十六年目の殺人に十四年目の再会

※本日のブログは「刑事・鬼貫八郎~十六年目の殺人」についてのネタバレが含まれています。それでも大丈夫な方はお読みになってください。

久しぶりに日テレプラスで「十六年目の殺人」がやるー!!と喜んで30分くらい前からチャンネルをつけてました。
というのは、CSのリモコンがどっかいっちゃって予約できなかったからです(泣)

見てたら渡哲也の「大都会」がやってて、ガッツ石松が出てたんだけど、すんごい凶悪犯の役だった。
レギュラーの刑事を次々とたこ殴りにしていくんだけど、もう連打だよ。あのフォームで(爆)
そのシーンを見た時はウケましたが、本当にめっちゃ悪い犯人で、それを見た私は

ガッツ!すごいぞ!!

と感心したのでした。ドラマ的にはおいしい役のほうが見ていて気持ちのいいものですが、俳優としては、本当に悪い役をできる人を尊敬してしまいます。ガッツすげーー!

そういえば小さい頃、太陽にほえろと交代で大都会も再放送やってたような気がする。BGM聴いて思い出した。
あと、関係ないけど「熱中時代」って刑事編なんてあるんですね。先生のしか知りませんでした。というより両方見たことがありません。

さて、鬼貫八郎ですよ!数多くある京本さんのサスペンスの中でも私が多分一番くらい好きなサスペンスです。
あああもう久しぶり!!
作中にも年月が言われてたけど多分本当にあれって十四年くらい前の作品なんだよね。
当時高校くらいだった私は、もちろんリアルタイムでテレビの前に座ってドキドキしながら見てたわけですが、日テレの映りが恐ろしく悪くて砂嵐状態だったのでびでおに残しておかなかったというとても悔しい思い出がありました。
でもね、死に顔が美しいのは砂嵐でもよくわかったよ!!
再放送地上波であったのかもしれないけど、今の今まできれいな映像で録画することができなくてね。。。やっと、、14年目の再会だっ!!(;;)
本当に、この役大好きなんです。柏木先生。
若いけど助教授に推薦されるくらいのお医者さんで、クールキャラで、父親が冤罪で獄死してて、高畑さんと純愛で、何気にモテモテで、もうこういう役やってほしかった!っていう感じの役。
で、高畑さんがまたいいんだ。大好きな女優さんの一人です。普段おもしろいおばちゃんだけどそこもいいよね(笑)
金久美子さんと高校時代噂になってたらしい柏木先生が、実は高畑さんと両思いで、でも上手くくっつけなくてすごい可哀想な話。
十六年前の殺人事件のせいで人生めちゃくちゃにされた話がホント悲しくて、当時は多分(砂嵐のせいで)あんまり落ち着いて見られなかったんだけど、久しぶりに見て涙出たもん。犯人探しサスペンスではあんまり涙出ることないけど、火曜サスペンスはやっぱりいいわ。
大地康夫のキャラが押し付けがましくなくて、ここぞっていうときだけ説得力あってすごい渋いの。
マサキの遺書の時の声の演技もいいんだよね(;;)
で、飛び降りた後の血の量がすごいんだよね(それは関係ない)
あー、、、14年ぶりに見ても死に顔綺麗だった。。
死に顔ランキングでは義経の涙が超えるかと思いましたが、やっぱり桁違いでした。目開いてるところがポイント高いです(ポイントをつけるな)。中ノ院さまも目開いて死んでたからポイント高いです。

いい話だった。レギュラーでシリーズ化の女性捜査班でさえ編集したというのに(をい)、これは大事にDVDにとっておきます。

それと、あの頃のお馴染みのマサキの髪型ですが、、、なんだかんだ言ってすんごい似合ってた。。。やっぱかっこいいわ。。。。

やっぱり犯人探し系も話が面白ければいいけど、そっちメインより、人物の心情描写が濃いほうが面白いわ。
天知茂の明智先生とか、近藤正臣の神津恭介とか、ゲストでも主役にしても、そういうのがいいなぁ。
そういう意味では京本さん主演の「眼中の悪魔」とかも好きです。あれは悲しいエピソード系じゃなくて、ミステリアス系だったけどね。
なんか久々に真面目にサスペンス見たわ。火曜サスペンスのほうが好きだったのになくなっちゃって寂しいです。土曜ワイドも明るいサスペンス(なんだよそれ)ばっかりじゃなくて、昔みたいにじっくり見たくなるようなのやったらいいのに。