京本政樹のラジとばっ!#38 ゲスト:根本要(スターダストレビュー)(2012.03.03)

正直しばらくすんごい色んな意味で調子が悪くて、そのうえ都バススペシャルを見逃して更に凹んで生きる気力をなくしてましたが(大袈裟)、んもうーーーーラジとばのマサキの声聴いたらめっちゃ元気になった!!本当に貴方のお声には、不思議な力があるんだわ。。吉野の君ぃ。。。(なんて素敵にジャパネスクモード突入中)

とりあえず最初に今週のラジとばから消化するぜぃ!!!

放送日はひなまつりということで、
「うちには姉が一人いるので、姉一人が大事にされていましたね。弟が2人、、おるんで男家族でございましたね。ひなまつりのように育てられていたのを横目で見ていました。えー、長男坊でございます」

この「おるんですが」ってとこになんかツボりました。昔の人みたいでかっこいい(え)というか京本さんって時代劇やっているからなのか、時々言葉遣いが時代劇っぽいときないですか?あれすごい好きです。それを聞く度に、うわーい!やっぱりうちらの京本さんは侍だったんだあ!!みたいなファンタジックな気持ちになるのです。うん、意味不明。
けど、もうラジとば始まってから1年近くなるんですね。4月からだから。回数書いてますけどまだ38回。いやもう38回。毎週聴いていてあっという間な感じもしますが、京本政樹のトークだけでなく、音楽を毎週たくさん聴けるという嬉しすぎる週末。100曲は曲がありますから、是非100回は続けてほしい気がします。ってことは3年くらいかな?

今日のゲストは、「苦悩~Peine~」の薄桜記(さくらうた)のコーラスにも参加してくださった、京本さん自身が大ファンでもある、スターダストレビューのボーカル根本要さん!
私、根本さんがトークしてるところもしかしたらきいたの初めてかもしれない。。やーこんなテンションの高い方なんだ(爆)
よく喋るゲストの方が必ず言う一言。

「なかなか喋らせてくれないからさあー!喋りたかったよー」

よく聞くなこの台詞(笑)

最初はOPトークは別録りで、ゲストトークが終わったら帰ってもらってたんだけど、座っててくれっていう感じになったようです。

羅刹那で、根本さんギター持ってる写真が出てましたが、早速なんか歌ってくださいよー!と京さまおねだり。即興で、京本政樹のテーマ(仮)をブルージーに歌ってくれました。

ひさっしぶりの~京本政樹~♪
たしっか最後はカラオケボックスかな~
何を歌ったか忘れたけどぉ~
今日も楽しく過ごしたいねぇ~♪

京「カラオケボックスで何を歌ったかというと、小田和正さん。で、そのとき要さんがね、『小田もいい歌作るなぁ』って言ったんですよ」

って言ったら要さんがめっちゃ慌てて

要「バカっ!そんなこと言ってねえよ!小田もなんて言ってないって!」
京「いや言ってました」

っていきなり盛り上がりだす(爆)
その後で要さんが小田和正さんとCD出したりするようになったのを見てて京本さんは

京「あれは俺がきっかけだな、と思ったんですよ(笑)」

って。要さん爆笑。そのときは、京本さんが小田和正さんの歌を歌ってるところに要さんがハーモニー歌ってくれたんだって。なんという豪華すぎるカラオケボックス。
京本さんカラオケ大好きって昔からよく言ってるけど、見てみたいよね(笑)トークで名前が出てくるミュージシャン以外の歌もきっとたくさん歌ってるんでしょ?小田和正さんとか歌うんだー。
しかも要さんのハモりって、プチ苦悩Peineですよ!(なんだそれ)

薄桜記でコーラスやってもらったとか色々話しながら、物まねつきで野口五郎さんの歌を歌ったり(これはマサキだな/笑)してて、オフコースも歌ったりしてたんだけどそのときに要さんが「マサキ、これ誰の曲?」ってきいてきたんで、「小田和正さんですよ」って言ったら、

「へ~、、小田もいい曲作るな」

って言ったんですよー、って京本さんがはっきり覚えてる風に言うんだけど、要さんがずーっとそれを否定してて、

要「俺はそりゃ呼び捨てすることあるよ!そんな親しくなる前だったら、タモリさんのことだってタモリって呼ぶだろ??それに、小田もって、、もってじゃあ誰のことだよ!自分のことになっちゃうだろ!」
京「いや、だから自分のことですよーノcノノ・3・ノ」

ってなっても要さんが

要「俺がそんなこと言うわけないだろ!小田は!いい曲作るなーって言ったんだよ!」

ってずっと言ってるんで京本さんが、じゃあそういうことにしときましょう、って(笑)
多分その話だけですごい長いことやり合ってた(爆)

で、カラオケとかオフショットではサングラス外してるけど、皆さんの中ではサングラスにアフロヘアっぽいイメージだったんだけど、最近そういうイメージじゃなくなってるって。

で、2001/8/4に101曲ライブをスターダストレビューがやったとき、大ファンの京本さんがホントに来たっていうんで、そのときの吃驚した感じを大盛り上がりで要さん話してました。
というかそのときのことSpeakだっけ?どこかで見たかきいた覚えがあるんですが、Speakかなあ?

要「確かにその話はしました!でもホントに来やがった!!って思ったよー!」
京「行きますよー!ボク仕事で最初のほう遅れていったんですけど、ラストまでいたんですよ。99曲くらいは聴いてますよ」
要「あれ嬬恋でやったでしょ。まさか、、遠いからさー簡単に呼ぶわけにいかないと思ってたんだけど。。本さん、いらっしゃったんですよ?(リスナーに向けて/笑)」
京「あと中野サンプラザのコンサートとかいったら、要さんが、京本飛び入りで出てくれって言われてね」

普通にファンとしてたくさん行ってる京本さんが、スターダストレビューのコンサートについて熱く語ります。

京「スターダストレビューのコンサートっていうのは、ホント温かい感じでね。ほんとほんわかしてるなと思ったのはね、お客さんを大事にするっていうかね、コンサートに来てる方をあそこまで大切にはしない!普通は」

うん、そうかもしれないけど、でも京本さんのライブもお客さんの歓声だけじゃなくて、何気に話しかけてくる(笑)お客さんに対してもいちいちやり取りしててすごい温かいなーって思ったよ??

京「で、何番お座りのお客様、今日は当たりです、とか言ってタオルとか当たったりして。で、そのときに、『京本ー袖から出てきてくれ!』っていうから、俺下手から出て上手までスーーって素通りしたりして(爆)」
要「あのとき、一番遠くからきた人、って言ったんだけど、それは距離じゃなくて、一番後ろに座ってる人っていうパターンだったんだよ」
京「そうそうそう(笑)」
要「だからステージから一番遠い後ろの席に京本が座ってた、っていう設定にしたわけだよ」
京「じゃ言いましょう。今のカラオケの話後にしましょう!(後にするんかい!)元々ね、ボクスターダストレビューの大ファンだったんですよ!、、、あ、大ファンって今過去形みたいになっちゃいましたけど」
要「(爆笑)」
京「とにかく何故ファンになったかというと、要さんと同じ行き着けのカラオケっていうかバーみたいなところがあって、そこにママさんがいてね」
要「移転しちゃったけどね」
京「移転したとこ行きました?そっくりに移転したんですよ!近々行きましょう!もうね、そのままの形に。で、ボクも歌ってると声高いじゃないですか。それでね、高い歌ばっかり歌ってると急にママさんがね、しんみりとね、この曲聴いてみてください、ってCD渡してきたんですよ!」
要「ママの紹介だったの??へえ~」
京「そうですよ!もうね、20年くらい前じゃないですか?それでCDをくださったのを家帰って聴いたの。『追憶』と『木蓮(の涙)』。はいっ(すんごいさりげなく要さんに歌わせてる/笑)」

要さんがギター弾き語りで『追憶』歌ってくれてます!一緒に熱唱するマサキ!うおおお、、ヘッドフォンで聴いてるからめっちゃ間近に声がしてやばい(爆)これと『木蓮の涙』のほうも歌ってくれて、これもマサキ一緒に熱唱!きゃーー!私スターダストレビューの木蓮の涙ってすごい好きなんですけど、これをマサキの声で聴けるとか!!(感動)
要さんって相当ハイトーンボイスじゃないですか。でも京本さん普通に出るからすごいわ。

京「あなたに合うわよ、って言われて曲を紹介してもらったの。。。。。。っていうところで、、、来週来てくれます?」
要「(爆笑)」
京「なんでかっていうとね?ニューシングルをかけなきゃいけないと、強制的に言われましてね」
要「すいませんですー(笑)」
京「こないだね、ヒガシくんが出てる必殺仕事人を録画して見てたらね、田中聖くんとか和久井映見ちゃんとか可愛がってる子が出てるから見てたんですけどね、提供が流れます!そこでね、



提供:スターダストレビュー



って!!俺笑いましたよあれ」

要「なんかね、枠を買ったんだって(笑)」
京「あれすごいっすね!」

や、すごいなそれは確かに。。

という話は来週ということで、2/22発売のニューシングル「Magic~手をつなごう~」を流します。
個人的にスターダストレビューのイメージからはちょっと意外な感じがしたんですが、明るい楽しい曲です。ドラえもんの映画のテーマ曲になってそう(じゃない?)

いっつまでもぉ~~♪

って熱唱。
非常に勇気付けられる歌でございます。
要「これ、家でちょちょっと作ってできちゃったんで、だめかなーこりゃ?とか思ってたんだけど、やってみたらスタッフから好評で、アレンジ入れてみたらすごいよくて!メンバーの演奏やってみたらまたまたよくて!」

と、最初は簡単にできたんだけど手がどんどん加わって大自信作になったという話をされました。

で、宣伝、

オールキャストで大謝恩会、5時間程度おみやげつきでまったりと

京「なんですかこれ??」
要「君が来てくれた2001年からずっとこういうことやってるの。で、あのときは10時間だったんだけど、長いってなって、その次2005年は6時間やったらお客さんからまだ長い!って言われて、それで5時間になったんだけど」

なんだそれ、楽しそうだなをい!!マサキでこういうのあったら10時間でも行くでしょ!!すんごい羨ましい企画です。楽しそうー。
パーカッションの林が作るカレーが美味しいんでね(笑)」

ここでエンディングのリクエスト、非常に偶然?ちょうどよく、「苦悩~Peine~」の薄桜記(さくらうた)のリクエストがきました。要さんがコーラスをしている、一番最初の薄桜記です!
この歌は個人的ですが、とても思い出の曲。それまでに過去の京本さんの曲は何曲も集めて聴いていましたが、、25周年記念、16年ぶりのアルバム!っていって出ることになったとき、、初めてリアルタイムで自分で買うことができるって、なきながら喜んだの!Love IS ALLのときは出るのは知っていましたが、店に売ってなくて買えなかったし、、(子供だったのでどうしていいかわからなかった。。)、「いとしくて・・・」は関西限定発売だったので、出るんだ、いいなー、、、と思いながら情報だけを見ていました。だから、、本当に生まれて初めて私がリアルタイムで、マサキの歌が買えるー!!!っていうことになったのがこの「苦悩~Peine~」だったんです。そして、その中のメイン曲が、最後に入ってるこの「薄桜記(さくらうた)」。これがTBSラジオで当時CMで流れたんだよね。。それを初めて聴いて、、なんだこの曲!!16年ぶりでも全然いい歌!!!って本気で涙流したのがこの曲でした。TMNの宇都宮さん木根さんとか豪華アーティストがコーラスに参加っていうアルバムでした。そして根本要さんがハモってくださった「薄桜記」。要さんがコーラスしてくださって100%完成した名曲です。あの2番からのハモリ、、、いいよねええ。そんな思い出もあって、シングル化もされたんですが、やっぱり苦悩バージョンの薄桜記が私にとってはすごく思い出の、、大事な曲となっています。。(涙)

というわけで、、エンディングは「薄桜記」。時間の関係で肝心の要さんのコーラスまでたどり着きませんでしたが。。。ホント名曲です!聴いたことがない方、、、My Spaceでフルで聴けますよ!!
来週も根本要さんがゲストです♪