京本政樹のラジとばっ!#104 (2013.07.21)ゲスト:オリエンタルラジオ

今週も引き続きオリエンタルラジオのお二人がゲストです。

京「あのね、オレもうこの番組始まって2年以上経つんだけど、まあね、ファンの人からレターとかももらったりするんだけど、どんな人が聴いてくれてるのかなって思うと、やっぱEXILEとか人気すごいじゃない!そういう人が出てくれるとね、若い人たちのツイートがいっぱい出てくるわけ。山下健二郎くんが出る、京さまのラジオ待ってる!とかね。・・・さ、二人の。。。」
藤「いやいやちょっと待ってください!どんだけプレッシャーかけるんですかいきなり!」
中「EXILEほどパワー我々持ってないですよ(爆)」
藤「ツイート伸びないですよ!?我々!」
京「オリラジだよ!?」
藤「なーんの話かなと思った!」
中「もっと素朴で庶民的なタレントなんでー(笑)」
藤「追い詰められてたー!」
京「天下のオリラジだぜ!?」

絶対どこか時代劇っぽいし。天下のって、水戸黄門みたいな。天下の副将軍みたいな。

藤「天下でもなんでもないです。地べたです」
京「どれくらいのツイッターくるのか!?」
中「駄菓子みたいなもんなので」
京「あはは!!」

オリラジめっちゃ楽しみにしてたよ(笑)
先週の放送がめっちゃ面白かったんでね。二人で突っ込んでくるからホント楽しくてしょうがないの(笑)

京「先週に引き続きまた飛ばすの裏話などをしながらやっていきたいと思います」

いきなり慎吾ちゃんの話。

京「大変なのよ、柳沢慎吾のジェラシーっていうのが。二人とロケさせてもらってるとね。河本とロケやってたときもそうだったんだけどね、河本と一緒に番組やってるよーってメールすると、3日くらい連絡来ないの」
中「いじけちゃってるんだ(笑)」
京「で、違う内容でメールしてきても、絶対そのことに触れないの。だから、『兄弟こないだ河本と撮った写真送ったでしょー?』っていうと、『うん、そうだねー(冷)』っていう感じで。で、そのうち本音が出るんだけどね、『なんで河本と一緒に出てんの?おかしいでしょー!兄弟は俺のもんだよ!』みたいな(笑)」
中「嫉妬なんですね、ホントに(笑)」
京「でも自分が河本と一緒に出てると喜んで電話来るの。今河本と一緒に出てるんだー!って(笑)」

なんで50代のおっさん二人で嫉妬させたりしたりしてるんだ。その関係のほうがおかしいだろ。

藤「可愛らしいですよね。だって火曜サプライズのロケのときでも」
京「あっちゃんのときはね、リクエストしてるんだよ。オレは帽子かぶってマスクして寝ようと思ったの。それでオレがわざと兄弟の席3つくらい前に離したの。そうしたら兄弟が後ろ向いて、オレとあっちゃんが横並びになってるのを見てんの。それで、兄弟こっち来るー?って言ったら、行く行く!っていって、マネージャーと場所変わってもらってさ。それで二人の真ん中入ってきて」
中「台無しになっちゃって(笑)」
京「そう台無しになっちゃって。それでずーっと喋ってたのな」

なんか、、、修学旅行みたいな話してんな。落ち着きのない大人たちだなホントに(笑)

京「藤森の時はラッキーだったじゃん」
藤「いや、帰りは縦3人でしたけど、行きは横3人だったから」
京「オレは疲れてたからあれでいいやってなって。だから藤森は結構楽してるんだ」
藤「いや楽はしてないですよ!正直!次の日ぐったりしてたんですからホントに」
京「あれでぐったりって言ったらね、オレと兄弟がテンション思いっきり高いときってすごいからね??」
藤「耐えられないっすか(爆)」
中「でも、慎吾さんってすごい喋るじゃないですか。でも、メールしてくれたり社交的なのは京さまでー」
京「前に河本が終わる時3人でステーキ屋さん初めて行った時言われたけど、『京さまにいつもメールとか電話もらってマッサージとか連れていってもらってますけど、未だに慎吾さんのメール教えてもらってないです!』って(笑)」
中「それ意外なんですよねー!」
藤「連絡先知らないんですね!」
京「あいつ教えないらしい」
中「慎吾さん、すごい話しかけてくるのに、メールの話になると急に黙るんですよね」
京「あいつなんだろうね??」
藤「え、(メールアドレス)聞いたの??」
中「聞いたよ。メールアドレス交換させてくださいって京さまに言って、慎吾さんにも言ったら、『や、、、まだいいだろう。。。』って」
京「あいつ何なの??」

何なの?って(爆)
でも、京本さんと仲いいって知ってからいろんな番組で共演もしてるし、それ以外でも慎吾ちゃん出てると見ちゃうことよくあるんだけど、だんだんわかってきたね。慎吾ちゃんって、テレビだとあんな風にア~ア~言ってるけどさ、めっちゃ照れ屋なんだよねー。そして、マサキよりもずっと気難しそうな気がする(笑)

中「割とね、京さまのほうが、家遊びに来いよー!あっちゃん来なよ!なんて言ってくださるのに、慎吾さんは家とか見せてくれるのに、遊びに行ってもいいですかっていうと黙るの」
京「あの人何だろうね??あの一線の引き方って(笑)」
中「あそこ不思議ですよね」
京「オレ兄弟と30年くらいの付き合いなんで、共通の友人とかもたくさんいるんだけど、大体みんな兄弟の連絡先知らないのよ」
藤「へえー!不思議!」
京「それである時あいつと初めてメールっていうのを覚えた時も、10年くらい前にね、メールが便利だってわかった頃、兄弟にオレが教えたのよ。それで、わかりやすいメールアドレスにしちゃうと、いたずらメールとか色々来ちゃうからしないほうがいいよって。singoとかさkyodaiとか」
中「kyodaiでわかるんですか(笑)」
京「いや、今兄弟~ってわりと言われてるからさ。そうしたらさ、あいつめっちゃくちゃなアドレスつけちゃってさ。xyzなんとかかんとか~みたいなめっちゃくちゃなアドレス入れちゃったの!・・・オレのアドレス面白いよ。・・・あ、こんなこと言っちゃだめか(笑)」
中・藤「言っちゃダメですよ!!」
京「あっはっはっはっはっは!」

笑いすぎ(爆)
てか今止めなかったら素で言っちゃうところだったでしょ!!
生放送じゃなくてホントによかったよね^^;でも面白いアドレスなのか。何かしら自分関連のネタなんだろうな。ちょっと気になる(笑)

京「それで、大林素子ちゃん仲いいんだけど。オレは素姫って呼んでるんだけどね。素姫に『慎吾さんと連絡が取れないので、アドレス教えてください』ってきかれたの。それで、自分のアドレス帳見たらさ、わっけがわかんないわけよ!それで書き写すしかないくらい難しいわけよ。オレ一生懸命書き写したよ!それで大林素子ちゃん送ったんだけど、返事がないんですよーだって」
中「そこがミステリアスですよねー!」

え、そういうのこそ書き写すより、アドレスコピペして送っちゃったほうが確実じゃない。。。?大林素子さんのアドレスわかるんだからさ。。。そういや昔赤外線なんてあったなー。あ、今もあるのか。

京「そういえばオレあっちゃんが司会やってる番組に出て、二人とはお試しかっで初対面じゃないか??オレたち二人が現れたのはお試しかが初めてだ。あん時うるさかったろ。あの時青森から帰ってきたんだよ。それで兄弟が出るから出てくれって言われて青森から帰ってきて出たんだよ」
藤「あの時って当てましたっけ??夜中で、散々かき回して当てずに帰ったような(笑)」
中「お二人ってロケになるとすごいんですよ。で、室内入っちゃうと、部屋壊れるんじゃないかっていうくらいの、屋外用のパワーなんですよ(爆)」

怖すぎる!!今、同じ部屋にいるのを想像して震え上がりました。

中「屋内なのに。もう全然メニュー選べないんですよ(お試しかの)」
京「要はオレたちのポリシーとして、皆さんはほら当てようと、10万円とか100万円とか取ろうとするけど、オレと兄弟そういうのないからね」
藤「や、そこは取ろうとしてくださいよ!(笑)」
京「それでオレなんかむちゃくちゃにしようとして、逆に当てちゃったりするわけよ。最初、これがいいんじゃない??なんて言ってるのが他のみんなに反対されたりして。で、みんなが言ったほうを持って帰ったりしてね。それで2周くらいして、最後、じゃあ最初に思ったこれでいい~?なんて言って持って帰ると、それが2位だったりするわけよ!」
藤「持ってるんだぁやっぱり」
京「そんなこともあってね、そうそう、オレ前もってウエンツに聞いてたんだけど、『京さま、うえっ!ってなるくらいきついですよ!』って言われてて。でも最初一人で出た時は早く終わってそんなこともなく帰ったのよ。それが、次に時なんだっけ。コンビニのお菓子かなんか。。。」

でもマサキが「お菓子」っていうと安心します。スイーツとか言わないでほしいです。京本政樹にはいつでも「お菓子」って言ってほしいです。そんなことはどうでもいいんだが。

京「そういう甘い系の」
藤「ドーナツでしたっけ?」
京「あ、ドーナツだ!あの時は流石にね、朝の5時頃にえずいたね(笑)」
中・藤「(笑)」

一日一食なのにドーナツ大量に食べたらそりゃ気持ち悪くなるわな。。。芸能人って大変ですなあ。そりゃ彦摩呂も太ります(え)
コンビニは一人のほうだね。ローソンの回。あの時も若干大暴れだったけど。一人でも柳沢慎吾レベルに暴れることがあるなって思って見てたわ(笑)

京「さ。へへへへへ(笑)8/4!」
藤「何かあるんですか。。。?」
京「何かあるんでしょ?」
中「渋谷∞ホールでトークライブやります。急ーに告知させてくれるんですね(笑)」
京「いいんだよ、流れで(ニヤッ)あっちゃん、結婚してから小遣い5万円ってホントなの??」

ホント自由だな。ついてくのが大変だから(爆)

中「あ、ホントです、うちは」
京「あっちゃん、幸せそうだもんなあ。。。」
中「そうなんですよー」
京「中田ルンルンだもんなあ!」

あっちゃんって言ったり中田って言ったりするよね。でも、あっちゃんって言うの可愛いから好き(笑)

中「嫁とー※☆$」
京「藤森も可愛いよなあ」

急だからホントに!あっちゃんまだ喋ってるから!

京「なんか彼女の話とかしてるもんな」
中「あはは!京さま慎ちゃんの時に(笑)」
藤「カメラ止まってる時ですけどね」
京「普通にね、素直に喋ってくれるのよ」
中「順調なんだー」
京「ロケの時とかにもね、彼女がこれ好きだから、お土産に買っていってあげたいとかさ」
藤「あーそんなこともありましたね、空港で」
京「だからオレすげえなーって思って。こいついいやつだなーって」
中「いいやつだなーって(笑)」
京「あれ??オレ今藤森のイメージアップしちゃう発言しちゃったなあ」
藤「いやいや!全然ありがたいですしー!」

いい人たちなのね二人とも。なんか河本くんからメンバー変わって色々入れ替わりでどうなるんだろうって思ってたけど、今は今で楽しい人たちに出会えてよかったねー。河本くんも見てるみたいだし(笑)別々にしか出たことないのに、こうやって2人来てくれたのがなんか嬉しいよね!
ということでエンディングリクエスト。

京「しおひよこさん?どういうラジオネームなんでしょうね。えっと、、、リクエストは書いてません!(爆)」

でも、この間のピックプレゼントで当たった人なんだって!それで、「京さまの美声にアドレナリン全開で聞いています!」って書いてあったんだけど、マサキが

「美声じゃございませんが(笑)」

って、京本政樹が美声でなくて誰を美声と言う!!と突っ込んだ人多数でしょう。声いいもんマサキ。ラジオドラマで萌えさせる京本政樹が何を言うか!
てなわけで、リクエストが書いてないので京本さんが選んでかけることになったんだけど、アルバム告知の話になって、ちょうど藤森くんと一緒に出たヒルナンデスの時の話になった(笑)

京「ベストアルバム発売されたばっかりの時にジャニーさんに声かけられて舞台入っちゃったから。アルバムの告知途中になっちゃったの」
藤「でも、ヒルナンデスで5回くらい入ってましたよ?」
中「何度もやってましたもんね」
京「そう、中田にも言われたけどさ、何度同じネタやるんですか!って言われてね。何度もやっとけば一回くらい使われるんだよ、って言ったらさ、あのヒルナンデスすごいよ?全部使ったもん。オレが急に思いついてね。こういうもんです!って警察手帳みたいにアルバムを出すっていう。さ、それではリクエスト、、、リクエストないんだ(笑)」
中「じゃあ、I LOVE YOUのシングルバージョンとかどうですか?」
京「あ、それもいいねえ!それもいいけど、前回の人を更にじらして、今発売中のオレのベストアルバムに入ってる曲で、『じらされて…今夜』という曲を(笑)」
中「じらされて今夜(笑)先週の人を焦らすんですか(爆)」

せっかくあっちゃんが上手いことマサキの曲をいじってくれたのに(爆)

京「個人的に焦らすってのはすごいことだよ(笑)」

すごいよね。ラジオを通して個人的にリスナーを焦らすという手法。先週の方すごい美味しいですね(笑)

そして来週もオリラジのお二人が!

中・藤「「オリエンタルラジオでした!」」
京「揃うねえ。。。(感心)」
中「またここ褒められた(笑)」
藤「前回もここ褒めてくれましたよね(笑)」

いいな二人来ると、めっちゃ面白い(笑)
てかどこにリスナーを何週も焦らすパーソナリティがいる(爆)ここにいるね(笑)