ヒロシです。。。(ネタの言い方で)」
京「ちょっと黙ってて」
ヒ「1/12(ブツブツ)」
京「あの、二十歳の頃は三鷹でホストやってたの?」
ヒ「二十歳の頃は学生でした。ホストは28で始めたんで」
京「28歳でやったの!?」
ヒ「だから店で一番のおじさんでしたから28歳って」
京「その時は年齢ごまかしてたの?」
ヒ「ごまかしてないです(笑)堂々と28ですって言ってやってました」
京「おおー。。。ホストの時と今と稼ぎどっちが?」

今日の京本さんはやたらとヒロシに興味を持ちますね。いつも邪魔そうにしてるのに。でもこれがきっと本当の感じなんだろうな。こうやって肉を食べながら喋ってるんだろう(笑)

ヒ「えー、、、まあ今のほうが断然多いですね」
京「ヒロシあれだよな。年明け早々から結構悲惨なことに」
ヒ「そうなんですよ!」
京「後できかせて(笑)」

やっぱりやたら今日はヒロシに優しいな。優しい人なのに何故か優しいと疑問に思われる京さまです。と思ったら、またメルアドいきなり振られて、油断してるところ「情けない男だな(笑)」とか言われてるけどなんかニヤニヤほのぼのしております。ヒロシのことホント好きだよなあ。

京「改めましてこんばんは。あっ、ヒロシはさっき帰しましたんで」
ヒ「いやいや今いるじゃないですか目の前に!ちゃんと存在してますよ(笑)」
京「おまえさっき帰しましたって言ったんだから出ていけよ!」
ヒ「いやいやいやちゃんといますから見てください!たまには!」
京「ふふふ(笑)ねーねーねー。今夜のゲストは三鷹でホストをやっていたという、冴神剣さんです!

うん、ヒロシブレイク時に色々番組を見てたんで、フルネームで書ける私がいますよ。

京「何この冴神剣って。。。ノcノノ ¬_¬ノ」
ヒ「僕の源氏名です、ホストの時の(笑)冴える神様に剣って書いて冴神剣っていう」
京「冴えない神様があ」
ヒ「いやいや冴える神様です。なんでわざわざ冴えなくするんですか」

冴木涼介に通じるなとか一瞬思ってすみません。冴しか共通点ないわ。でもマサキの役名であってもおかしくないよねこの中二病な字面(笑)
龍崎駈音とかホストでもおかしくない名前だよなあ。と言いながら実は本名の京本政樹を超えるすごい名前がないっていう。なんだろうね、京本っていう苗字のおかげで、普通であるはずの政樹という名前までもなんかかっこよく感じてしまうという、これこそ神がかった文字の並び。素敵。ってそんな話じゃなかったね。

京「そこからヒロシになっちゃったわけだ」
ヒ「ヒロシになったわけです」
京「さあ、私は新年に入ってからいろんな番組に出てましたよ♪(ドヤァ 『あこがれの変身ヒーローSP』とかいう、山Pとかキスマイの藤ヶ谷くんとかと一緒にね。オレ意外と変身ヒーローとかを応援してきたというか、ウルトラマンとか(仮面)ライダーに詳しい京本政樹さんとか結構言われるんだけど、意外についていけなかったのよ」
ヒ「え?」
京「50代60代チームに入れられたのかな?オレ。そうすると、後ろに小川知子さんとか柴俊夫さんとかがいらして、横にテリー伊藤さんとかがいて、色々仕事でのお仲間がいらっしゃるんだけどね。もちろん、スーパーマンとかは知ってるけどさ、まぼろし探偵とかヒーロー、もちろんなんとなくは知ってるよ?でもさ、1957~58のヒーロー!とかいってるわけよ。オレ、59年だからね?生まれたの。オレも固まっちゃってさ。怪傑ハリマオも知ってるよ確かに」
ヒ「きいたことはありますね」
京「知ってるというか後で知ったという感じだからね。テリー伊藤さんなんて知ってる?ハリマオをロケしてたの自分の学校で上から見てたっていうんだから。そのジェネレーションの中に入れるのはどうなのかなと思いながらオレは実は席に座ってた(笑)」
ヒ「なるほど。でもウルトラマンとかは?」
京「そうそう、でもその時になると若い人のほうにね。ウルトラマンってオレが初めて見てた世代。ヒロシたちが見てたのは再放送とかだよね」
ヒ「あー確かに夕方頃見てたなあ」
京「そうそうそう。そこがオレたちの実体験だから、それを語りたいなあと思ったんだけど、みんながワーって再放送の話を(笑)仮面ライダーも新しい作品の話をワーって。その新作見てないもんなあ」
ヒ「見てないですもんねえ(笑)」
京「それで、あーよくできてるなあ!とか思って物思いに耽って、ああ、オレの時代はもう終わったなって思ってさ(笑)」

見てないだろうなあ(笑)だって、古い作品だって当時忙しくて見てなかったのを、いろんな俳優さんが話してくれるのを聞いて知ったくらいだもんね。京本さんが今、朝8時から仮面ライダー見てたらそりゃおかしいよな(笑)

ヒ「でも京本さんを呼んだってことはウルトラマンとかそういうの語るってことじゃないんですか?」
京「だから、そこはオレに語らせるってことで呼んでくれないとさ(笑)でもあのジェネレーションの席は困るけどな(笑)あとは、『ファイトグラフ2014』なんてのとかね、『深イイ話スペシャル』とかね」
ヒ「あー番宣。。。」
京「見てない、おまえおかしいじゃない」
ヒ「いや見ようと思ったんですけどね!」
京「オレの追っかけしてるんじゃないの?」
ヒ「携帯に入れといたんですけどー京本さん出ると思って」
京「あなた、オレの追っかけしてるから全部チェックして見てくれてるんじゃないの?」
ヒ「収録済のやつはちょっと僕は追っかけてないんですー。。。」
京「あ、でもちょうど3日か4日くらいの時電話で喋ったよね」
ヒ「あ、京本さんから電話かかってきたときちょうど僕新幹線の中にいたんです。帰省してて僕」
京「おまえそういえば先週のOAの時、帰省しないとか言ってたよね?」
ヒ「ん??」
京「言ってたぞ?」

うん、言ってたね。

ヒ「あー、やること、仕事とかずっぽりなくなっちゃって。。。」
京「ノアもお前も、故郷には帰らないって言ってたよね?だから東京にいるんだと思って、飯食いに行こうかなーと思って電話したの」

何気にやっぱ誘ってご飯連れてってあげてるんだねえ。ラジオではひどい扱いばっかしてるのに(笑)

ヒ「あまりにも仕事なくって」
京「そしたら福岡にいるっていうからさ。で、どこにいるんだって言ったらメールしたら返ってきて『すいません、、1時間くらい新幹線の中閉じ込められてます;』っていうから、お前年始早々縁起の悪いやつだなあなんて言って(笑)」
ヒ「そうそう、帰りの新幹線でそのまま博多から帰って来れないですから、大阪から乗り継いで」
京「で、新年早々何やってんの?」

ざっくりしてんなあ。今電話してきたみたいな質問じゃん(笑)

ヒ「これが仕事始めです」
京「はあ!?・・・でもこれは仕事に勘定しちゃダメだよ?」
ヒ「なんでですか!?仕事。。」
京「キミは遊びに来てるだけなんだから」
ヒ「あ!そういう、お友達感覚で出させてもらえばいいんですか?」
京「京本政樹のラジとばっ!だからね?京本政樹とヒロシのラジとばっ!じゃないからね?」
ヒ「京本政樹さんのラジとばっ!ですもんねえ。そこに僕がゲストとして」
京「ゲストじゃないゲストじゃない」
ヒ「レギュラーとして来てるわけじゃないですか」
京「レギュラーじゃないレギュラーじゃない」

完全にコンビだな。確かにゲストではないことは間違いないと思う。

ヒ「なんでそうやっていじめるんですかー」
京「いじめてないって!そうじゃないんだって!ニッポン放送はそれ認めてないんだから!」
ヒ「ニッポン放送は、、、どうでもいいって言おうとしちゃった、間違えちゃったすいません」
京「あっはっは!(爆)」

どうでもいいってヒロシが思わず本音を(爆)もう言っちゃってるし(笑)

京「これからギャラ無しにするって(笑)」
ヒ「、、、ま、わかりますけどねえ!そんな友達なのにお金取るって変な話ですもんね!」
京「そうだな、ちゃんと交通費払って来てるんだもんな(笑)」
ヒ「そうですよ!そうでございますよー!」
京「追っかけに来てんの?なんで今日風邪ひいてきてるわけ?」
ヒ「はーい、すいません。。なんでなんですかねえ?」
京「オレは今大変なのよ!24日から始まる、天誅~闇の仕事に、、仕置人。仕事人って言っちゃった(笑)天誅~闇の仕置人~ね。そういえばオレよくさ、人に『仕掛人見てました!』とか『仕置人見てました!』とか言われるのね。オレ仕事人なんだけどね。で、これから19:57からフジテレビで天誅~闇の仕置人~って、今撮影真っ只中ですけど、これで人から『仕置人見てました!』って言われても、正しくなるわけだな?」
ヒ「そうですよ」

でもそれが天誅のことなのか仕事人のことなのかははっきりしないよね(笑)

ヒ「両パターンあるということでね!」
京「これ、藤田まことさんも両方やってるんだよ」
ヒ「そうなんですか?」
京「あの人、元々必殺仕置人だもん。仕置屋稼業とか仕置人とか」

中村主水はホント、テレビオリジナルキャラなのにあれだけ色んなシリーズに出てくるくらい有名なキャラって他にいるかな??主水って歴史が長いから解剖本とか出せるよね、っていうかもう既に出てるかそういうの。論文書けるレベルだわ。

京「そういうのやってて、それが色んなタイトルに変わって、そういうのをオレも見てた時代ね。それがいつしか『必殺仕事人』ってなった時にね、この間もある人に言ったけど、なんかダサいタイトルになったな、って思ったのよ。。。仕留人とかね、仕掛人とか仕置人とか仕置屋稼業ってなんかかっこいいじゃん。仕事人ってなったときにさ、随分安直なタイトルつけるなあ、、、って思ってたんだけど、そのうち自分が抜擢されて。。。今やさ、食レポとか、色んなの見てると、『なんとかの仕事人!』とかよく言ってんじゃん。今となっては、ああいいタイトルつけたんだなあって。自分も出てたことをよく言われることも多いけどさ、ああよかったなあって思ってたらさ。なんと今度仕置人ですよ」
ヒ「仕置人って言葉が流行るかもしれませんね」
京「・・・そう、一回昔流行っててな?今回また流行ることになってるんだよ。へへへ(笑)」

ちょっと笑った。可愛い(笑)しかし、仕事人のマサキが仕置人って、、というか、仕事人の京本政樹を抜擢して闇の仕置人を作りたかったんだろうという意図はよくわかるよね(笑)
どんなかっこいい役なんだろうなー楽しみです♪

で、お誕生日のお祝いメール。お誕生日、芸能生活35周年おめでとう!ってことで、密会をリクエストされたのに、

京「というわけで、今日は、指先かむよなジェラシーをきいてください」

またいじわるした(爆)もう、いじわるされたほうがいいことなんじゃないかと思えてくるよね(笑)

京「どう?指先かむよなジェラシー。やらしかっただろ?」
ヒ「いやらしいですねえ!」
京「どんな歌?指先かむよなジェラシーちょっと歌ってみて」
ヒ「ゆーびさきかむー。。。♪(ふにゃふにゃ)」
京「それは密会のメロディに乗せただけじゃんそれ!!(爆)」
ヒ「あ、そうでした?聴きすぎてもうわかんなくなってるのかもしれないですね」
京「あの、びっくりすること教えようか。来週のゲスト、なんとその天誅~闇の仕置人~で主役をやってる、小野ゆり子さん」
ヒ「え、だ(誰って言いそうになったろ)、、女優さんでしょ??」
京「って、、、小野ゆり子って男優さんがいたら怖いだろ!!」

多分ヒロシが言ってるのそういうことじゃないと思います(笑)

京「女優さんですよ、美しい方ですよ!この方がゲストに来てくださるわけですよ!だからヒロシ、来なくていいから」
ヒ「何着て行こうかな俺!スーツ着てきたほうがいいですか?」
京「絶対着て来いよ?」
ヒ「(爆笑)」
京「そして、6月にはジャニーズの映画に、もう出ちゃったんですけど、『忍ジャニ参上!~未来への戦い~』っていう松竹の映画、6/7から公開するみたいですけど、そうですね、私なりの美剣士っぽいものを、しかも京都映画っていうね、必殺仕事人を撮ってた故郷で撮らしていただいて、関西Jr.のみんなと、、なんかデビューするみたいですけど、ちょっと立ち回りなんかやったりして、期待しといてください。この番組でも追々伝えていきたいと思います」
ヒ「楽しみですね」
京「というわけで先ほども言いましたが、来週は小野ゆり子ちゃんという美しいゲストが。女性ゲスト久しぶりじゃないか?どなた以来だろ?あ、三浦奈保子ちゃん以来か!なんかヒロシが来てから美しいゲストが来なくなったな!」
ヒ「なんだか悪い展開になってきたぞ?はい」
京「女優さんのゲストに、ほんとに戻りたいと思います。あのー私のトークも変わってくるということで、来週はヒロシは本当に来なくていいということでございまして。トークが盛り下がるということで。あ、ヒロシ、ひとつだけネタやっとこう!」

むっちゃくちゃだな!ヒロシ大変だな(爆)

ヒ「ここでですか!!??すごいタイミングでくるな。。。(BGM♪)

ヒロ、、、」
京「あ、やっぱいいや!」

って、またヒロシネタつぶし(爆)
こうやってネタはやらせてくれないんだけど、最後は絶対ちゃんと「京本政樹とー?」「ヒロシでございました!」ってやらせてくれるんだよね(笑)
現在レコ直などで配信中の新曲、トーキョー・ブルーでお別れ♪
来週は、天誅の主演の小野ゆり子さんがゲストです。どんな人なんだろうー?