三本締めで終わりたいと思います

飛ばすだ~
これもうタイトルコールやらないのかな。
あの、京さまー!慎ちゃんのー!ってやるの好きだったんだけど、47都道府県ってラジオでも言いにくそうだもんねえ。
慎・今日も飛ばすぜぃ!
でいいじゃん(笑)
石川県輪島市の続きですが、名物らしい「かかし」という揚げ物をいただきます。
ウインナーとフランクフルトとうずら卵をかかしの形にしたからこの名前らしい。確かに子供が好きそうなメニュー。お弁当メニューです。でも居酒屋さんでも大人気なんだと。
その時のマサキが
「かかし、もしくは十字架みたいな」
って言ってて、ほんとロッカーだな、と思った。田んぼのかかしが急にゴシックアイテムになっちゃいました。
「締め方わかんないよな(笑)」
という慎吾ちゃん、二人してハイタッチしてほんと困ってる(爆)
で、マサキが言ったのが
「さ!では三本締めで終わりたいと思います!」
って、締めればなんでもいいのか!!
しかも実際やってるの慎吾ちゃん、しかもやる前に切られてるし(爆)

次に歩いていくと「やまぐち」っていうお店を発見。女性の店長さん。
「ふぐの卵巣」
っていう珍味をおすすめされました。
ふぐの卵巣は猛毒があって本来食べられないんだけど、3年間ぬか漬けにすることで毒が完全に抜けて美味しさが出るんだって。



えええ。。。。怖いよお。。。。



いくら3年とはいえ、猛毒の生ものを加熱もせずにそのまま食べるとか、ちょっと怖いです。まあ、みんな食べて大丈夫なんだろうから大丈夫なんだろうな。マサキも食べてたし。


で、山口さんが家に案内してくれました。
「いいお宅ですねえ!」
って渡辺篤史さんみたいになっちゃってますよ。
しかも
「モデルルームみたい!」
ってどんな感想だ(爆)
「やまぐち」の店長さんのお宅が「山口さん」ってとこになぜか嬉しそうなマサキ。特に不思議じゃないだろ。山口さんちょっと困ってるじゃないか。なんでそこ食いついたんだ(笑)
インターフォン故障中だし。
さっきのふぐの卵巣を使ったパスタをいただきます。たらこパスタみたいだね。
「パスタにさっきの珍味が絡んで、渦巻いてる!
やる気のある感想に、慎吾ちゃんちょっと感動(笑)
そこにお嫁にいった娘さんが帰ってきたようです。お腹が大きい。
しかし、「娘さん」っていう言葉を聞く度に慎吾ちゃんときめくのやめてください(爆)
しかも、お腹が大きい娘さんに向かって

京「(ふぐの)卵巣を食べて子供ができるという」
慎「そこにチョメチョメがあって!」


あんたらやめなさい!!!


若い娘さんにそのネタはアウトだろ!!
絶対あの娘さんドン引きだったって(爆)
しかも、お腹の子に勝手に命名するマサキ。
「山口ふぐ太郎」
武男か!!
武桃、桃武っていうの思い出しちゃったよ。
お嫁に行ったから山口じゃない、入山さんだ、ってきいて慎吾ちゃんが
「入山ふぐ子」



ホントいい加減にしなさい!!(爆)