京本政樹のラジとばっ!#112 (2013.09.15)

京「先週まで楽しかったですねー。EXILEのSHOKICHIくん、NAOTOくんも来てくれて。いい男ですねー。体育会系の礼儀正しい良い男でした!『フレネミー~どぶねずみの街~』!11話が終わって残すところ最終回!私もう見ました。すごいことになっております。ぜひぜひ最終回見て、私のこと嫌いになってもらいたいと思います(笑)」

それ何回も言ってるけど、どんだけ悪い役なんだろう(笑)

京「ということで、今週も!EXILEの!この方が来てくださっています!!」


え???


「EXILEの、、、HIROSHIです。。。」



ヒロシwwwwwwwwww



京「はあ??EXILEのHIROさんは知ってるけど、HIROSHIっていた??」

自分で言ったくせにひどい(爆)

ヒ「EXILEのって取っていただいて、、ヒロシです」
京「この間、おまえ来た時ブースに入れなかったもんな(笑)」
ヒ「見えないところに立ってましたもん」

いくらなんでも可哀想だろ(爆)

京「でも一緒にいるところ写真撮ったのはアップしといた」
ヒ「あ、ホントですか!ありがとうございます!」

ヒロシホントいい人だなあ。だんだん可哀想になってきたよ(笑)
皆様からの熱いメッセージのことメッセージトークって言っちゃうし。それでまたマサキから攻撃されてるし(笑)

京「今夜は、京本ヒロシと一緒に」
京・ヒ「「ラジオでも飛ばすぜ~!!」」
京「おまえ忘れてたろ」

オープングトークだけでいじりすぎ(笑)

京「改めましてこんばんは。半沢直樹です」
ヒ「出た(笑)ちょっと、訂正しましょうよ。京本政樹のーって」
京「いいんだよ。芸能界乗っかったもの勝ちなんだよ」
ヒ「半沢ヒロシです」
京「おまえホントに半分っぽいからな」
ヒ「あまちゃんヒロシです」
京「そう、あまちゃんヒロシ。オレは、半沢マサキだよ。半沢マサキです」

半沢マサキってなんか好き(笑)

京「今週のゲストは、Twitterで自分の単独ライブのことばっかのこの男です」
ヒ「あははははははは!!!!(爆笑)」

(BGM)

京「あ、ヒロシいいよ」

出た。絶妙な邪魔タイミング。

京「いいよ。単独ライブでやればいいんだから」
ヒ「そうですけど(笑)」
京「オレ電話できいたろ?単独ライブどうなったーって」
ヒ「はい、電話いただきました」
京「2、3、4だっけ?2、3?1、2、3?」
ヒ「2、3です。細かく言うと1は会場は取ってるけど何も決まってないという」
京「決まってないんだろ?じゃオレがそこで寝ててもいいわけだろ?」
ヒ「そうですそうです。その日京本さんが寝るんだったら」

京本政樹の公開睡眠だったらうち見に行くわ。
なんだそれ、パンダか(笑)京本パンダです。

京「その日、その会場に来てもらってラジとばの公開放送やるのもありってことだよな」
ヒ「あ!それはありがたいですよー!あれ16万円かかるんですよ」
京「や、それはおまえが出すんだよ。何言ってんだよ!」
ヒ「や、だってあれドマイナスなんですよ!生活できないですから!」
京「おまえ自由に使ってくださいって言って使ったら金取るのか(笑)」

怖い人みたいになってる京本政樹です(笑)

京「話戻るけどさ、何人入るんだっけ?180人?入るんですよって。何枚売れてるんだ?って言ったら、30枚ですって」
ヒ「あれもちょっと盛ってるんです。正確には25、6枚です。。^^;」
京「え、嘘でしょ??この間オレファンミーティングって、東京とか京都でやるのがあるんだけど、この間京都でファンの方に言っといたよ。どうぞ言ってやってくださいと」
ヒ「うわあありがたいです!!」

うん、確かにファンミで言ってたよ(笑)

京「ヒロシ単独ライブ、でいすい」
ヒ「どろみずです」
京「新宿シアター、、、モリエール」
ヒ「無理やり今ボケようとしたでしょ。違うこと言おうとしたでしょ(笑)」
京「え?新宿シアター森田健作」

わざと言ったし(笑)

ヒ「モリエールでいいじゃないですかそこは(笑)11/2、3と単独やります」
京「1日は京本政樹のラジとば公開生放送をやりますと」(嘘)
ヒ「や、言い切るとホントになっちゃうから(笑)7万円くらいいただかないと僕も帳尻合わないんで」
京「7万円出したらやらしてくれんの。じゃ、一人1万円ずつ(笑)オレなんの得があんの?」
ヒ「や、ラジオの収録ができるっていうね」
京「ちょっと考えさしてくれる?」

本気なのか?本気で考えているのか?
冗談なら冗談だと言ってください。1日スケジュール空けないといけなくなるから!^^;
今カレンダー確認しちゃったじゃん。11/1金曜日だなーって。でもやらないんでしょ?(笑)

京「でもあのチラシさ、、おまえ昔のスターみたいだな」
ヒ「や、だって事実昔のスターじゃないですか。8年前の(笑)」
京「そうだな(笑)それ言われたら間違ってない」
ヒ「結構頷けるでしょ(笑)」

ここで久々のヒロシ便り。2、3ヶ月マネージャーが休んでたのに9月号が久々に来たらしい。
なんか、ゲストいないときってラジとばがヒロシ告知コーナーになってるけど、それがまたアットホームっていうかツンデレでいいよね(爆)

京「レギュラー決定してるじゃん!すごいねMBSでホムカミレギュラー決定って!」
ヒ「そうなんですよー。海外にロケ行ったりするんですよ!」
京「ふーん。よかったね」
ヒ「京本さん、、もうちょっとなんか言ってくださいよ。。レギュラー決定したんですから、おー!そうなんだ!!って」
京「おー!そうなんだ!!」(オウム返し)
ヒ「もうー嘘ついてるのバレバレですからーー」
京「や、でも頑張ってるじゃん!サイゾーに載ったりとか?」
ヒ「はい、結構色々やってるんですよ。仕事も増えてきて」
京「だから、30枚しかチケット今は売れてなくても、当日は50人くるかもしれないじゃん。満杯にならなくても最悪はオレが言ったように、客席と舞台逆にしろよ」

最悪それやったらすごい話題になると思うんだけど(笑)

京「お客さんに舞台上がってもらって。自分は古畑任三郎みたいにピンスポ当てられて、今日は誰もいないとです、って言って上で見てもらってるっていう。・・・オレ、これやりたいなあ!

あんたがやりたいんか(爆)

ヒ「でも今のままだとホントに実現可能になるんで。。」
京「それ行きたいね!さ、先週までスター続きだったわけですが」
ヒ「もうー最初のオープニングの振りとかもうきついっす!」
京「SHOKICHIとかNAOTOとか、三代目J Soul Brothersの山下しんじ、、山下健二郎くんか。山下真司っていつも言っちゃうんだけど(笑)やっぱり人気あるなあー」
ヒ「もちろんですよ!」
京「EXILE便りとか持ってきてくれてさ。それで、EXILEファンの方たちがうちのサイトにも入ってきてくれるわけよ。それでSHOKICHIがね、あなたのEXILEのSHOKICHIですっていうの結構喜んでくださってる人が多くてそういう反応があるんだけどね。ヒロシはなあ、、今のところそういう反応がなくて、、実感する喜びがないんだよなあ。。。」
ヒ「や、あると思いますよ!や、そろそろだと思います!今まとまってドーン!ってきますからね」
京「こう見えても、、力尽きてるところがあってなあ。。。」
ヒ「あぁぁ、、、京本さんでももう扱いに困ることがあるってことですか??」
京「あはは!!冗談だよ!(笑)」

この、悪人になり切れないマサキが好き(爆)

京「この間困ったのが、日曜日にやってたほこ×たて。大島優子ちゃんと一緒に出たんだけどね、まあ茄子嫌いっていうか、、茄子限定で嫌いというわけではなかったんだけど、野菜全般が嫌いなんだけどな」
ヒ「そういえば!京本さん野菜まったく食べないですね!!」
京「お肉、しゃぶしゃぶ二人で食ってて、豆腐とか湯葉とか、野菜とか乗ってるじゃん。食わないよな。ヒロシのためには乗っけるけど」
ヒ「あ、嫌いなんですか!?」
京「嫌いっていうか、強いて食わないよな」

なんで強いて食わないんだ。食べなさいよ!身体にいいんだから!!(親心)

京「そんな中で、優子ちゃん。とかというところから話がいって、茄子だけではなく野菜全般嫌いなんだけど、まあ茄子嫌いなオレという括りで話がいったんだけど。この間もロケで茄子の漬物とか出たりしてな。それで、困ったことがあってさ。ほら、ヒロシも経験あるだろ。親戚いるだろ?」
ヒ「はい、いますよ。僕だって」

なんで穏やかに悲しそうなこと言ったヒロシ(笑)

京「オレね、お父さんの妹さんの末子姉ちゃんっていうのがいるんだよ。亡くなった父親の妹だよ。その人が大阪で食堂っていうかレストランやってるんだけどね。その縁があって、オレ昔大阪でレギュラーで出てる刑事ドラマがあって、渋谷天外さんとか連れてみんなで行ったんだよ。そうしたらそのおばちゃんがさ、水茄子っていうのをすごい押し出してくるんだよ。それで、押し出されたらさ、流石にお野菜嫌いなオレでも、ちょっとは口にしなきゃってなるのよ。それで、渋谷天外さんとかも、みんな美味しい美味しい!って言ってくれて、天外さんにおばちゃんが水茄子送ったりしてたらしいのよ。そうしたらさ、いつの間にか「京本政樹さんおすすめの水茄子!」って勝手にホームページに書かれちゃってたのよ!でもさ、親戚の人にダメだしできないだろ。。。?」
ヒ「親戚ですからねー」
京「オレ全然嘘はついてないんだけどね。まあそれはそれでいいじゃないですか。仲間の俳優さんたちが美味しい美味しい言ってくれてね。ま、あのコメントおばちゃんが作ったんだけどね、はっきり言うと」
ヒ「ただ京本政樹が絶賛なんですから、京本さんは茄子を食べるべきですよちゃんと」
京「なんで食べるの。そんなのオレの自由じゃん。食べるの」

それさ、おばちゃんが最初から「渋谷天外さんおすすめ」にしとけばよかったんじゃないの??あ、流石に天外さんには許可もらってね?(爆)末子姉ちゃん検討したほうがいいと思います(笑)

京「それでちょっとネットで騒がれたみたいなんだよ」
ヒ「あ、やっぱりそうなっちゃいましたか!」
京「だからね、あれはボクが打ったコメントじゃないです。親戚のおばちゃんに出された、、、出されたっていうかね、まあ親戚のおばちゃんだから許してますよ。ただ、はっきり言うと、

野菜大嫌いです(笑)

言い切った(爆)
うん、今度から末子姉ちゃんの店のコメントは「渋谷天外さんおすすめ」に変えたほうがいい(笑)

茄子だけ好んで食べないっていうけど、茄子だけ食べるって確かにあんまりな、、、、あ、うち温野菜で茄子だけ食べてるわ。でも味はつけるよなあ。味つけないで野菜ってなかなか食べないよね。でも、食べる人は食べるのかな。

京「あとオレきゅうりも駄目なんだよ」

なんだって!きゅうりスティックに味噌をつけて食べなさい!
京本さん、もしかしてみずみずしい系の野菜が全部嫌い??
まあ、子供の味覚の人だからしょうがないけどさあ^^;
野菜の身体に良さは私30代でも実感するようになりましたけど。。。やっぱまだ完全には老化してないかこの人。。。

京「オレ不思議なところがあってね、料亭とか連れてってもらうと、決まってこういうの出るじゃん。前菜っていうかなんていうか。そうするとね、オレ、ノーって言えないのよ」
ヒ「まあそうですよね」
京「それで、それを食べてからすぐに自分の好きなものを食べて、飲み込んじゃうのよ。そうするとね、スタッフとかに言われるの。『京本さんって好き嫌いないんですねー』って」
ヒ「まあそう見えますよね」
京「そういう時には余計に心に決めてることがあるの。自分がお金出して食べる時は、絶対これは食べないようにしよう、って(笑)」
ヒ「なんか、、子供みたいですね(笑)」
京「まあ、そうやって、テレビに出ているボクと、テレビから全然お呼びがないヒロシのトークでございました」
ヒ「や、そういうイメージつきますからあー!」
京「ということでございまして、来週ヒロシ絶対来るなよ!」
ヒ「すごい振りだな。。。それは絶対来いってことですよね??」

意味がわからないよこの人たちのやり取り(爆)

京「リクエストが来ています。『三代目J Soul Brothersの山下さんが来られた時にリクエストした"どこまでも女になりたい"そろそろ聴きたいのでお願いします』。ミッチェルさん。・・・あったなあ!その時オレがリクエスト無視して違う曲かけちゃったの!じゃ、今夜はかけよう。。。と思ったけど、オータムラブにしよう(笑)」
ヒ「ちょ、ミッチェルさん超可哀想じゃないですかー!!」
京「じらしてるんだよー。来週もまた聴いてくれるかもしれないじゃないか!」

あんまりじらしすぎると聴いてもらえなくなるかもよー(爆)

京「あなたのヒロシでしたって言えよ」
ヒ「あなたのヒロシでした」
京「そんなこと言わなくていいんだよ」
ヒ「どういうことなんだよ。。」
京「単独ライブの準備で忙しいと思うけど、絶対来んなよ??・・・さよならっ。。」(投げやり)

忙しいと思う「けど」ってなんで若干気遣いしてんの。やっぱツンデレだこの人(笑)

というわけで今週は、リクエストのどこまでも女になりたいをまたまた無視した、オータムラブでお別れです(笑)


そうそう、今週の放送で出てきた「末子姉ちゃん」っていう叔母さまの名前、どっかで聴いたことあるんだよなあ、、、って数分考えてて思い出したんだ!
昔、テレ東の12時間時代劇で「忠臣蔵」に京本さんが出て上杉綱憲やった時あったでしょ。あの放送前に、宣伝番組があって、テレ東で出演者が行く旅番組というか、おすすめのお店に行くみたいな番組があったんですよ。それに京本さん、本編ではすごいちょっとしか出ない役なのに何故か出演してて(笑)、そこで大阪の「よさこい」っていう料理屋さんに行ったのが放送されたんです。
従兄弟の当時まだ20代の青年が店長だったかな?清原似の彼、って言われてた人が出てきて、なかなか手に入らない「くえ」って魚が手に入ったから食べて!って、マサキにくえを入れた鍋を食べさせてくれるっていうのをやってた。そのお母さんが末子姉ちゃんだったんだわ。昔から京本さんと仲良しみたいで、子供の時に一緒に撮った写真も出てたんだよー。あの末子さんかー。
末子さん、マサキさん、茄子嫌いだそうですけどどうしましょう(爆)