ド素人が車を塗装してみた~塗る~

さて、無惨な姿になったバンパーにいよいよ色をつけます。
が、ここで一回スプレーした後で大事なことを知る。。。

スプレーしたものの、傷がなんかぼこぼこ目立っちゃってる。。。
細かいこすり傷の部類だと思っていたが意外と重症だったらしい。。。深い傷のときはいきなり塗装しちゃいけないのだ(T_T)
どうやら「プラサフ」っていう下地スプレーをやらないといけないらしい。。。orz
しかも幅が思ったよりも広い。。。
というわけでちゃりんこでプラサフスプレーとマスキングセット(シートとテープ)を買いにいく。


マスキングー
ガラスとかゴムのところとかにスプレーがつかないようにちゃんとガードします。


ぶしゅっ


おおう、、、えらいマットな灰色。。。
でもとりあえずぼこぼこが隠れてちゃんと下地ができあがりました♪



ここでまたニューアイテム。
つか意外と道具要るな。。。
塗料を元の素材とくっきりしすぎないために、ボカシ剤を使います。
塗料を塗った後で1~2分置いて生乾き状態にスプレーすると、白く粉っぽくなった部分が溶けてうまいこと馴染むのである、、、はず。。。


あとこれ。ウレタンクリアー。
普通のクリアスプレーもあるんだけど、こっちのほうが光沢出るんだって。
しかも高い!3000円近くする上に、なんとこいつ、12時間以内に一本使い切らないといけないという面倒くさいやつなのだ!!でもせっかくやるんだから、いいものを買ったほうがいいんじゃない??と母にまで言われ、思い切って買ってきた。


あ、さっき載せるの忘れてた。
タッチアップペンていう、本来は筆式で塗り塗りする塗料なのだけど、この「エアタッチ」っていう空気が入ったスプレー缶にがちゃってセットすると、液体がスプレーになってしまうというすぐれもの。広い範囲を塗装するときは必需品です。


てなわけでスプレー完了。
最後は「コンパウンド」っていう研磨剤を使って、きゅっきゅっと磨き上げます。

若干鏡面にはなったものの、、、やっぱり元のようなガラス質っぽいクリアな感じとは程遠い仕上がりになりました。。。うーん、、マットだ。。。。。。orz

でもまあとりあえず傷は見えなくなったな。。。
最初の状態と比較してみましょう。


どうざんしょ!!
マットにはなったが傷だらけよりはましだ!!
と自分に言い聞かせ、若干微妙な気持ちで作業を終えたいと思います。
台風がやたらくるんでなかなかできなかったが、まあまあ初心者にしてはいい出来では??と言い聞かせ、言い聞かせ、言い聞かせて納得することにしました。ま、いっかー。

とりあえず応急処置というか、傷痕が目立たない程度でいいという方はこの手順でそれほどお金をかけずにある程度綺麗にすることができると思います。元通りのピッカピカに戻したい!という方は、大人しく修理屋さんにお願いしましょう。お金が溜まったら私も修理屋さんに元に戻してもらおう^^;

Comment >>>

Comments are closed.

コメントは現在受け付けておりません。