滝沢電波城2014.05.10

滝沢電波城に京本政樹さんがゲスト出演ということで聴きました♪
一曲目にかかったビバビバモーレ聴くと、今年の滝沢歌舞伎の影絵を思い出すよねー。昨年のイメージがあったからあのコーナーは舞台に合わせてしんみりバラードでいくものと思ってたのでびっくりしました∬´ー`∬
深澤くんが影絵で殴られたり噛まれたりする曲のイメージになってます。しかしタキツバはホント歌上手だよね。タキツバとKinKiとテゴマスはガチだと思っている。

滝「新橋演舞場の楽屋から!
京「殿!」
滝「べんけーぃ♪」
京「京本政樹でございます!(弁慶ヴォイス)ちょうど一年ぶりでございますね」
滝「まさか、一年ぶりにまたこの番組でラジオに来ていただけるとは」
京「だって、昨年終わった時、足が痛くて。後で、殿、足折れてたんです、って、あははははは(笑←笑い事じゃないでしょ!!)後でわかったっていうね(笑)」
滝「すごいですよね、折れててもやるってね。。どうですか?今回は2ヶ月という長期でしたけど」
京「うん、今回は登場人物も増えてね。それは殿の采配なんですけど。Snow ManとかMADEとかMADとか、They武道とかいっぱいいますけど、それぞれに対して適材適所で考えて作られてるのを見てて。もちろん、もっと長い芝居だったらね、一つ一つを描けるでしょうけど、そこを凝縮されて本を書かれてるのを見てると、打ち合わせされてるのもボクは横で見てましたから、すごいなあなんて思って。で、出来上がってるのを見ると、ボクのお客様、業界の脚本家の方とか、皆さんすごい褒められてましたからね」
滝「あーそうですか」
京「すんごいまとまってる!って言われて。そのままドラマでやったほうがいいって」

あーそれ私も思ったんです。人数が増えた分、これ連ドラくらいの期間があったら一人一人描けるしなあって。のりぞうとうっしーの幼馴染エピソードとかも舞台では描けないしね。

滝「でも今年は去年以上にみんながまとまって一つになってる!って感じがしましたねー」
京「ですね。楽しんでる感じがわかりましたね」
滝「うん、そうですねー」
京「なんか苦しみつつ楽しんでるみたいな(笑)殿、でも無茶しますな。去年の逆立ちの太鼓もびっくりしましたけど、自分も逆立ちする代わりに、みんなに腹筋しながら叩けって(笑)」
滝「いやいやいや(笑)もう、同じ気持ちでやろう♪っていう。えへへへ(笑)」

さらっと恐ろしいことを仰るなタッキー(笑)

京「来年は逆立ちしながらみんなでやるのかななんて思いながらね(笑)ボク考えたのは、太鼓を持てとかね(笑)」
滝「叩くんじゃなくてね(笑)この後はあるコーナーで色々ききたいと思います」

というか、マサキがジャニーズのグループ名をすらすら言ってるだと。。。私でさえさっぱりわからんのに。。。
で、今日のコーナートークすんごい面白かったんだわ!

滝「続いては京本さんとこちらのコーナーでーす!京ツボー!・・・いつもは滝ツボーってやってるレギュラーコーナーなんですが、リスナーの皆さんに、女の子の仕草とか、僕が、可愛いだろうなーツボだろうなーと思うことを送ってもらうということで。今日は京本さんバージョンで、京本さんの胸キュンポイントを」
京「京ツボ。。。

京ツボー!京ツボー!京ツボー!

今、エコーかかりましたけど」
滝「えへへひはははは!(爆笑)」

駅で電車を降りて改札に行こうとエスカレーターに乗ったら動かない、、と思ったら階段だった。。。

ま、天然ーですね。あれ?動かなーい(女子口調)と思ったら階段だった。いっけね☆みたいな」

内容よりも今のタッキーが可愛かった(笑)

京「あのー、、、年齢のせいか、、把握力が悪くなってー」
滝「あははは!!!(爆笑)天然の女の子どうですか?」
京「ああ、可愛いと思いますよ」

んー、多分マサキは天然の女の子あんまり好きじゃないだろうな。イライラしそう。ちゃちゃっとしたテンポの早い女性のほうが好きだよねきっと(笑)

京「ボクが考えてたのは、髪の毛をちょっと上げる仕草とか言われるのかなと思ったら、、そういうことなんですね(笑)」
滝「あ、そういうのももちろんあるんですけど」
京「今はそういう天然の女の子。天然は可愛い」
滝「天然の子は好き?じゃ、ちょい好きくらい」
京「ちょい好きくらいですね」

てててーん♪って、今の音、ラブストーリーは突然に?と思ったら次にちゃんとかかった。うん、私イントロドンいける(どうでもいい)

京「ふへへノcノノ≧∇≦ノ」←突然笑い出すマサキ

滝「続いては、家で仰向けに転がったままスマホを見ていると、時々握力がなくなってきて、痛っ!となります」
京「これは単にバカですね

うおう!!!私これよくやる!!京さまにバカいただきました!!!!(静かにしろ)

滝&スタッフの声「あっはっはっは!!!!!!!」

みんなしてウケすぎ(爆)

京「これはただのバカ(笑)」
滝「天然じゃないと(笑)」
京「ボクも確かにiPhoneとかやっててね、握力なくなってくるんですよ。’握力)なくなったらね、下ろせと(笑)」
滝「下ろせと、ぎゃははははは!!(爆)」

あ、笑いながら喋ってるとマサキの声とタッキーの声よく似てて混ざってるんだけど(笑)

京「顔に落ちるまでやるなと(笑)」
滝「ただのおっちょこといちょ(笑)続いては、信号待ちの時大型クレーン車が入ってきて、車の中で思わずよけてしまった」
京「・・・あ、可愛いですね」

マジで?今日私、対向車に水ばっしゃーん!かけられてきゃー!って車の中でよけましたけど。可愛いっすか?ぐふふふふ(黙りなさい)

滝「これはわかるかなー」
京「うん、たまにありますね。クレーン車はないけど(笑)そういう衝撃的な出来事」

マサキ自身があるんか。可愛いな←

滝「映画館とかでもありますもんね」
京「ああ、3Dの最初ありましたもんね。ばっ!てきたときおお;;;みたいな」
滝「これ可愛いですね」

あ、それで思い出したわ。LUNA SEAのライブビューイング3D映画で見たとき、ROSIERでJが投げたマイクスタンド3Dエフェクトしやがったんで、びびってよけたからね(爆)

京「いいじゃないですか。あ、こわっ!ていう」
滝「京本さんは女の子らしい人は好きなんですか?」
京「ボクね、(女の子)らしい人は好きなんですけど、なんか友達になってる仲のいい女性は意外にサバサバ系が多いんですよ。男勝りっていうか」
滝「へー、はいはい」
京「京さま京さまーって言ってるのに、時々京ちゃん!みたいな。ある女優さんで、おい京本ー!とかいうやついるんですよ。それが大親友になっちゃったりしてね」

あーこれは多分天海祐希さんね。苦悩にも書いてあったもんね。てか顔似てるよね(今は関係ない)いいなーアマミもマサキにヘッドロックかけられたりするんだろうか。個人的に好みの男女二人、喋ってるとこ見てみたいなあ。私もヘッドロック族になりたいです。鈴木紗理奈ちゃんとかみたいに、おいこらあ!ってヘッドロックかけられたり、井森美幸さんみたいに番組中に背負投されたり。や、ちょっと怖いけど。てか京本政樹クールナルシスト系に思われてるみたいですが、あの人にヘッドロックされたり背負投された女性がどんだけいることか。そりゃ女性からしたら恋愛感情どころの問題じゃないだろ(爆)

京「殿はどうですか?」
滝「僕もサバサバ系かなー」
京「そのほうが話しやすいじゃないですか」
滝「そうそう、そうですよねー」
京「なんかしっとりしっとりされると、つっこみにくいというか」

女性にもツッコミ前提なんかマサキは(爆)でもホントの好みは銭形平次のお静さんなはずなのに。観賞用ということだろうか(笑)
しかし大我くんの話聞いてると博美さん結構サバサバ系だよね。昔はホントしっとり系の感じだったのに。でも気の強いお母さんになったんだろうな。そういう意味では、家でマサキと博美ちゃんつっこみ合いだったりするのかな。それも楽しそう(爆)

滝「確かに確かに。それはありますねー。さて続いて参りましょう。ルールをいまいち理解しておらず、両チームを応援してる女子」
京「あっ!これ可愛いですね!!!!」
滝「あは!きたきた(笑)」
京「これ可愛いです!ボクの友達にいるんですけどね、ボクシング見てるんだけどどっち応援してるんだかわかってないっていう」
滝・スタッフ「あははははは!!!(爆笑)」
京「がんばれーがんばれー!って言ってるんだけど、おまえどっち応援してるんだっていう(笑)」
滝「とりあえず応援しとこうみたいな」
京「で、負けかけてるところが応援したくなるみたいでね。それが可愛いですね」
滝「なるほどー」

あ、そうなのか。私スポーツよく見るわけじゃないけど、野球にしてもサッカーにしても、強いものを応援するタイプだな。巨人とか西武とか無意識に注目してたし。

滝「続いて参りましょう。前髪を切りすぎてしまって妙に幼くなってしまって落ち込んでいる大人の女の人」

その昔、前髪を切りすぎて番組中に気にしまくっていた京本政樹さんという若者がいてだな。

京「これね、女の子って、ある年齢以上になると意外に前髪切りたがるんですよ」
滝「え!?」
京「眉毛より上とかにバッサリ切りたがる人とかいてね。ボクちょっと垂れてるほうが好きなんですけど、ある時会うとバッサリ切ってきてて、絶対前のほうがエレガンスでよかったよーと思うんだけど、次に会うとまたバッサリ切ってるんですよ(笑)」
滝「ええー!だから京さま的にはあんまり切らないほうがいいということですね!」
京「ボクは。まあ、、バッサリ系が似合う人もいますけどね」

秋野暢子、越路吹雪、研ナオコ、そしてピーターを想像した私は黙ったほうがいい。

京「でもボクはあんまり、、ちょっとふわっと系のほうが好きですね」
滝「なるほど」

なんか、マサキがこういう話するの珍しいよね?てか自分の番組が男っぽい話ばっかりしてるからなあ(笑)タッキー何気にありがとう。

滝「東京都のマッキー残念でしたというわけで」
京「あはは!ごめんなさい(笑)ボクの趣味で(笑)」
滝「それでいいんです趣味で。京ツボなんで(笑)というわけでどれが一番ツボでした?」
京「ええとね、んー、、、、あ、じゃあね。ボクはそのスポーツ系にしましょう」
滝「お!」
京「これなんとなく自分の中で思い当たるから」
滝「なるほど」
京「わかってないんだけど運動系が好きっていう人って結構いて可愛いじゃないですか。で、自分がサッカーとか野球とかできるのかというと全然できないという」

や、女性でサッカーとかできるの澤選手くらいだろ(プロです)。

京「あとね、殿みたいなスポーツ選手の身体見るのが好きな人とかいるんですよ。すっごい身体してるう、、、とか言って。おまえ何を応援してるんだ??っていう」

スタッフ爆笑しすぎ(笑)

滝「身体を応援してる人(笑)じゃ、ゴボウ男子、男の子ですけど」
京「あ、男ですか。じゃやめときましょう!」
滝「ひゃははははは!!(爆笑)」
京「それにしましょう(笑)」

なんか段々タッキーが楽しそうになってきてて、子供みたいに笑うのが可愛いね(笑)

滝「じゃあ一曲、曲紹介お願いしまーす」
京「はい、私、シンガーソングライターとして30周年なんですけど、ジェロに書いた曲とか、必殺仕事人に書いた曲とか、自分が出したアルバムとかシングルとか、ウルトラマンの主題歌とかまで、、、ほぼ80%以上網羅してる中に、若い頃の自分が出てる映像とかも入ってるんですけど。それのおまけと言っちゃなんですけど、前回出たときにTokyo Blueっていうアルバム宣伝させていただいたんですけど、その時はまだできてなかったんですけど、このためにトーキョー・ブルーっていう曲を書きまして」
滝「おお!曲を作る時はギターですか?」
京「ギターですね。ボクがね、ビバビバモーレ♪とか歌っても似合わないんで。月のあかりとか悲しい色やねんみたいな、大人の歌謡曲みたいなね」
滝「あーなるほど」
京「京本政樹作詞作曲のトーキョー・ブルーを聴いてください」

トーキョー・ブルーいいわー。タッキーフルでかけてくれました!ありがとう♪早くBox来ないかなー。

滝「さ、今日は京本政樹さんをお迎えしてお送りしてきましたけど。如何でしたか?舞台も終了し」
京「寂しいですね」
滝「寂しいですねー」
京「また機会があればね。座席のほうでも結構でございますので(笑)
滝「いやいやとんでもないです!(笑)」
京「ジャニーさん座席のほうでね(笑)昔ありましたね。ジャニーさん座席で見せていただいたの(笑)ボクがどうしても見たいと言ってね。ちょっと寂しいなーと思います」
滝「また是非一緒にね」
京「はい、よろしくお願いします!」
滝「さ、改めまして京本さんのほうからお知らせをお願いします」
京「はい。先ほどトーキョー・ブルーって曲を聴いていただきましたが、シンガーソングライターとして30周年、芸能生活35周年なんですが、MUSIC WORKS BOXという音楽仕事人ということでね、ボクが作曲した音楽を全部ぶち込んで。当時のコンサートパンフレットの復刻版を入れたりね。コンサート映像とか残ってないんですけど、偶然あってですね。是非、高いBOXですけど!」
滝「すごいですね!でもかんりプレミアですよね!」
京「相当プレミア感はありますよね」
滝「じゃこれを聴いていただければ京本さんの音楽の30年の歴史が」
京「まずボクがシンガーソングライターっていうの知らない人って多くて。必殺仕事人のOPの曲とかCM入るときの曲とか全部入ってるので聴いて驚いていただけると思います」
滝「すごいですね!」
京「あはは!いや、殿のWITH LOVEには負けます(笑)あ、殿、この間カラオケでWITH LOVE熱唱してしまってすみませんね。あっはっはー殿が横でじーと聴いているっていう。弁慶の声で(笑)いきなりチャート狙ってるわけじゃございませんので、ゆっくりと。損はさせませんので♪ずっとお供しとうございますので。ホントお世話になりました」
滝「で、来週はですね、SnowManが出るんですが、何か一言彼らにありますか?」
京「あれは呼ばないほうがいいと思います」
滝「あ、呼ばないほうがいいですか?じゃあカッティングで(爆)」
京「特に深澤と渡辺の二人は(笑)」
滝「聞くところによると、京さまは深澤と渡辺と一番仲がいいと聴きましたけど」
京「仲いいというかね、ボクが駐車場に帰ってくるとね、あの二人はもう車に乗ってるんですよ。あとThey武道の江田くんまで乗ってるんですよ。ボクはヒロくんヒロくんって言ってね。なんでかっていうと、昔里見八犬伝という映画で真田広之さんがやってた扮装と江田くんが似てるんでそう呼んでたらね、他の子たちもみんなヒロくんヒロくんって呼び始めて(笑)。それで車に帰ってくると三人がね、既に乗ってるんですよ!」
滝「あっはっはっは!!(爆笑)」

さ真田広之さんとマサキがお互いに「先生」と呼び合う仲なのは聴いてたけど、もしかして当時、ヒロくんとか呼んだことあるんだろうか。何それ萌える。いや呼んでないかもだけど。個人的に大好きな二人の俳優さんなんで、この二人が仲いいというのは昔からとてもニヤニヤしてしまうのです。それはいいですが、あー半蔵の格好とかは確かに真田広之というか、当時のJAC系がよくやってた田舎の忍者キャラの衣装ね(笑)私はあのかつらの後ろ髪がもっさりしてるのが好きではなかったです(をい)それと比べるとジャニーズの衣装はおしゃれでしたよね(笑)

京「特にボクが号令かけたりしてるわけじゃないんですよ?」
滝「あ、そうなんですか??」
京「時々一人くらい誘うかーなんてことあるじゃないですか。深澤でも誘いますか?って。まあ、嗅ぎつけたら大したもんだなーとか、まあナベショー(渡辺翔大くん)とかも深澤に言わないんですよ。・・・あいつ嗅ぎつけてくるんですよ。。。で、ボクがお客さん来てて出るの遅くなったりすると、パって車に乗ってる。。。」
滝「むふ、、、ありましたよね(笑)」

なんだそれ勇気ある若者たちだなあ(笑)

京「で、一回ね。まだスタートしてない時に、殿の車が横隣で、通ってるときにね、深澤とナベショーがね、固まってるんですよ(笑)」
滝「ひどいやつらですね!」
京「だって秘密車両って呼ばれてるんですから(笑)」
滝「じゃ、SnowManは呼ばないほうがいいということでね(笑)」
京「SnowManね、キスマイとかABC-Zみたいにね、育ててあげてほしいと思います」
滝「はい、がんばります(笑)へへへへ」
京「京本政樹でした。弁慶でございます!」

今のマサキの一押しはSnow Manと(笑)でも昨年今年と連続で滝沢一座の舞台観たから、主要人物を演じる彼らを二年連続で見たけど、みんなそれぞれ個性があって面白いグループだなーと思います。舞台レポにも書いたけど、特にやっぱりあの悪役を憎々しく演じてる岩本照くんがキラキラのアイドルスマイルで踊ってるのが一番不思議でならない(笑)そして江田くんの半蔵のふてぶてしさ、時に景時をも超えるすごい黒いオーラが出ててよかったなあ。そしてマサキとタッキーが恐らく一番愛をもっていじりまくる深澤辰哉くんね(笑)みんな可愛いよすごく。京本さんが応援したくなる気持ちもよくわかります。京本さんが可愛がるにはちゃんと理由があるなあと思った二年の舞台でしたし、タッキーと京本さんの尊敬し合う大人のプロフェッショナルな関係というのもぐっとくるものがあります。
京本さんも仰っていましたが、また何か機会があればいいですね♪