京本政樹のラジとばっ!#125 with ヒロシ(2013.12.15)

京「皆様こんばんは。スペシャルウィークでございます。もうすぐクリスマスですね(棒)。皆様のところにさん、サンタさんは※☆#、、、オレ台本読むの下手だなノcノノ;´▽`ノ」

うん、すごい台本読んでる感溢れててびっくりしました(笑)

京「ヒロシ、なんにも絡んでこないの?」

入ってこないと寂しいんだな(笑)

ヒ「今年はー、京本サンタさんは僕のところに来るのかな?仕事というプレゼントを持って」
京「あはははは!(爆笑)」
ヒ「ジングルベルジングルベルとおっきい車で」
京「おまえ、でもねはっきり言うよ!今年一年間くらい、、、すんごいプレゼントしたよな!?」
ヒ「あひゃひゃひゃ!!!!!いやーーー毎年いただいてますけど、今年はほんっといただきましたね!!ご飯もしゃぶしゃぶステーキいただきましたし、マッサージにも連れてっていただきましたし、あとね何より単独ライブゲストで来ていただいたとき!これはすんごいプレゼントでした!!」
京「はっきり言っとくよ。、、、単独ライブの話引っ張るなあ。もう過去の栄光忘れようよ(笑)」
ヒ「引っ張ってますねえ。引きずられてるんですね、まだ(笑)」
京「さて、サブサブサブサブサブレギュラーだったヒロシですが、最近はヒロシとのトークが楽しみという、間違ったお便りもいただいてます」
ヒ「間違ってない」

ヒロシ、よほど嬉しかったんですね!「京本さんに出演を依頼したら笑って濁されたとです」ってツイートしてたけど、本当に来て欲しかったんだなあ。こんなに喜んでいただけると、京本ファンとしてもなんだかすごいいい気持ちです。
そんなヒロシさんはすっかりアシスタントレベルにメールアドレスを読むのが上手です(笑)

京「ヒロシさ、クリスマスってなんか想い出ある?」
ヒ「昔、博多にいた頃、子供のいる彼女がいたんですけど」
京「子供のいる彼女??ああ、別れてらっしゃった(←敬語/笑)」
ヒ「はい、子持ちの彼女だったんですけどね。遠距離恋愛でゆくゆくは迎えに行こうと思ってたんですよ」
京「迎えに行こうと思ってたの?(笑)かっこいい言い方するなあ。今のすごいかっこよかったよ(笑)」

何かすごくツボったようです。たしかにちょっとトレンディドラマっぽいね。

ヒ「それで、クリスマスがきたんで、サンタクロースの靴下の中にお菓子を入れてね、子供にあげてねって送ったんですよ。それで実は靴下の爪先に指輪を入れてサプライズで送ったんですよ」
京「爪先に??それ気づくか??」
ヒ「そうなんですよ!だから気づかないで(彼女が)捨ててたんですよ。。。」
京「えっ!!」

そうなんです(何がだ)だから私も送られてきた箱とかは必ず隅々まで確認してから捨てますよ。指輪勿体ないなあ。。。

京「ブーツの爪先の中まで手突っ込んで何入ってるかな?なんて見ないよ」

え、私見ますよ。

ヒ「ちょっとだけ出しといたんですよ。そのさじ加減が難しくて(笑)」
京「わかった。おまえやっぱアホだ」
ヒ「そうそう(笑)」
京「え、それで向こうから何も言ってこないから、ちょっと探ってみたの?なんか嬉しいことあるー?みたいに」
ヒ「そうそうそう。きいてみたら何も言ってこないんで、たまらなくなって、(指輪を)入れといたんだよーって言っちゃったんですよ」
京「そしたらなんて言ってた?」
ヒ「えー!?って言ってましたよ。もうちょっと表に入れときなさいよって言われましたよ」
京「それいくらくらいだったの?」
ヒ「や、でもその時僕お金無かったんで1万くらいのですよ」
京「でも嬉しいよなあ」

こういう話してると相手がヒロシでも優しいマサキ(笑)

ヒ「それで、結局彼女にはふられちゃったんですけど」
京「あ、ふられちゃったんだ」
ヒ「京本さんはクリスマスの想い出っていうと」
京「オレはクリスマスっていうと大体仕事してるから」
ヒ「そうよねえー」

なんでオネエ口調なんだ(笑)

京「仕事の想い出しかないなあ。。。クリスマスだから!ってパーティしたりとかそういう記憶はないなあ。大きな想い出というとね、自分だとクリスマスディナーショーとかね。山下達郎さんの歌とか皆さん歌うじゃん。オレも歌うことあるんだけど。やっぱりシンガーソングライターだから自分のクリスマスソングを作りたいってなって、"メリークリスマスナイト"って歌を作って、何曲か入りのミニアルバムを出したこととかあるの。そういうのも今度のボックスにデジタルリマスターして入れようと思うんだけど。当時レコードだったからね。それをデジタルリマスターにしたりして、そういう作業を日々やってるんですよ」
ヒ「うーん」
京「というわけでございまして、、、冬の迷路きいてください」

 

メリークリスマスナイトじゃないんかい!!!

 

しかもMyPresentの曲でもないし(笑)流石だ。

京「えー、冬の迷路をきいていただきました(笑)」
ヒ「め、メリークリスマスじゃないんですか?あ、あんだけ話しといて(笑)」
京「や、冬の迷路いい曲だろ?」
ヒ「いい曲ですけどーあんだけメリークリスマスの話したのに(笑)」
京「や、だってクリスマスまで間があるし。今度22日に1時間スペシャルやる予定だし、まだここでメリークリスマスナイトやる必要はない」
ヒ「でもどんどん気持ちを高めていかないと(笑)」

ヒロシも疑問に思ってた(笑)

他の方のゲストの日もいいですが、ヒロシさんとのどうでもいいようなやり取りが好きです、みたいなメールがきててウケた。どうでもいい(爆)

京「今日もこの方にほんわかと安らいで眠りに就いていただいて。この間、テレビで博多華丸大吉さんが出てて。ずっと博多で一世風靡してたんだって?その方たちが、博多の街にそびえ立つポスターがあってそれを見て、うわ!俺たちも東京に出ていかなきゃいけない!って愕然としたらしいの。そのポスターがなんとヒロシだったんだって。、、、、、何あの話(笑)

何、っていい話じゃないですか(笑)
この話、トークライブで他の芸人さんたちも言ってたよね。そんだけヒロシは東京で一世を風靡したんですよ京本さん。

ヒ「僕は軽く売れちゃって」
京「売れちゃって(笑)って、かっこいいなおまえ(笑)でもあの時ちょっとオレのおかげでもあるんだぜぇ?」
ヒ「な、なんでスギちゃんぽいの(笑)売れかけのとき世話になったぜぇ?(笑)京本さんに(笑)」
京「オレ、ヒロシその話どうでもよくなった。話切るけど、タッキーとの舞台にヒロシ観に来たよな。オレ、足骨折してたんだよ」

えええええええええええええええええ

ヒ「はぁ!??」
京「剥離骨折してたんだよ。痛い痛いって。1月からのドラマ撮ってるんだけどさ」
ヒ「はい、ドラマ。いいな」
京「連続ドラマなんだけどさ」
ヒ「はい。いいな」
京「連続ドラマなんだよ(笑)」
ヒ「はい、、いいな(笑)」

ヒロシを羨ましがらせるな(笑)

ヒ「連続ということは続くんですよね」(当たり前です)
京「そう、3月まで続くんだけど。そのドラマがちょっとアクションが多いんで、他の方に迷惑かけちゃいけないからさ、病院行ったんだよ。そしたら、『骨折、、、してましたね?』って言われてさ」
ヒ「はぁーー!!」
京「なんていう話です(さらっ)」

ちょっとちょっと演舞城で骨折してたとか。。。。。。。。足ただでさえよくないんだから大事にしてよー゚(゚´Д`゚)゚
京本さん、運動しないのはまだいいとして、カルシウム取ってください!!私もカルシウムとってないけどさ、自分の身体なんかよりずっと心配だわ。骨折したら段々治りにくくなるんだよー??><

京「さ、ヒロシのプレゼント、公表しましょう」
ヒ「忘れてなかったねえ。。3枚のクリアファイル!僕のヒロシですのクリアファイルを皆さんのプレゼントとして持ってまいりました!」
京「それー、、余ったやつじゃないの?(笑)」
ヒ「余ったやつではないです!!心を込めて作った2枚ひと組の」
京「え?2枚ひと組なの?オレこれ一枚もらったけど。開けていい?」
ヒ「開けていいですよ」
京「これ今からプレゼントするやつを私開けてしまいますけど、何故開けたかというと、ここにサインしていただきます」
ヒ「サインしていただきます」

どっちがするんだ(笑)

京「オレがもらったのこっちの赤いほうだ。こっちが、~~です。っていう」
ヒ「そうなんです。~~です。って入れる」
京「ここにオレがさ(サラサラ~とサインしてるらしい)京本政樹 必殺 です。どう?」
ヒ「おおーー、やっぱかっこいいですね、京本さんのサイン!」
京「で、赤いほうがさ、ヒロシのサインで」
ヒ「あ!なるほどなるほど!ありがとうございます!」
京「で、これ3枚後でプレゼント3名の方にします。尚、当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。よく、テレビでやってるやつですね(笑)」
ヒ「憧れますね(笑)」

来週は1日に二度のラジとば!そして堀口ノアさんがゲストに登場します!!

京「ノアさん、っていうのも仰々しいですけど、新曲のトーキョー・ブルーもコーラスで参加してくださって。くださって、、って他人行儀な言い方ですけど。気を熟したところで、絶好のタイミングだなと。皆さん、来週22日夜8時にお会いしましょう。生ライブもあるかもしれませんし。ヒロシも聴いててください」

ってことで来週は1日に二度もラジとばが聴ける!!夢のようなスペシャルDAYですね!!

 

2013.12.15放送