京本政樹のラジとばっ!#74

今日のゲストは、三浦奈保子さん。
前に平成教育委員会で、京本さんの次まで残ってた、紅一点の方ですよね。みんなして、「画面から美人がいなくなる!!」ってテンション上がってて、うちらが、もう一人美しいのがいるでしょ!!って言ってた(笑)

「今日は美しくてしかも頭脳明晰な女性をゲストに呼んでおります!京さまと三浦奈保子ちゃんとどういうお付き合い??と思われてるでしょうが、今日は無理やり来ていただきました!」

「今夜は三浦奈保子さんと一緒に「ラジオでも飛ばすぜ~!」」

ってこのタイトルコール女性ゲスト一緒は初めて??♪
確かにちょっとトーンが変わっている京さまです。

た~だ~ひ~と~つ~♪

って校歌??

京「奈保子ちゃん、、なんかごめんね。なんかバカボンのパパみたい^^;。バカボン知ってる??」
三「バカボン知ってますけど。。^^;」
京「あれは早稲田だったかな??」

いや、、バカボンのパパはバカ田大学です。。都の西北早稲田の隣ですよ。因みに「馬鹿田高校」はバカレア高校の大我くんの学校です(関係ない)

三「京本さんが競合の強い方々をなぎ倒して優勝されたという!問題解いてる間もお話させていただいたんですけど」

京「この間のQさまのすごいスペシャル(すごいスペシャルって/笑)あれ、、疲れたな。。。」
三「もう人数もすごい多いし、ご挨拶だけでも大変な(笑)」
京「菊川怜ちゃんも東大?」
三「東大ですねー」
京「今かかった曲って『ただ一つ』っていうのが、東大の何?」
三「校歌ではないんですよね。大学野球とかの時に使われる曲で、これが流れるとみんなわーっと盛り上がって!闘志が」
京「東大文学部のドイツ文学学科っていうの?独文化。ドイツ語とかしゃべれるの?」
三「ドイツ語は読めるけど喋れないんですー。。実生活に役立たない知識ばっかり蓄積されて。。。」
京「オレ初めて言っていい?オレはね多摩美なんだけどね、うちの弟が慶応で(マジか!母の後輩だ。。@@)。姉が音大なのね。俺の甥っ子のせいやってのがね東大でね、姪っ子が京大なの」
三「すごい、芸術にも何でも才能あふれる」
京「うちのお姉ちゃんの旦那さんが阪大なの。お医者さんやってて。。芦屋雁之助さんいらっしゃるけど、、わかるかな、芦屋雁之助さん。。」
三「なんとなく、お名前は。。」
京「なんかものすごく小さい子と喋ってる気持ち(笑)」
三「申し訳ありません!なんか世間知らずでもう、、ドイツ語の勉強ばっかりで。。(笑)」
京「大丈夫。オレも世間知らずだから(笑)」

しょうがないよ。。^^;世間知らずとかじゃなくて世代なんだと思います。三浦奈保子さん、年齢調べたら私の妹の一個下だし。。妹に芦屋雁之助って言っても多分通じないと思う(爆)だからこういう時の度に思うんだ。マサキ、、マジックミラー越しに私が話し相手になりたいです(え)。その世代の話ならものすごいいいリアクションしますよ(爆)

京「話戻るけど(あれ、芦屋雁之助さんの話は一体。。。)平成教育委員会はぱっとしたインスピレーションだからーなんて話しててね」
三「もう、京本さんの閃めきがものすごくて!」
京「うん、でも閃めきが違うほうにいったらアウトだからね」
三「いやいや違うほうにいってもまた新たなものが生まれてくると思います!」
京「うわー、、、もうすごいこと言ってくれるね!でも今更もう違うものが生まれてもしょうがないの、オレの年齢だと(笑)」

寂しいこと言わないでー。まだまだ色んなもの生み出してくださいよ!!
しかし、三浦奈保子さんって、若いのに本当に謙虚で、ホント才女っていう感じがするなあ。

三「いやいや!(笑)本当にあの時感動したんですよ!」
京「そうそう、それでこの間のQさまで、我々50代チームが2つに分かれててね。勝ち抜けだったのが、うちの50代のBチームがラストだったの」
三「京本さんのチームと私の20代チームが最後の2チームで」
京「早く負けたいですって、そういうこというかって、プロデューサーに嫌われそうなね(笑)みんな疲れてて。大和田伸也さんとかね、先に負けてね、ルンルンして帰られたからね(爆)オレ羨ましくてさ!(笑)」

京「その後ね、後で色んな情報が耳に入ってくるの。三浦奈保子ちゃん、才色兼備でね」
三「いやいや本当に泣きながら勉強しましたー><チョコレートとか貪り食べながら(笑)」

すごい世界ですねえ。泣くほど勉強したことがありません(爆)

京「ちらっと聞いたんだけど、一回早稲田かなんか入って辞めたの?受け直したの?」
三「そうなんですよ」
京「すごいねえ。。。。」
三「でもそれもすごい不純な動機で。。。片思いしてた男の子が東大受けるから一緒に受けたんですけど、男の子が落ちちゃって。。。」
京「それすごいドラマ的な話だね」

なんか東京大学物語みたいだなー。京本さんがその立場だった役だったよ確か(笑)
京本さんの矢野先生だっけかな?の高校時代の担任の先生の高田純次に彼女を取られちゃって、一緒に目指した京本さんは東大に入れなくて、それでその娘の瀬戸朝香が東大を受けるために一生懸命数学を教えてあげるメガネの先生みたいな役じゃなかったっけ(記憶が曖昧だ)。リアルにそれ系の話あるんだなあ。。

三「その彼も浪人して東大を目指してるっていう情報が入ってきたんですけど、二年目も彼が落ちちゃって。片思いは実らずでした」
京「じゃ、学校では会うことはなかったの?」
三「はい。元々違う学校だったし、違う学校に進学したので、実らずで。。。」
京「へえー。。それで、やっぱり本ばっかり読んでたの??」
三「そうですねー」
京「オレだったら、美大目指してたから絵が大好きだったけどそっち系は??」
三「絵も、、下手です^^;だから絵だったり音楽だったりすごい憧れますねー。ピアノやってましたけど挫折しました。小4とかでやめちゃいました」

しかし、何か一つでも秀でているだけで大したものですよ。。。今回は(笑)えらくハイレベルなトークだな^^;

京「そうそうそう、きいてみたいよね。卒論のテーマは何ですか?」
三「卒論のテーマは、カフカの翻訳論というか、翻訳比較についてです」
京「すっごい。。。オレもう眠くなってきちゃった。。」

確かに眠くなりそうだけど、そういうのってちょっと面白そうだなあ。私も言語系に興味あったんですよねえ。や、興味あっただけなんですけど(笑)因みにどうでもいい話ですが、私の老後の目標は東大に受かることです。あーどうせ記念受験なら東大のほう受けとけばよかったな。。。(受けるのは自由)しかしホントすごい頭いい一族なんだな。。。頭よくて美形の一族とか(´・_・`)

京「でも、菊川怜ちゃんとも、男優女優としても共演したりするので(中ノ院父娘!)そういうお話するんだけどさ、才女っていうか、東大京大の方が何名かいらっしゃるじゃない。そういうふうなツッコまれ方ってどうなの?自分では、嫌?そういうこと言われるのは」
三「嫌っていうかどうしていいかわからないです^^;」
京「でも、通常、世間ではすごいことなのよ、東大、京大とかは」
三「与えられたタスクをやるしかないんですよ」
京「タスク。。。@@;」
三「自分に何の才能があるか見つけなくちゃいけなくて。そこから突き詰めていくしかないんですけど。。」

謙虚な人だなあ。それがすごいことなのよ。大半の人はね、そこをみつけようと高望みして挫折して、なんでもない人生を歩んでいくんです(爆)

京「女優業とかは?」
三「全然無理です。やったことないです」
京「アナウンサーとかは?」
三「お天気を読ませていただいてます」
京「そのうちメインキャスターとかやってるよ」
三「やらせていただきたいですねー!もう、、怒られてばっかりなんですけど^^;」
京「そんなことないよ。大丈夫だよ。。。。いつもね、オレがこうやってゲスト呼ぶとね、変な野郎がね、必ず来るんでね、来るなよ!と言ってるわけですが。今回は男性陣が喜んでくれてると思いますね。今日は、京さまからのクリスマスプレゼントということでね。。。証券の株にはまってるってどういうこと??」
三「そういうお仕事をやらせていただいたときに本を読んでてなんて愉しんだろう!って思って」
京「思うんだ!私は本読んでる時点でパニック状態ですよ。売り時とか買い時とかあるわけでしょ?」
三「そういうの勉強しつつ世の中の仕組みとか広く知れるっていうので、勉強して私にはこれしかないと。初心者にしてもがんばってると思います。すごい詳しくなりました!」
京「楽しいっていうよね。オレの友達ではまった人も楽しいって言ってたね」
三「新聞とかニュースも、
京「事務所にもオーダー来るから、毎日が勉強になってると思うね。
三「本当にそうですよね。Qさまのはまった時の
京「はまったことある?」
来週も続けて遊びにきていただいてよろしいでしょうか!

というわけでメッセージ。
「ビクターからDLしました。今では聞けなかった名曲をもう一度聴けて嬉しいです!」
ということで哀しみ色の・・・のリクエストです。

三「でも大学の授業で仕事人使われてるんですよ
京「はっ!?」
三「生命倫理学で、生命とは何かというので必殺仕事人が使われてるんですよ」
京「教材で東大で仕事人使われてるの??すごいね。その話も来週聴かせてください」


「京本さん、、京本さん、、、」


あ。。


「いつ喋ればいいんですかボクは。。。」




ヒロシだ!!(爆)




京「ヒロシ、ホントえらいな!来てくれるのは嬉しいけど、今日はホントしゃべるなよ!って言ったんだよ」
ヒ「しゃべるなよ!って言われたら喋れないじゃないですか!」
京「奈保子ちゃんもちらっちらっと気にしながらね(笑)」
三「いやもう、、、すっかり忘れてました!」
ヒ「言うねえ!!」

「京本政樹と」
「三浦奈保子でした」
「ヒロシです!(早口)」
京「いらないんだよ!!ヒロシ、さよなら!!」

ヒロシってホントいつもこういうポジション(爆)
こういうむちゃくちゃな展開がホント可笑しいよね。来週もきっとヒロシ来るんだろう(笑)
そして三浦奈保子さん、すごく好印象です。

あと、、「芦屋雁之助さん」の話は一体、何を言おうとしてたんだろうか(爆)



さて、クリスマスSpeak更新されてましたね♪
うおおお写真かっこいいーーー!!
「メリークリスマス、みんなっ♪(微笑)」
って、、みんなっ!って可愛いなもう!!(≧∇≦)
メリークリスマスナイトが聴ける!!この歌、京本さんにしては珍しい(笑)ハッピーなクリスマスソング♪こういう曲調も、幸せな感じでいいよねえー。
しかもあんずちゃんの写真もだあ!可愛いなあ。しかしなんでこんなぶれぶれなんだろう。きっとあんずちゃん、駆け寄ってきたところなんだろうな(笑)