京本政樹のラジとばっ!#242 ゲスト:小池徹平(2016.02.14)

京「2/14ということは今日はバレンタインの日、男性の皆さん、チョコレートはたくさんいただけたでしょうか?今年は日曜日で会社がお休みだったので、義理チョコ頼みのおじさんたちには寂しい日となったかもしれませんが、目の前にすごく独身でイケメンの、、、小池徹平さん!!」

徹「はい、よろしくお願いしますー。独身でイケメンの小池徹平です」

 

のっけからノリがいいわあ(笑)

 

京「徹平30歳、イケメンで可愛くて。どうなの?チョコとかすごいでしょ?」

徹「いや、やっぱりファンの方からはいただきますよね、もちろん。ただなかなかプライベートではないですねえ」

京「学生の頃はどうだったの?やっぱすげえ数?」

徹「や、でもすげえ数、、、でもないですね」

京「今の言い方だとすげえ数だな(笑)」

徹「いやいやすげえ数ではないですけど!」

京「バレンタインの思い出とかある?」

徹「僕、東京に出てきて嬉しかったのは、2月に連ドラやってたので、女優さんたちからチョコいただけたのがめちゃくちゃ嬉しかったですね!」

京「あー、ボクもそういう風に言えば思い出がいっぱいあります(笑)さて、今週も小池徹平ちゃんと一緒にお送りしたいと思います。徹平、11日に解散したわけだから、解散してからもしかしたら初めてのラジオ出演?」

徹「はいそうですね!」

京「じゃあ、WaT(ワッツじゃないよ、ワットだよ京本さん)じゃなく、歌手の、ミュージカルスターの」

徹「いえいえいえ(笑)」

京「時代劇スターの小池徹平として初めてのラジオ出演となります!」

徹「ハードル上げたな?(笑)」

京「ハードル上げるよ(笑)今夜も京さまと!」

徹「小池徹平と一緒に」

京・徹「「ラジオでも飛ばすぜー!」」

 

先週はWaT解散前、今週は解散後の出演となった小池徹平さん。今週も面白トーク期待してます☆

 

京「あらたー↑めましてーこんばんは。笑わないんだ。こらえてんの?」

徹「こらえてますよ」

京「改めましてこんばんはー(やっつけ)」

徹「普通になんの?」

京「京本政樹ー↑でございます」

徹「ああ、、、ありがとうございます」

 

呆れてる(爆)

 

京「(笑)今週も先週に引き続きまして私の親戚でございます、小池徹平ちゃんです」

徹「今日もありがとうございます!」

京「先週はWaT解散前でしたけど、解散してから心境はどうですか?」

徹「そうですね。。。ようやくなんかいい意味ですっとしたというか、一つの道にというか」

京「ウエンツがいなくなってスッキリしたと(笑)」

徹「うーん違うなあ。伝わってないなあこれ」

京「(爆笑)あ、その喋り方ウエンツと似てるよね(笑)」

徹「いや違いますよ(笑)でもなんかね、逆にどしっと自分で頑張っていかないとなあと、引き締まった思いではありますね」

京「いつでもまた会えるしね」

徹「会えますし、連絡もできますし」

京「でももう携帯番号も消した?」

徹「んなバカな(爆)バカやろうですよ(笑)」

京「じゃ、話戻りますけど、音楽活動的にはどうでしたか?」

徹「や、もう楽しかったですし、WaTをやってたおかげでこうして京本さんとラジオを」

京「京本さんって言われるの今すごい恥ずかしかったけど(笑)」

徹「おじちゃん?おじちゃんっていうのも違和感ありますけど(笑)なんかここにいて一緒にお仕事できてるってことまずないし、ドラマとかも、今まで出てたのも出られてなかったかもしれないじゃないですか。やっぱりWaTっていうものがあったからだと思いますし」

京「でもHey×3でギターもってWaTですって、実は親戚なんですっていうところから割と深くなったじゃない。そこから10年、ずっと徹平とは繋がりながら。オレがドラマやってると遊びに来てくれたりね」

徹「ちょいちょいなんかどこかでお会いする時がありましたよね」

京「先週言ってた、駅で怪しい人がいたっていう話はおいといて(笑)つい先だって、品川の新幹線乗る手前で会ったんですよ(笑)」

徹「びっくりしたんですよ。ニット帽にマスクにサングラスで、隠れたいのか目立ちたいのかわからない」

京「隠れたいのよ(笑)」

徹「絶対ウソでしょ。めっちゃ目立ってましたよ?」

京「隠れたいがために目立つ格好になっちゃってるのよ(笑)やっばいなー。さ、WaTでは作詞作曲も頑張ってましたが、これからもやるんでしょ?」

徹「ギターは中学校から弾いてるんで、ずっと身近にあるので隙あらばやってみたいですね」

京「ソロでやるつもりはあるの?」

徹「もちろんやめるつもりはなくて、続けてれば絶対終わらないなって思ってて」

京「そういう意味では今度ミュージカル。1789。これすごいですよ、小池修一郎先生、結構厳しいらしい」

徹「や、もう全然僕大丈夫ですよ。僕全然平気です」

京「オレ全然平気じゃない(小声)これ初めて話すんだけど、必殺終わった頃ミュージカルの話あったの。それで打ち合わせしたの。オレが作った曲でミュージカルをやるっていう話があって、打ち合わせまでしたんだけど、どうもそれが小池修一郎先生だったらしいんだよ」

徹「それは実現しなかったんですか?」

京「うん、その当時ミュージカル苦手だったから(笑)」

徹「今でもできると思いますけどね?」

京「いやダメダメダメ。もう57だから。60までカウントダウンだから(笑)」

徹「さっきやりたいなーって言ってたじゃないですか(笑)」

京「いやいや!あ!はめるねー(笑)」

徹「ホントはやりたいんだよねって言ってたじゃないですか(笑)」

京「さ、『1789~バスティーユの恋人たち~』、これボク制作発表見ましたよ」

徹「あ、やってましたね。今回Wキャストで、僕と同じロナンという役を加藤和樹くんがやるんですが、僕もほとんど初めての方なので」

京「もう稽古始まってるの?」

徹「歌稽古がちょいちょいと。大変ですけどね、でも楽しみながら今のところは」

京「4/11~帝国劇場で上演されるということですが、詳しい情報は小池徹平さんのオフィシャルホームページをご覧下さい。帝国劇場のホームページでも見れますね」

徹「見れます!」

京「そしてちょっと先ですが、6/11(土)小池徹平出演する映画が?」

徹「『さぶいぼマスク』っていう、さぶいぼっていうのは東京で鳥肌って意味なんですけど、とある謎の覆面レスラーが活躍することで町を盛り上げる、町を活性化させるというストーリーなんですけど、その主演でファンキー加藤さん。元ファンキーモンキーベイビーズの加藤さんが主役で、僕が天使というか」

京「天使??」

徹「天使キャラというか、ふわっとしててちょっと特殊な役なんですけど」

京「なんかそこに秘密がありそうだね」

徹「僕がファンキー加藤さんの横にいるという」

京「前にやった、なんだっけ?なんとか中学生」

徹「あ、ホームレス中学生」

 

なんつうアバウトなパーソナリティ(笑)

 

徹「また全然違いますね」

京「でも徹平とここ10年割とつながってきたけど、いつの間にそんな仕事してるの??って」

徹「いや、ちょいちょいと(笑)」

京「佐武と市やってるんですよーなんて話から、この間品川で会った時も、時代劇やってるんですよーなんていうから、佐武と市まだやってるのかな??と思ったら、別の『ちかえもん』やってるんですよーなんて言うから。ついにオレのほう入ってきたな入ってきたなと思ってたら、ミュージカルのほうに行き、でもこうやって映画も公開され、ドラマもあり、ミュージカルもはじまりーの、さ、どこを目指してるんですか?」

徹「や、でももうできることをやりたいし、自分自身ももう少し、ちかえもんとかも純粋な悪い役なんだけど嫌なやつというかまっすぐなバカというか」

京「あえて小池徹平さんにやってもらいたかったって?」

徹「そうなんですよ、藤本さんがすごくいい脚本を書いてくださって、自分の新たな新境地というか、役をくださる機会が、演出家さんとか脚本家さんで広がっていくといいなと思ってますね」

京「でもホント共演したいよね!」

徹「そうですね!藤本さん、、、書いてくれないですかね。。。?」

京「ボケツッコミ?(笑)」

徹「親子の役かなんかでいけるんじゃないですかね?」

京「親子の役?(笑)オレがお父ちゃんの役?」

徹「そりゃそうでしょう!何言ってんですか!ホントにバカでしょ。ぶっ飛んでますよ(笑)」

 

京本政樹にバカって言えるのあなたと鶴瓶師匠くらいですよ(爆)

しかし藤本さん、本当に書いてくれないかな!また藤本先生作品で意外な役を演じる京本政樹を見たいし、藤本さんつながりで徹平ちゃんとの初共演だったら嬉しいし。今一番好きな脚本家さん、藤本有紀さんだから、普通に実現してほしいなあ。

 

京「徹平はトークも弾んでるからいいね(笑)これからはそっちのほうにもね」

徹「いえいえ(笑)」

京「これからは芸能界はオールマイティでしょう!」

徹「まあね、器用な方多いですから♪」

京「でも今一番好きなことって何?」

徹「とりあえず役者ですね。でも音楽をやめたわけじゃないし、自分の好きなことを追求したいなっていう感じです」

京「そのミュージカルを終えた後の徹平、楽しみだなあ。すんごい変わってると思う!」

 

やっぱ大我くん、エリザベートの後、すんごい変わったのかなあ。

 

徹「ミュージカル、結構徐々に経験させていただいて、ミュージカル大好きになって、いろいろ勉強させていただくことがあって、舞台自体、まだまだ勉強したいって思えるんでありがたいです」

京「でも帝劇っていうあんな大きな舞台でやってきたから、また舞台の話来るだろうしね」

徹「そうなるように頑張りたいです」

京「30でしょ?オレも自分が30の時のこと思い出すね。人間って面白いもんだね、自分が30の時から今までのことをね、、、、、、全部忘れちゃったけど(笑)

徹「忘れたんかい(笑)」

京「さ、ゆくゆくはドラマ映画で是非共演しようね♪」

徹「はい是非!」

京「徹平には2週続けてきていただきまして、ありがとうございました!そろそろお別れの時間でございます」

徹「ありがとうございました!早いですね!」

京「来週はですね、私の大親友と言っては失礼なんですが、大先輩で、モノマネのレパートリーに入ってると言ったら失礼ですが、、、大好きな人です。野口五郎さん!」

徹「楽しみですね!」

京「こうやって来てくれるの嬉しいね!さ、最後は徹平の曲1曲かけたくない?オレの曲じゃなくて」

徹「え、いいんですか??じゃあ、京本さんとはWaTでもつながりがあるということで、"はじまりの時"」

京「じゃあ、はじまりの時を聴いてお別れしたいと思います。徹平とはね、親戚筋ということもあって、これからも一生付き合っていくんだと思いますが、私のお通夜には来ていただきたいと思います(笑)」

徹「いや行きますよ!なんでそんな寂しいこと言うんですか(笑)」

京「いや行きますよ!って言ってから(笑)お相手はあなたの京本政樹と」

徹「小池徹平でしたー!」

京・徹「「さようならー」」

 

徹平ちゃん、かっこいいだけじゃなくてトークもキレるからいいよね。おじちゃんに容赦なくツッコミを入れるからめっちゃ面白かったです。

マサキも本当はこういう容赦ないツッコミを一番期待してるからよかったね(笑)徹平ちゃんもですが、ここに来てないけどウエンツくんも、それぞれ頑張ってほしいですね!小池徹平さん、2週に渡り楽しいトークをありがとうございました☆

藤本先生、二人の共演作書いてくださーい!