京本政樹のラジとばっ!#103 (2013.07.14)ゲスト:オリエンタルラジオ

「先週までゲストで来てくださっていた山下健二郎くんと私、京本政樹が出演する『フレネミー~どぶねずみの街~』、最終回までものすごい展開が待っているということで、ドラマの感想もお待ちしております。さて、さぶさぶさぶーいレギュラーのヒロシを呼ぼうと思ったんですが、あいつ忙しいらしいので、ヒロシ、おまえはクビ!っていうことで」

もうゲストの方々の笑いが起こってる。そうやっていない時も毎回ヒロシの名前出してるよねマサキ(笑)しかし、ヒロシがこうやってラジとばに出られないくらい忙しくなることを本心では望んでるんでしょマサキ。このツンデレめ!

ということで、今週はヒロシお休みで、京さま慎ちゃんと仕事でふかーい付き合いがあるオリエンタルラジオ、中田敦彦さんと藤森慎吾さんが、コンビでゲストに来てくれました♪

京「ぶっちゃけ他局なんだけど、火曜サプライズ、皆さん見てくださってると思うんですが。え、言ってくれたのは嬉しいんだけど、(都バスのコーナー)好きだったの?お世辞じゃなくて??」
中「そうなんですよ。大好きで。ま、スタジオではね、あの二人と行くと疲れるんですよーっていう体をね言ってますけど、それはギャグで、本当はすごい行きたくて!」
京「いいねいいね!その言葉聞いたらね、兄弟もう今泣いてるよ(笑)」
中・藤「「(爆笑)」」
京「兄弟ね、ああ見えて、疲れたって言われてるの(心が)ズキンズキン来てるよ?あんだけギャグやって、疲れたって言われて、それで中田は来なくなったのか、、、って」
藤「いやいやいや厳しすぎですって!」
中「普通に傷ついてたんじゃないですか(笑)」

あ、マサキ、皆様からの熱いマッサージって言いそうになったね(笑)私マッサージ上手いですっていうことはおいといて。

あ、そっか。オリエンタルラジオはテーマ曲ないのか(普通ないだろ)
テーマ曲系がないゲスト初めてですよね。ヒロシはBGMある芸風だし、河本くんは何故か?ウルトラソウルになっちゃってるし(稲葉さんが来てるみたいだよねホントに/笑)

京「オリエンタルラジオのお二人が、火曜サプライズで交互に絡んでいるのを(リスナーが)見ていると、思うこと前提に」
藤「火曜サプライズの裏側を喋るということですね(笑)」
京「サプライズの(新装開店してから)もう半年やったの!?」
中「レギュラーになてから半年ですね」
京「なんか新装開店しますー、新しいレギュラーになりますーなんて言ってて、河本が消えていって。。。」
中「いやいやいや、、、そこピックアップしなくていいですから(笑)」

仲いいからこそ笑いにできる話だな^^;
しかしもう半年かあ。毎週あのコーナー見てるとホント早いよね。。

京「でもこの前河本に聴いたらさ、今もあのコーナーチェックしてるらしいよ(笑)」
中・藤「ええーー」
藤「チェックしてくださってますしー」
京「あ、河本と喋ってる?」
藤「はい、仲良くさせてもらっててよく話してるんですけど、この間の秋田のロケ行った帰りの羽田で早速河本さんに連絡させてもらいました。行ってきました!って」
京「疲れたやろー!(モノマネ)って言われたでしょ」
藤「言われました。でも自分の中でも色々相談したいことがありますと。どうやったら河本さんみたいになるんでしょう?って」
京「この間ここ来た時にね。俺だったらこう突っ込むとか、そういう風に見てるらしい」
藤「そんなこと言ってるんですか!?(笑)」

河本くん、普通にあのコーナー好きでやってたんだなー。。。また、ゲスト形式でもいいから悪魔兄弟と絡んでほしい。。^^;

藤「ちょっとプレッシャーですねえ。。。」
中「すっごいねえ。。。」
京「それで、お二人が順番にきたけど、それ見ながら、あそこでなんでもう、、、、、とか、そういうこと言ってた」
中「あかんぞと(笑)」
京「で、その時なんて言ってた?」
藤「実は池のシーンがあって、京さまから、藤森落ちてもいいんだぞって言われたんですが、、結局できませんでしたと」
中「めっちゃ悩んでるじゃん(笑)」
藤「て、河本さんに言ったら、アホかお前は!と。俺は真冬の滝に入ったんだぞ!と」
京「そう、あの時、等々力の滝(よく覚えてるなあ!)ってところに行ったんだけど、その時も冗談のつもりで、『河本、、、滝があるよねえ。。。(ニヤ)』」
藤「怖い!!!!(爆)」
京「って言ったら、あいつホント脱ぎだしちゃってさ!」
中「それで飛び込んだんですか!?」
藤「スタッフさんは絶対止めるだろと。でも芸人だからそこはいくんだと」
京「そうそう。だって真冬だよ??あいつパンツ一丁になっちゃってさ。今でも三人で写ってるのあるよ」

あれ、テレビだとめっちゃ強制したみたいになってたよね(爆)
やあ、河本さん、すごい芸人魂だなあ。。。

中「それを聞いちゃうと、、明日京さま慎ちゃんロケ行くのが。。。」
京「そうそう、皆さんね、明日ロケ行くんですよ」
中「飛び込まざるを得ない空気になってません!?(爆)」
京「北海道はいい海あるよなあー!」

ブラックマサキ降臨した!!
北海道の海はやばい!心臓麻痺起こすから!(゜▽゜=)ノ

中・藤「いやいやいや!(笑)」
中「怖いっすよー!」
藤「夏だからね!今ね!?」
京「とりあえずね、下着は持ってきてくれる?あと靴ももっといて」
中「換えをね」

どこまで本気かわからないトーンで言わないでください京本さん(笑)

京「オレ、蓮のところでね、カメラ止まってから言ったけどね。あれ(藤森くん)前から行こうとしてたけど、前から行かなくたってさ、足だけズボ!っていけばよかったんだよ」
藤「あーー!胴長みたいなの履いてましたしね?」
京「その時オレたちが何をするかっていうと、、





全然見ないから!





藤「おいおい見てないんかい!!ていう(爆)」
京「それがオレたちの得意技だから」

なんで持ちネタあるんだよ俳優コンビ(笑)

藤「ひええええ。。。。。;」
中「それダメージでかすぎますよ。。。(笑)」

やだなこんなに笑いを心得てる俳優(爆)
てかなんで芸人さんにネタを伝授してるんだこの人は。そりゃ芸人さん弟子入りしに来るわ。

京「それで、カメラがずーーーっと引きで、その絵がオレは好きなの」

って、あんたを笑わせるためのギャグかい!一休さんの将軍みたいな人だな!

京「だから、河本が滝でパンツ一丁になって、写真まで撮ったんだけど、、それは、OAもされなかったという
藤「(爆笑)」
中「いやだからダメージでかいですってそれ!OAはされたいですもん(笑)」
京「でもさ、こうやって後々になって伝説になるんだもんいいじゃん」

ちっちゃい伝説だな!

京「綺麗なエピソードじゃん。今度深イイ話でできるよ」
藤「確かにOAされるかされないかも大事ですけど、それよりもお二人の心に残るかどうかの!
中「記録より記憶ね!」

綺麗にまとめてくれるなオリラジさん。。。
ごめんね、うちらの将軍がワガママで(爆)

京「(河本くんのこと)うわこいつすごいなあ!って思ったもん!オレと兄弟わー!ってやってるけど、意外とオレたちバスの中で疲れてるわけだよ(笑)中田ね、二人で行くとき最初くじで当たっちゃって先に行ったじゃん。あの時ずーっとバスの中で喋ってたんだよ。あ、これ先にね、オレ忘れちゃうからさあ。

何?8/4、渋谷でトークライブ??」
中「あ、渋谷の無限大ホールでトークライブやります」
藤「あ、僕たちの告知をしてくださってるわけですね??」
中「急ーーーにさせてくれるんですね!!
京「違うの、これオレ流なの。オレ、忘れちゃうから!(爆)」
藤「びっくりした。京さまのトークライブかと思っちゃいましたよ!(笑)」
中「オリエンタルラジオのトークライブが渋谷の∞(無限大)ホールで8/4に行われますので、皆さん是非見に来てくださーい」
京「8/4、うちのお母さんの誕生日の次の日ですよー」

次の日かよ!!(爆)

中「急ーに告知させてくれるから!ありがとうございますー」
京「で、えー、、、、、何の話してたっけ??」
中「や、もう忘れちゃってるし(爆)」

ボケ老人みたいだな(爆)
今日のマサキのボケクオリティが非常にすごいんですが。ネタでも素でもいい。めっちゃ面白い(笑)

藤「あいだの時間にね、あっちゃんが」
中「そうそう、僕の時にね」

ホントごめんね、うちらの将軍が(二度目)


京「あ、そうそうそう。あの時、河本から違う人に変わってね、あっちゃんが来た一発目でね、兄弟結構興奮してたわけよ」
中「すごい気合入ってて」
京「いつも以上にしゃべりが終わらないのよ。OAではね、何時間も喋りっぱなしみたいにギャグで流してるけど、あの時ばかりはマジで喋ってて、マジで(カメラ)使ってたの」
中「バスの中でも飛行機の中でも喋ってましたもんね」
京「それにずっと付き合ってたの。それで、中田も最初はオレたち先輩だから気を遣ってたんだけど、だんだんだんだんツッコミが激しくなってきてさ!」
中「あははは!」
藤「もうツッコミなのか苦情なのかわからない感じの」
京「ところが、OAしたらさ、案の定さ、1分しか使いませんでしたーじゃん!って終わるじゃん。兄弟それをショックでさ、、、『兄弟、、あんだけ喋って俺なんかモノマネもいっぱいやったりしたのに、結局オシ番組かなんかでは使われるけどOAでは使われないんだからさ、、、今回は休もうよ。。。』って言ってたの。で、オレもドラマの撮影が重なってたから疲れてたんで、いいねー休もうよ。とりあえずカメラは回すだけ回してもらっててさ。ってことになったの。藤森もちょっとニコっとした感じで、藤森、ホントに寝てんのよ。それで、兄弟が喋ってる振りだったり、いっぱい写真撮ってそれを見せないで、それで終わってから、藤森が、『京さますっごい楽しかったです!僕京さま慎ちゃんとご一緒するのが夢だったんです!また是非連れてってください!』って言うから、ホントーありがとねー。その割には寝てたね♪って写真送ってさ。あれビックリしたろ?(笑)」

いたずらっ子かあんたら(爆)

藤「綺麗ーに俺の寝てる顔が。や、だって京さまもお休みになってらっしゃると思ってたから!」
京「うん、オレも疲れてたから。で、兄弟と二人で違う話しててさ、兄弟、藤森に喋りかけてみなよって言って、それをオレが写真撮って隠し持ってたの。それで、メールしたときに送ったっていう(笑)」
藤「や、そのとき、スタッフさんとかもみんなお休みになってたから、カメラも回ってないし、ここは寝てていいんだなと思って寝てたんですよ。そうしたら急ーーにまぶたがガッ!って開けられて、ペットボトルのふたにちょっと水をつけられて、目に一個ずつ貼り付けてきたりされたんですよ。それを10何回とか慎吾さんがやってきたんですけど、それ京さまは見てないですよね?多分寝てらしたと思うんで」
京「うん、オレホント寝てたもんなあ。。。」
中「お互いに知らないことがあったっていうね(笑)」

素で「見ない!」をやってたわけか。ってかそれ聞くと、ホント慎吾ちゃんって悪魔だよなあ(爆)
奥さんが「あんた悪魔なんでしょ?」っていうのがよくわかるわ。
リクエスト急に。

京「そうそう、今ゴッドタンって映画やってるんだけどね?」
中「あ、キス我慢?」
京「そうキス我慢!それで、オレ葵博士って役で出てるんだけど、結構長台詞があんのよ。最後の方にその台詞言わないと番組成り立たなくなっちゃうから、あんまりオレはアドリブができなかったんだけどね?変装しようと思ってヒゲをつけたんだけど、うわっとやったらヒゲが取れたの」
中・藤「あははははは!!」
中「それがすごいマッドサイエンティストっぽいっていう」
京「一発本番でヒゲが取れちゃったんで、しょうがないから押さえながらやってたんだけど」
中「それが、マッドサイエンティストっぽく見えたんだ(笑)」

あ、あれ最初からマッドサイエンティストっていう設定じゃなかったのか!

京「それで最初監督にね、劇団ひとりはアドリブガンガンかましてくるから、もしかしたらキスしてくるかもしれないし、殴りかかってくるかもしれない、って言われてたんだけど、全然なんにもしてこないのよ。それでしょうがないからこっちからどつきにいったら、どつき返してこないのよ!で、カットかかってから、なんで何もして来なかったの??ってきいたら、最初誰が出てきたのかわかんなかったんだって(笑)」
中「変装が効きすぎちゃって(笑)」
京「そう、それで途中で京本政樹だってわかったら固まっちゃってなんにもできなくなっちゃったんだって(笑)二人はキス我慢出たことないの?」
中・藤「「まだないですねー」」
京「あれアドリブ面白いよー。前に鶴瓶さんの『スジナシ』っていうのも出たことあるんだけど、ああいうアドリブってホントに面白いよ。なーんてことで、シングルバージョンのI LOVE YOUをリクエストします」

ホント相変わらずテンポ早いな(笑)

京「来週のラジとばですが、参院選7/21は深夜の1時からということで。深夜放送らしくもっとむっちゃくちゃな話をしていこうかと。オリラジのお二人も来てくださるということでね、それではシングルバージョンのI LOVE YOUをリクエストということなので、アルバムバージョンのI LOVE YOUを聴いてお別れしましょう(笑)」
中「え、シングルバージョンなのに?(笑)」
京「アルバムバージョンはね、オレがアレンジしたんだよ」
藤「聴いてほしいんだ」
京「リクエストくださった方は、シングルバージョンのI LOVE YOUを、自分で聴いてください(微笑)」

どんなパーソナリティだホントに!!!

中・藤「「オリエンタルラジオでした!!」」
京「揃ってるねえ。。。!(溜息混じり)」
中「ここ褒められた(笑)」

ということで、来週のラジとばは7/21の深夜1:00(25:00)ですので、皆さんお間違いなく!!


やーオリラジ二人とのラジオ面白かった!色々テンポよくてホント可笑しい。二人リアクションもいいからすごい面白いね!来週も楽しみだなー♪

そして夏といえばI LOVE YOUね。しかし、シングルバージョンも好きだよ?マサキ(笑)
あのPV公式で流してくれないかな。あれめっちゃ可愛いんだもん大好き!!両手でバキューン、砂浜にI LOVE YOU、海でギター振り回してはしゃぐ京本政樹の見事な腹筋(え)、ファンの方には是非見てほしい一品です。