深イイ話&週刊文春

深イイ話、録画でガーッと見たけど、やっぱり二人揃ってると可笑しいね(笑)
京本さんの
「僕はグルメレポーターじゃないから、上手なコメントはできない。それよりもその場の楽しさが伝わってくれればいいから、コメントはしない」
っていうの、なんかぐっときた。実際見ると笑っちゃうんだけどね(笑)
京本さんが、実はやればグルメレポートできる人っていうのを知ってるからぐっと来るのかもしれないけど、ファン的にあの「ん~~~」が一番伝わるんだもんね。
愛エプのアナウンサーの人の眉間ゲージみたいに、美味しさレベルがわかるよね。
今までで一番美味しそうだったのは、何かの番組で、ケーキを食べた時だったけど。苺かなんかのケーキを、ノcノノ*◎ー◎ノ<ん~~~~~!!って震えながら言ってたのはやばかったね。一緒に出てた人に「女の子みたい」って言われてた(笑)
そういえば、あの番組が初めてだったような気がする。

あと、できちょるけんのお母さんわざわざ大分から慎吾ちゃんに会いに!!
や、ホント得な人柄だよねー。あんなに成人女性をぐりぐり抱きしめたりできるおっさん他にいないですよ(爆)
しかも慎吾ちゃん意外と涙もろかった(笑)
それを、愛しそうーに、「お母さん、兄弟泣いてるよ!」って言うマサキとかね。
たまーに素敵な一面見せてくれるんだからこの二人。
やーしかし鯛めし美味しそうだよー。鯛めしの時のマサキも美味しそうだった。あ、、、マサキが美味しそうみたいな文章になったわ。



さて、週刊文春も買いましたよ!!
きっと1、2ページだろうなーって思ったら、なんと4ページも!!
しかも、高槻にいた時のご実家の間取り図まで!!
イラストレーターさんが書いたんだと思うけど、こんな細かい間取りまでよく覚えてるなあ。。
私は昔住んでた家なんて覚えてないです。。。
でもよほどいい記憶だったんだろうなあ。
京本さんのお父様って何でもできる人だったんだろうなっていう気がします。
そういえば私が子供の頃住んでた家がすごい古い平屋だったんで、初めて2階建ての家に引っ越した時めちゃめちゃ嬉しかったなあ。
あと引越しの達人話は昔バラエティ番組でも言ってましたね。
藤竜也さん主演の映画に出てくる東京タワーが見える部屋っていうのに憧れてて、東京タワー周辺を点々と引越してたって。一年に13回くらい引越ししたとか言ってたと思う。
それで、洋風みたいに土足で上がる部屋が映画に出てたんで、それの真似して、絨毯買って部屋に敷いて土足で生活してたっていう話面白かったな(笑)
ホテルそっくりのレイアウトにしちゃうとかもすごいよね。でもそんだけ居心地よくなるほどホテル生活長かったのか。京都の時代劇生活も大変だよなあ。
寮の話とかも面白かった。
聞いたことのある話もあったけど、初めて知る内容もあって、若い頃の京本さんの生活を垣間見ることができてとても面白かった♪



そそ、飛ばすはなんとなくそんな予感がしてたから録画して後で見たけどやっぱり予告+αって感じだった。
でも、しまねっことマサキの共演可愛かった。や、しまねっこ単体で充分可愛いよね。
島根編楽しみ♪