京本政樹のラジとばっ!#124 withヒロシ(2013.12.08)

さて、衝撃の広告から時を経ずしてラジとばです。

京「皆様、今年中に終わらせたいことがいっぱいあると思いますが、私は実は、、、忙しいんです!ちょっと色々まだ言えないことも多いんですが、色々と撮影してたりですね、年末特番など多いですね。3月のアルバム、年内中にはなんとか形にしたいと思ってるんですが、スペシャルミュージックアルバム。レコーディングは終わってるんですが、なんとか年内中に形にしたいと思ってるんですが、、」
ヒ「うーーーーん、待ち遠しいですね!BOXができたんですね♪」
京「できてないんだよ!(怒)人の話きいてないだろ!」
ヒ「や、レコーディング携わったことないもので(笑)」

わーい何やら今年もまだまだ見られるんだね!そしてヒロシが週を追うごとにナチュラルに馴染んできてるという(笑)

京「や、でもヒロシとのトーク、ファンの方たちから評判いいんだよ」
ヒ「やっと認められたか!!」
京「あなた、トークライブ終わって結構テンション高かったよね!」
ヒ「そうなんです」
京「久しぶりに会ったけど、、(笑)おまえ痩せた??(笑)」
ヒ「え、ちょっと色々苦労がありましてね(笑)現実に戻されましてですね」

ヒロシのことあなたって言ったりおまえって言ったり。でもこの「あなた」って言い方なんかおばちゃんぽくて可愛いから大好きです。
んなわけで、今週も「渋々」ヒロシと一緒にラジとばスタートですが、、渋々と言いながらもう何回ゲストにいや、、もうゲストじゃないよ(笑)

京「先ほど言いましたように、3週続けてくらいの放送が非常に評判良くてね」
ヒ「ありがとうございました。チケットが売れたからっていうんじゃなくて高熱が出たんですよ。ちょっと兆候があったんですね」
京「高熱が出たって言ってもさ、だからあれだよ、テンションが上がって。よく子供が出す熱よ」
ヒ「僕もう42なんですけど。。(笑)」

知恵熱のイベントバージョン的な?楽しみすぎて熱出ちゃったこととかあるんでしょうか、京本さんが。

京「だってこれ書いてあるぜ?京さまとヒロシさんのトーク最高ですね!」
ヒ「って書いてあるんですか?」
京「書いてあるよ。ヒロシさんの、禁じられた遊びのネタ聞いてみたいです。あれはオレの振りがよかったんだよ!ちょっとやってやって。禁じられた遊びという曲を弾きながらやる、ヒロシのネタ」
ヒ「弾きながらやるネタって(笑)弾きながらやるのって難しいんだよなあ!」

そこせめてマサキが弾いてあげようよ(笑)
ていうかギター弾きながらネタって、ちょっとAMEMIYAとかぶるよね。冷やし中華ーはじめましたー!の人みたいな(笑)まあテンションが正反対ですけど。

ヒ「たまたまちょっとこれが弾けただけで。。

ヒロシです。。。

貝殻を、、、
ぅうやっぱ難しいですって!弾きながらっていうの!」

そりゃそうだと思う(爆)

京「(笑)この禁じられた遊びを弾きながらっていうのたまたま開発されたけどさ、意外に評判よかったんだよ!ギター侍みたいにギター弾きながらやるっていうのちょっとやらない?(爆笑)」
ヒ「今からギター侍みたいにですか??」
京「自分でギター弾きながらヒロシですやって(爆)」
ヒ「や、ちょっと一番最初考えたんですって!」
京「もう一回ホントやって(笑)」

まさかのギター侍イメージだったのか。すごい久しぶりに聞いたなその名前!残念!

京「禁じられたー遊びをーーなんだそれ!!(爆笑)(メール読みながら)ヒロシさん、お坊さん姿似合ってましたようひひって何?」
ヒ「あ、テレビでやったんですよ、そういうのを。どこの局だったかな」
京「そういうこというかな。日テレ?」
ヒ「はい日テレで。。」
京「日テレの話なんてオレ飛ばすの話してんじゃんいっぱい(笑)」
ヒ「それは京本さんだから許されることいっぱいあるんですよ!」
京「私の地域では聴けないのですが、友人から話をきいて楽しんでいます。あああなるほど!それでも臨場感伝わるんでしょうか?」
ヒ「もちろんちょっとは薄まるでしょうけど(笑)」
京「この禁じられた遊びは生で聴いてほしいね(笑)意見を募集してるということで、コンサートパンフを小型化していれるというのはどうでしょうか。いいですねえそのアイディア!!デザインを新しくしなくて済む。。。だんなさまという方でございます」

・・・って兄弟じゃん!!うおお兄弟のメールが読まれてるしマサキに名前読まれとる!ヾ(〃^∇^)ノしかも様付けで(笑)

京「貴重なご意見ありがとうございました。ということで、すっかり冬めいてまいりましたが、リクエスト『冬色の街』を聴いてください」




冬色の街!!





ああ、、この曲ホント大好き!!このメロディ聴いてるとホント身体が寒くなってきてさ(笑)涙がじわーーってなるんだわ。こういう暗ーい悲しいメロディ作るの流石だわー。

京「どうだった?冬色の街」
ヒ「最高だと思いました」
京「どんな歌だった?」
ヒ「冬色のー街はー。。。」(あれ??)
京「あ!!ああ!今のちょっと近いよ!?」
ヒ「そうでしょ?(ドヤ」

あ、すごい。ホント初めてヒロシのエアリスニング(笑)によるイメージ歌唱(爆)すごい近くてびっくりした!冬のイメージ通りの曲を作った京本さんがすごいのか、想像して歌えちゃったヒロシがすごいのか。このコンビネーションの息がなんだかちょっとずつ合ってきたような気がします。

京「おまえそこで禁じられた遊びの練習するなよ!!これからテレビでやるとしてもさ!」
ヒ「ちょっとでもクオリティあげとこうと思って(笑)」

ヒロシ、本気でネタでやろうとしてないか(笑)

京「冬色の街ー(チューニングちょっと変)、、、なんてやらなくても今曲がかかった後なんだよ!(と自分でやっといて何故か一人で怒るマサキ/爆)ところでヒロシ、TBS系列で日曜夜10時から放送中、ホムカミ、ニッポン大好き外国人、世界へ向けて里帰りでロシアへ!そんなこといいんだよ」

自分で振ったくせにー。

京「オレは飛ばすで島根県行ったんだけどさ。DAIGOのおじいちゃんのね、竹下登・元総理のご実家に行ったんだけど、竹下総理といえば消費税を決めた方ですよ。あれいい感じに編集されてたけど、オレがその話した瞬間に雨がどあーーーって降ってきて!それまでずっと晴れてたのよ??それで、別の話に変えたら雨が止んだの。。」

あれ実際放送されてたけどすごかったよね!喋ってる途中でどばー!!って豪雨になって。

ヒ「不思議ですねえ。。。ただその雨の様子が伝わってこないですよ」
京「は?」
ヒ「一緒に現場にね。京本さんと一緒にその雨を体験したかったですよ」
京「ヒロシね、、、プロデューサーに何回も言ってるんだけど、首を縦にふらない(笑)」
ヒ「京本さんでも叶わないことがあるんですねー」
京「でも阻止してるのは兄弟だと思ってるんだよ(笑)オレが、ヒロシヒロシって話振るおそれがあると思って拒絶してるの」
ヒ「やー僕なんかが足元にも及ばないんで」
京「そういうことじゃないんだよ。兄弟はヤキモチ焼きだからー、オレがヒロシーってやってるのが嫌なんだよ。でも三人でやってみたいよなー」
ヒ「そこのところを一回でいいんで!」
京「ホントに一回でいいの?」
ヒ「チャンスは一回与えていただければ!」
京「あ、じゃあ、どっか都道府県行った時、大体4、5週に分けて放送するじゃん。ヒロシせっかく行ったんだけど1回だけ出てくるっていうのは?交通費もったいないな(笑)」
ヒ「そこは交通費くらいはですね(笑)」
京「交通費持ってこいよ!」
ヒ「交通費持っていこうかなあ。。。テレビ出してもらえるなら」
京「じゃ、一番近いときに声かけて」

なんかやっぱりちょいちょい優しいこと言っちゃうんだ(笑)

ヒ「・・・島根遠いんでねえ」
京「島根もう終わったんだよ。今度は愛媛県」
ヒ「愛媛もまた交通費かかr、、、行きます行きます!いつもほらブースだけでね。。ブースだけでもありがたいんですけどね!」
京「そんなこんなでヒロシ、豪華なクリスマスプレゼントを持ってきてくれたんだって?」
ヒ「はい!豪華なのを持ってきました!」
京「先に言っといていい?トークライブで売ったやつとかそういうのダメよ?何持ってきたか知らないけど」
ヒ「うん、、、、ダメですか?すいません、グッズ持ってこいって言われたので、、、単独ライブのグッズ持ってきちゃいました」
京「(しーん)普段自分が身につけてるジャケットですとか」
ヒ「そんないいもの持ってないですよ、人様にあげられるような」

下手したらマサキがあげた服かもしれないよ(笑)

京「ヒロシが金銀パールプレゼントがあるかもしれないと!」
ヒ「いやいや持ってこれませんから」

ブルーダイヤ??金銀パールプレゼント♪ってCM昔ありましたよね。あれって今もやってるのかな?

京「3週と評判がよかったヒロシとのトークですが、今週また喜んでいただけるかわかりませんが、来週はきっと皆様、喜んでいただけるだろうということで。そして、金銀パールプレゼント、心のこもったプレゼントをお楽しみに!」
ヒ「ないです(笑)」

ヒロシからの金銀パールは本当に現れるのでしょうか。
てかたまにホント懐かしいネタをマサキが出してくるのがツボだわ(爆)

2013.12.08放送