「流線の彼方」トークショー

お台場シネマメディアージュに映画「流線の彼方 THE TOYOTA 2000GT DOCUMENTARY 1965-1970」&京本さんが出演のトークショーを観てきました。

100人~200人弱くらいの会場だったかな?かなり小さめでちょっと吃驚。というか、ステージがなくて、スクリーンと客席の間にポンと椅子が置いてあることにもっと吃驚。

ち、近っ。。。

映画の前にトークショーで、ノスヒロ編集部の辻さんによる紹介で、京本政樹さん、元レーサーの見崎清志さんが登場。もうお一方予定にあった方は都合により欠席。

椅子に座って2、30分トークがあったので、かなりボリュームのある内容の対談がされていました。
京本さんと2000GTの出逢いは、元はといえば小学生の頃、ジャガーEタイプ(ファンの間ではもう有名な話だね♪)を見かけたことから始まるという。しかしその頃は、ミニカーを「集める」ことすらとんでもなくて、ほしい一台をお父さんに買ってもらって大事にしていた。
京本さんが2000GTの好きなところは、車体のセクシーな流線美と、エンジン音だという。最近、エコブームで、もちろん、社会的にはエコは素晴らしいことなんだけど、プ○ウス(書いていいんだろうか/笑)にはあのエンジン音の快感はない。

この時の、京本さんのエンジン音の再現がやたら上手いことに私は感動した(爆)

それで、京本さんが子供の頃、見崎さんは既にレーサーとして活躍していた。辻さんが、「京本さん、見崎さんに何かききたいことはありますか?」と質問するも、「すいません、、さっき興奮して楽屋で色々質問しまくっちゃいました(笑)」とのこと(笑)
確かに、トークショー中も、見崎さんのお話を聴く度に大きく頷いたり、更に質問をしたりされてました。しかし、途中でエンジン漏れか何かで車を裸足で押していったという見崎さんの話はすごかった。。。
見崎さんは「ヘアピン・サーカス」という、車の映画に20代の頃主演されているらしく、「俳優としても先輩なんですよ♪」と京本さん。

あと、「余談ですけど、何でレーサーの方って皆さんかっこいい名前なんですかね?「見崎」もそうですし」
って、「京本」だって相当かっこいい苗字だと思うけど、、と思いながら聴いてました。京本さんは自分の名前だからそんなにかっこいいと思ってないのかなぁ。私は「京本政樹」って字面を見ただけで相当興奮しますが(え)

この映画を観る人に一言と言われて、「40年も前の車が、今こうして映画になっていることはすごい。同じように、40年後もこういうことが行われたら素晴らしいですね」「是非この映画を見たら、2000GTの素晴らしさを、ご近所の方とか、ブログとかで伝えていってほしい。今、政治の世界も悪い状況になっているし、F1も撤退という寂しい(見崎さんも「情けない!」と同意)状況になっているけど、そうやって伝えられていくうちに、またF1に戻りたい!という感じになったらいいことだと思う」みたいなことを仰ってました。
トークショーが終わると、京本さん、後ろのほうで映画を観てらっしゃったみたいです。

映画本編は、60年代の2000GT誕生から活躍の軌跡を、関係者たちのインタビューを中心に描いたもの。
ノスタルジック2Daysでは、只管車の美しさに感動したものでしたが、この映画では、それらの車が開発され、製造され、そして何度もテストしては失敗し、成功して世界に通用するまでの過程を事細かに描いています。
車の整備工場の図なんかはたまに見た事がありますけど、それより更に前というのは見た事がない。。
2000GTのあの形を作るには、なんと木の枠に粘土を固めて形を作るところから始まっているという。幅や高さに制限があるので、大きなエンジンを取り付けるのも一苦労だったとか。
また、テスト走行でも苦労が耐えなかったよう。エンジンが漏れたりして、よく火を噴かなかったな、、みたいな状況にもなったことがあったり。
また、元祖F1?日本グランプリの映像がいくつも流れましたが、白黒映像っていうのもすごいですけど、何せ40年も前だから、どえらいシンプルなんですよ(笑)
旗振ってるおじさんが一人と、数台の車、運転手が猛ダッシュで走って乗り込むところなどがホントシンプルでした。それでも観客は10万人だったとか!?(え、そんなに入る場所あるの!?)

あ、トークショーで京本さんが言ってたけど、今は特撮だったりアイドルだったりお笑いだったり何やかんやあるけど、あの当時はホントに「スーパーカー」の時代だったんだ!と力説されてました。
それも、日本グランプリの観客の数きいたらわかるなぁ。。あの頃っていうと、初めてテレビを見た人たちみたいな感覚でしょ。

あと、「富士24時間」だっけな。ル・マンみたいなやつですよね。で、ル・マンは照明あるけど、富士24時間、照明が一切ないんですよ。真っ暗闇の中走行です。非常に危険です。あと雨が降ってたりね。今は色んな環境整ってるけど、昔のレーサーはホントの意味で命がけだなぁ。。。

あとは2000GTをボンドカーにしたいと、こっちから売り込みにいったという話も面白かったです。その時既にカマロとかいう車に決まりかけてたんだけど、ボンドカーとしては、後ろから追跡した映像が撮りたいから、ホントはオープンカーが欲しいんだと。それであの2000GTオープンカータイプができたんですね。

外国の2000GTオーナーの方もインタビューに答えていて、やはり、エンジンがいいとか、流線美がエレガントだとか、最後は「官能的」だと言っていました。つまり、、

エロイってことですよね???

そっかぁ、、、車好きな人からするとあの車の美しさはそこまでのレベルにいっちゃうのね?

しかし、ボンドカーなんかにしてもそうですが、あの60年代という時代に、日本が世界に通用する車を生み出したというのは確かにすごいことだと思います。去年、京本さんもSpeakにたくさん書いてたけどね。映画を観て改めてすごいことだよなと思いました。

そうそう、映画の途中、昔の映像だけじゃなくて、ノスタルジック2daysの映像が映って、その度、あの赤の2000GT(というよりあのナンバープレート/笑)が映る度にめっちゃ反応した私です。あと、2000GTオーナーズクラブの走行会?(っていうのかな?)での映像もなんか楽しそうだったなー。映画の中で、京本さんが笑顔でピースするところが数回出てきて可愛かったです(笑)

終わりのほうになって、京本さんのインタビューが流れるんだけど、、、スクリーンいっぱいに顔で心臓が止まるかと思いました。

そういや今目の前にいる京本さんは、、、2日前に51歳になった人だっけ。。。と、我に帰って恐ろしくなりました。

京本さんは、いつもの黒いハットに茶色のフレームのメガネ(風サングラスなのかな?)をかけ、白のVネックにグレーのジップアップパーカー、去年のノスヒロでも着てた黒のロングジャケットを着てました。下はダメージジーンズを茶色のブーツにインでめっちゃかっこよかった!!あと右腕にお馴染みの超キラキラした時計と、左腕は黒のビーズっぽいブレスレットをしていて、珍しいなぁと思いました。

京本さん入ってきたとき、、メガネ!メガネ!と叫びそうになった。。。めっちゃ綺麗だった。。。

そうそう、映画の音楽が全部60年代風なんで、ベンチャーズのダイヤモンドヘッドとコード進行が全く同じ曲とかが流れてました(笑)
エンディングテーマが頭から離れません。

あ、そうそう!
今後の予定は?ときかれて
「時代劇の撮影が控えてます」
って言ってましたよ!!!うおおお!!!あと都バスの宣伝もしてました(爆)

しかし、、都バスの京本さんあんな感じだけど、、、本物の京本さんってやったら大人っぽいんだよなぁ。。。いや、、十分すぎるくらい大人な年齢ですけど。。;
てかリアル中ノ院さまに会ったのか今日。。。

Comment >>>

  1. 兄弟おかえり~ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
    うなーっ目の前で51歳になったばかりの京本さん見てきたのね!
    めがねたまらんのう・・・めがね・・・萌
    映画面白そうだね!
    DVD見たいなぁ~

  2. 竜歌さんて、凄いなあ、、ここまで詳しく書けるなんて、、でも、確かにメガネ萌えでした、、、
    やっぱ、映画そのものを見ようと思ったからでしょうか?
    それと、ある意味、「官能的」って、
    世の中の男子が、草食系になってきちゃったから、、?
    車やバイクに、「ロマン」を感じなくなって、
    しまったのかも、、、、
    見崎さんが、男たるもの、情けない!的なお嘆きをちらっと、漏らしてたのが印象的でした、、、
    それにしても、、、51才かぁ~~~

  3. 姉上、お帰りなさいまし!見に行けなくても満足させてくれる、レポートに敬服(ペコリ…)好きなことを話す京本さんって見ていて嬉しいですね~いつもの静かな雰囲気も良いけど、熱い京本さん好きだな…
    いつか自分も車の良さが分かる日がくるのかな~2000GTは車のこと知らなくても、他の車と一線をひく美しさ稀有なデザインですね…京本さんのお持ちの車はデザイン的にもかなり素晴らしい、魅せる車だと感じます。。

  4. >兄弟
    ただいまーv
    51歳とは思えない美しさだったよノcノノ´▽`ノ
    映画、車に詳しくなくてもわかりやすかったよ!
    可愛いマサキもちらちら映るし☆
    >ドラ子さん
    あれやっぱりメガネなんですかね?
    かっこよかったですよねー!
    あれかけてテレビ出てほしいなぁv
    見崎さんが嘆いてらっしゃったことも、
    車だけでなく言えることですよね。
    お姿を実際に見て改めて「ホントに51歳かこれが。。;」って感じでしたねΣ(T□T)
    >尚鈴くん
    ただいまv
    満足してもらえてよかった☆
    そうそう、熱く語ってる姿も嬉しそうでかっこよかったよー
    本当に好きっていうのが伝わってくるからいいよね。
    映画見てたら、車が車じゃないように思えてきたよ(笑)
    2000GTはホント綺麗な形だよね!
    ジャガーEタイプが前身っていうだけあって、
    ああ、京本さんは本当に好きなものが一貫してるなぁって思ったよ♪
    ノスヒロ行ったとき感じたけど、ホントに持ってる車が綺麗な形のばかりだよねー
    「元々デザイン的なものに興味があったんでしょうね」って言ってたよv

  5. 姉上…そうかぁ、デザイン的なものに興味あったんですね、京本さん(*^_^*)って、鈴も十分デザインなのに~(爆)→(泣)

  6. >尚鈴くん
    そうだね、鈴も立派なデザイン。。。
    こりゃもう再現して思い出してもらうしかねえ!(爆)

  7. いつもながらの微に入り細に入ったレポ、ありがとうございます!!やっぱ竜歌さんのレポは読み応えあります。ここまで細かく、柔軟織り交ぜて書けるのってほんと尊敬してしまいます。
    それにしても、眼鏡・・・・たまらんですねっ(じゅる)。綺麗な人ってそのままでももちろんですが、眼鏡とかサングラスとかちょっと小道具使うと、その素顔を隠す感じが余計素敵なんですよねっ(マニアック・・・^^;)。
    本物の京本さんがやったら大人っぽいってとこにものすごく頷いてしまいました。都バスだけ見てると面白い綺麗なおにーさん(おじさんにはとても見えない)なんだけど、普通のときの京本さんの綺麗さ、かっこよさ、大人っぽさ、せくしーさには倒れそうになります(><)。

  8. >さくらさん
    見ていただいてありがとうございます♪
    大好きな2000GTのことを熱く語ってらっしゃる京さまの様子、ちょっとでも伝われば嬉しいです(^^)
    メガネ、、ホントかっこよかったですよ!!
    綺麗な人が小道具で顔を隠してるところ、たまらないですよね!!
    あのメガネの奥の目がやたら妖艶だったんですよ。
    本物の京さまが大人っぽいの同意していただけますか☆
    都バスの京さまと本物の京さま様子が違いますよね(爆)
    どっちも好きなんで、あのギャップを見るのも楽しいですーv

Comments are closed.

コメントは現在受け付けておりません。